シュトーレンはカルディがおいしいと評判!クリスマスの定番に!

クリスマス

シュトーレンはカルディがおいしいと評判!クリスマスの定番に!

クリスマス限定のシュトレーンがカルディから販売されていて、とてもおいしいと評判になっています。

パン屋でも見かけることが多くなったシュトレーンですが、見かけは固そうに見えますね。クリスマスに食べるという習慣はいつから定着したのかはわかりませんが、とてもおいしい食べ物なのでよいことですね。

カルディではクリスマス限定のシュトレーンを販売し、おいしいと評判がよいので、クリスマスには試してみたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

でも、どんな味があるのかだったり、日持ちやカロリーといったことも気になりますよね。

では、クリスマスに必須となってきたシュトレーンの中でもカルディに限定してまとめていきますね。




シュトレーンとはどんな食べ物なの?

シュトレーンはドイツ語で「坑道」の意味だそうです。

トンネルのような形をしていることからシュトレーンという名前が付いたようです。
生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされていることが特徴です。

ドイツでは、クリスマスを待つ4週間のアドヴェントの間、少しずつスライスして食べる習慣があります
フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくので「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」といわれています。

西フランスのアルザス地方でも食べられ、地方の代表的な菓子となっています。

日本ではじめて製造・販売したのは福岡の千鳥饅頭総本舗ということです。元々はドイツのお菓子なんですね。

シュトレーンの日持ちや賞味期限は?

シュトレーンはクリスマスまでの4週間に分けて少しずつ食べることから長い期間食べることのできるものです。

普通のパンに比べてシュトレーンは水分が少ないため、カビが生えにくくなっています。また、洋酒に漬けたドライフルールやナッツを生地に練り込んでいることでカビや雑菌の繁殖を抑えていることが長く食べることのできる理由です。

シュトーレンの賞味期限は2か月くらいを目途と考えておけばよいですが、そんなに長い期間をかけて食べる人もいないと思いますので、参考情報くらいとしておきましょう。

では、カルディのシュトレーンがおいしいと評判ですが、2018年はどんなおいしいシュトレーンを販売してくるのでしょうか?

カルディのクリスマス限定シュトレーン(2017年)がおいしい

2017年のカルディのシュトレーンを投稿したツイッターの画像です。

2017年は3種類のシュトレーンが販売されていました。

•オーベル ミニラムシュトーレン 200g【2017クリスマス】538円
•オーベル マジパンシュトーレン 500g【2017クリスマス】918円
•オーベル ミニアップルシュトーレン 200g【2017クリスマス】538円

レーズンがたくさん入っていて美味しく、洋酒はきつめではないので食べやすいというのが全体的に甘めです。

甘すぎるのが苦手な方はおいしいと感じないかもしれませんが、一般的にはおいしいと思う人が多いシュトレーンだと思います。

甘さがあるので、どうしても一般的なパンに比べてカロリーは高く、100gあたり350から500キロカロリーとなっています。カロリーが気になる人はその点は注意した方がよいでしょう。

ただ、クリスマスという限定のイベントなのでそこまで気にする必要はないのではないかと思います。




カルディのクリスマス限定シュトレーンの評判まとめ

カルディに限定してシュトレーンをまとめましたが、一般的にクリスマスにシュトレーンを買うというのは、こんな投稿からもわかります。

こちらは切ったときのシュトレーンの画像もあり、おいしそうですね。

カルディのシュトレーンは普通のパンと比較したら高いですが、シュトレーンとしてみたら決して高くなく、重さもあるしっかりとしたものとなっています

人によっては独特のにおいや甘さが気になる人もいるかもしれません。

子供も好き嫌いない子供であれば食べるかもしれませんが、普段食べない少し変わった食べ物であることを考えると小さいもので十分なのかもしれません。

大人であれば問題なくおいしく食べることができるのではないでしょうか?

2018年も楽しみなカルディのシュトレーンですね。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。