• 投稿 2017/08/19
  • 子育て
遺伝子検査を使って子供の才能を伸ばすのは親の役目です!

遺伝子検査を使って子供の才能を伸ばすのは親の役目

遺伝子検査といえば一昔前は考えられなかった技術ですね。あなたや私が子供だった頃にこんなことができるのは、ドラえもんの世界だけだったことでしょう。

現在では、遺伝子検査が一般人にまで利用可能になっており、子供を育てるにあたって、どんな分野に適性を持っているかを知ることができるようになってきたということです。

一般的になってきたということがポイントであり、当然昔には技術はあったものの、安価に提供できるものでなく、ごく一部のお金持ちの間では行われてきたのではないかと想像してしまいそうですね。

夢のような遺伝子検査であなたの子供の遺伝子を調べて、得意な分野にだけ効率的に伸ばしてあげられることができる世の中になってきました。

例えば、野球選手にしようとしたとして運動能力の適性よりも芸術などの方が適性があると判定された場合には、ある意味ショックな面もあるかもしれませんが、そうは言っても子供に得意なことをやってほしいと思うのが親心ではないでしょうか?

病気や障害を持った可能性があるかどうかについて事前に検査するというイメージを持っている方も多いと思いますが前向きな利用をできることに可能性を感じたのではないでしょうか?

わたし
わたし
検査の結果で何がわかるの?
友人
友人
学習、身体、感性などの項目が分かるみたい
わたし
わたし
子供の適性が分かるとお互い幸せかもね

赤ちゃんの時期が終わり、3歳、4歳といった時期になってくるといろんな周りの子と比べていろんな特徴が見えてきますね。

落ち着いている子や落ち着きのない子もいれば積極的な子、消極的な子など幼稚園・保育園に行く時期になればおのずと違いが見えてきますね

そんな時期に気になってくるのが、「うちの子供どんな子なんだろう?」

そんな風に感じるものですよね。

そんな子供の特徴を知ることができる遺伝子検査が身近なものとなりましたのでご紹介します。




遺伝子検査とはどんなものなの?

遺伝子検査というとそんな事してるの一部でしょ、と思うかもしれません。

実は100億円規模の市場になっているのです。

少子化の影響もあり、一人あたりにかける費用が増えている中で遺伝子検査もひっそりと行われています。

それはそうですよね。

普段の会話で「うちの子の遺伝子検査なんだけど」なんて会話が出るはずがありません。

センシティブ情報ですし、ばれたくない情報です。

わたし
わたし
私もこっそりするかな
友人
友人
そりゃ言わないよね

近年の医学の進歩によって人間の遺伝子(生命の設計図)の全体像が明らかになってきました。

体質、顔やかたち・性格が人それぞれに違うのは環境要因に加え遺伝子の影響もあると考えられています。

その中でも、各能力に深く関与していることが多数の研究や論文で発表されているものを調べることで子どもの能力の一部を解き明かし、子育てのツールの1つとなる情報を知ることができるのが遺伝子検査です。

■遺伝子検査でわかる項目
①学習能力 
記憶力、判断力、知性

②身体能力
耐久力、速度、持久力

③感性
ストレス耐性、リスク管理、注意力

上記のような項目がわかります。

わたし
わたし
記憶力なんか気になるね
友人
友人
ストレス耐性も気になる
わたし
わたし
検査受けるのって何歳くらいが多いんだろう?

子供の遺伝子検査を受ける年齢が多いのは?

子供の遺伝子検査を受けようと思ったのは5歳以下が中心で約半数を占めるようです。

中でも3歳、4歳が多いようです。

その他は小学生低学年で40%、高校生で10%というのがだいたいの目安です。

やはり記憶力の項目が気にある両親が多いことからどうしても受験を意識せざるを得ないですね。

・習い事は何をさせたら良いのか
・どんな才能がお子さんにあるのか
・どのように子供と接していけば良いのか

子育てをする中でどうしても不安になる事が多いので、特徴を知っておこうとするのは無理もありません。

わたし
わたし
でも遺伝子検査って何か不安だよね
友人
友人
情報管理とかどうなの?

遺伝子検査の情報管理はどうなの?

遺伝子検査と聞くと一般的でないので不安はつきものですよね。

多いのは、遺伝子検査を行うのが外国(中国が中心)です。

日本で検査を実施するほうが安心と思う両親も多いですよね。

日本での遺伝子検査を行っている機関だとこちらが有名です。

子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

日本での情報管理なので安心ですね。

遺伝子検査の結果はどう活用すればよいの?

検査結果は「暗記が得意タイプ」「ヒラメキが得意タイプ」といったような解釈を提示します。

「このタイプにはこのような傾向があるので、このような接し方がありますよ」といったドクターからのコメントが掲載されます。

客観的に出た結果に対して、その結果を参考にどのように努力させてあげれば子どもが夢中になって努力し1番伸びやすくなるのかを考え、子どもを導いてあげる事が子どもの幸せな成長に繋がります。

また、モチベーションの維持にも大いに役立ちます。

なんでもそうですが成績というのは常に浮き沈みがあります。

競争相手の母集団が大きくなれば、それだけ順位も落ちます。そういう時に、自分にあった戦術を取っているんだという自信は努力をするモチベーションの維持において最も重要なものとなります。

この効用を、学習期間を通して得ることができるわけです。

仮に教育費として中高生のあいだに毎月1万円使っていたとして6年間で72万円です。

夏期講習などは時に10万円を越えたりしますから、実際はその2~3倍以上のお金を投資するはずです。

検査結果を通じて得られる効果はとても長いものとなりますね。

遺伝子検査って簡単なの?痛くないの?

実際に気になるのは遺伝子検査をすると子供が痛がったり、難しかったりするのが気になりますね。

簡単にできますし、痛がらないので子供でも問題ないですね。

■遺伝子検査に関するネット上の声

一部抜粋ですが、いろんな声がありますね。




子供への遺伝子検査まとめ

子供への遺伝子検査ですが、テレビで取り上げられるような市場規模になってきました。

隣の過程でひっそりと行われているかもしれない遺伝子検査に興味がわいてみませんでしたか?

子供の特徴を知った上で得意分野や成長させてくる子に勝てない時代がきてしまうのでしょうね。

一般的になる前に検査を有効に活用するのは子育ての中での投資のひとつといえるでしょう。

周りが実施していなからこそこっそり検査することが優位性につながってくるのかもしれません。

日本での検査で安心を得るなら
子どもの能力遺伝子検査【ジェネティスト】

子育ての中でも気になるのは学習効果や運動能力などですね。

運動で才能がなくても努力で勝ち取ることができるのが学習分野です。

学習でも効果的な方法を知ることができればかなり有効な手段となりそうですね。

こんな時代がくるとは思いもしませんでした。

遺伝子検査をこっそり行い、あなたの子供の可能性を調べてみませんか?