私立中学と公立中学の違い!費用と学力で考えてみる

中学受験

私立中学と公立中学の違い!費用と学力で考えてみる

私立中学と公立中学という問題が気になるのは、あなたの子供が小学3年生を迎えた時ではないでしょうか?周りの子供が受験をするとかしないとか言う話題がでたりするころでもあります。私立中学を受験するということになれば、小学4年生から塾に通い、勉強するというのが普通ですから、その前の小学3年生になるとどうしても気になってくる話題です。

子育ての中でも受験をどう考えるのかというのは比重の高い問題といえます。私立中学にいかないと子供がダメになってしまうと考える人や公立で十分と考える人などいろんなタイプの人がいるのが普通です。

関東、関西では中学受験をする子供が多いという現実があり、あなたも私立と公立でどう違うんだろうと気になってることは間違いないはずです。

みんなが中学受験をするから自分も考えるというのでは少し安易な気がしますが、あせって考えるよりはゆとりをもって考えて、結論を出すのも悪くはないですね。

では、実際に私立中学と公立中学のどちらを選ぶかについて迷うであろう両者の違いについて考えていきましょう




私立中学の受験を考えるときはどんなとき?

子供が小学校に行く前から私立の小学校に通わせることを決めたかたは問題ないでしょう。

そういった意識の高い方ではなく、周りが受験を考えているみたいだ、とかそういう話が聞こえるようになってきます。

意識の高い親が子供に私立受験について話をし、それを子供が聞いてきたときに興味を持つケースがありますね。

私立中学に行けば勉強も安心だ、という考えがあったり、公立中学校は荒れているイメージがあり、子供を通わせるのが不安であるということも私立中学を考えることになるきっかけでしょうか

いずれにしてもふとしたことがきっかけで私立と公立の違いについて意識する時が来るものです。

実際に私立中学受験を考えた時に公立中学と何が違うの?

なんだか私立中学にいけばすべてが安心といったような考えになってしまいそうですが、何が公立中学と違うのでしょうか?

違いについて考えていきましょう

距離、通学時間
・公立中学は、自宅から近い
・私立中学は、通常は自宅から離れている、電車通学

通学の体力がかかる、当然通学費用もかかります。

経済的、子供の体力面で負担が増えますね。

費用
私立中学は当然公立中学と違って費用は高いですよね。

では、どの程度高いのでしょうか?

私立は授業料、施設の費用などがかかります。公立でもかかりますが、制服など関連費用も公立より高かったりします。

授業料等は確実に私立中学がかかります。数万円単位で月額で変わってきます。

この授業料の違いについてですが、よくありがちなのが、公立でも塾の費用がかかるので私立の高い分はあまり差がないという考え方があります。

私立中学にいっても普通に塾に通っていたりします。

塾が不要の学校に通わせないと費用面ではダブルにかかります。

また、学校の費用以外に交際費がかかります。

周りは裕福な子供が多いため、レベルをあわせると確実に見込んでいなかった費用がかかってくることでしょう。

公立中学と私立中学での最大の違いは学力?

学力面で私立中学と公立中学での違いは私立は入学試験を通じてある程度のレベルの子供が集まっていることです。

公立のようにまわりの生徒にあわせたゆっくりとした授業ではなく、レベルにあった先取り授業が行われます

公立に行っても学校の授業レベルだけでなく自主的に進めていけるようであれば私立でなければならない理由はありません。

高校2年生までに高校の範囲を終わらせるところが多いので間違いなく私立が有利になるはずです。

ただし、深海魚と言われる入学後の落ちこぼれになるとまったく違う人生が待っています

同一のレベルの集団が集まりますが、そこで順序は決まります。

今までトップクラスだった子供もビリになる子供が出てくるのです。そこに注意しましょう。

絶望感を味わってしまっては意味がありません。

そして入試という意味では公立中学、公立高校からも大学に合格していいます。

親の考え方次第と経済力によるところが大きいでしょうね




私立中学と公立中学の違いまとめ

私立中学と公立中学の違いは学力と費用に集約されるような気がします。

経済面が気にならず、中学受験に耐えられるということであれば私立中学を経験するのもよいと思います。

そうではなければ公立中学でも大学入試に受かる現実を考えればどちらでもよいでしょう。

私は、公立中学、公立高校と進んできた人間ですが、大学にいった際に私立中学、私立高校出身の人はうらやましいと思ったことはあり
ましたね。

経済的に問題ないのであれば私立受験を経験することの意味はあると思いますよ。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。