子供の寝相が悪いので眠れない時どうする?対策は何?

子供の寝相が悪いので眠れない時どうする?

子供はある程度大きくなってからもそうですが、幼稚園・保育園に通う年齢となるともう寝相が悪くてしかたありません。子供の寝相が悪くて大変だった、いや、今まさに大変だ、など様々な事情があるのではないでしょうか?

子供の寝相がひどいと感じるのは、暖かくなってきてからではないでしょうか?恐らくあなたの家庭でも冬の時期やある程度寒い時期は寝相は落ち着いていると思います。もし違ったらごめんなさい。

子供は基本的に体温が高いので添い寝している場合は暑いから布団を蹴っ飛ばすのでしょう。冬は寒いので蹴っ飛ばすことなく普通に寝ている印象です。春からはまさに子供の寝相の悪さで眠れないという状態が来ていることでしょう。

子供に布団がかかっていないだとか、添い寝している子供があなたを蹴っ飛ばすだとか、もう信じられないくらいでしょう。何度蹴っ飛ばされたことか。寝ている最中に顔を蹴っ飛ばされると眠気も吹っ飛びます。

そんな寝相の悪い子供で眠れないあなたに対策法をまとめてみました。




子供の寝相の悪さを防ぐ対策法

子供の寝相の悪さを防ぐ方法を書いていきます。これは、どちらかというと子供からの攻撃を防ぐ手段という位置づけの対策になります。

先程も書きましたように冬は子供の寝相が落ち着きます。

子供の体温は思ったより高く、子供自身は暑いことから布団を蹴ったり、暑さをやわらげるために動き回ります。そのため、あなたが感じている温度よりも低くなるようにすうるか湿度を減らすことで体感温度を下げるという方法が効果的になると思います。

■扇風機・冷房の活用

扇風機で風を循環させることで体感温度を下げることができるはずです。自分は寒いからと言って子供にずっと向け続けるのは健康に悪いのでやめましょう。

■クッションなどを置く

子供と添い寝してるのであれば、間にクッションなど衝撃を防ぐものをおきましょう。そうすることで子供からの意図しない攻撃から身を守ることができます。被害は最小限にすることができるでしょう。特に顔への攻撃はダメージが大きいので効果的です。

子供の寝相が悪くならないための子供への対策

繰り返しになりますが、子供はあなたより厚く感じています。

通気性のよいパジャマなどを着せて上げることでかなり動きがかわってくると思います。また、寝冷えが気になる時期であればスリーパーを活用することで寝冷え対策をすることができます。

スリーパーであれば布団を蹴っ飛ばし、寝冷えになる心配もなくなりますね。

あなたの環境にあった対策を考えていきましょう。




子供の寝相が悪いので眠れない時の対策まとめ

子供というのは、寝相が悪いものだというように思っていてもさすがに自分が眠っているときに顔を蹴られるなど向きからしておかしいだろ、という攻撃をしてきます。

痛いのですが、自分の子供が無意識でやったものですから怒るに怒れない。でも、起きてしまって眠れないし、ずっと続くのは勘弁してほしいと思うのが普通の感覚ではないでしょうか?

対策法としては、あなた自身が子供から攻撃されるのを防ぐためにクッションなどを置くという方法で身を守るということがひとつあります。また環境面での対策として温度や湿度が高くなりすぎないように注意しましょう。

子供が布団を蹴っ飛ばす時期で寝冷えや風邪をひくリスクのある時は、スリーパーなどでカラダの温度を保てるようにしましょう。といっても通気性のあるタイプでないと音頭を逃がす部分がないので、注意しましょうね。

夜安心して眠れる日は子供が大きくなると同時に懐かしいと感じる時期が来るはずです。