日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?

日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?

日経新聞(日本経済新聞)は社会人になった際に購読を薦められる新聞の一つだと思います。そんな日経新聞ですが、毎日配達してもらう方法もありますが、通勤の途中でコンビニで購入して読むという選択肢もありますよね。

日経新聞はコンビニでも売っているかどうかといえば、東京など都心部ではコンビニでも扱っていることが多いことだと思います。ただし、地方に行くとそもそも日経新聞ではなく、地方新聞紙が主要に扱っており、せいぜい朝日新聞などメジャーどころがおいてあるというところもあったりしますね。

コンビニで日経新聞を買って読むという選択肢がありますが、そもそも日経新聞がコンビニで売っていない場合や売っていたとしても無料で読める方法があるのであればそちらの方が良くないですか?

自分自身のコストの見直しとして日経新聞を無料で見る方法をあわせてお知らせします。




日経新聞を無料で読む方法

日経新聞がコンビニで売っていない場合は少し遠くのコンビニなどで日経を扱っているコンビニなどを探すか定期購読するかの方法しかないように思えますね。

しかし、日経新聞は無料で読む方法があります。無料で読む方法を以下に紹介しますね。

日経新聞が無料で読めるのは日経テレコンというサービス

日経新聞が無料で読めるサービスの正体は、日経テレコンというサービスの中に日経新聞を読むことのできるサービスがあるからです。

日経テレコンは通常月額8,000円かかります。

日経テレコンのサービスを利用したら日経新聞を購読するよりも高いと感じたと思います。しかし、証券会社の口座を開設することで日経テレコンを無料で利用できるのです。

日経テレコンを無料で使えるということで日経新聞が無料で見ることができるということになります。

日経テレコンが無料で使える証券会社を紹介します。

日経テレコンが無料で使える証券会社

・楽天証券
・丸三証券
・大和証券

現在3つの証券会社の口座を持っている人は日経テレコンを無料で使用することができます。

いずれの証券会社日経テレコンを無料で活用することができます。また証券会社の口座開設料金も無料です。月額を支払う日経テレコンと異なるのは、閲覧期間が過去3日分ということのみです。

新聞は買った日にしか見ないということであれば閲覧期間はあまり気になりませんよね。

日経新聞を無料で読むための口座開設でおすすめの証券会社は?

おすすめの証券会社は、丸三証券です。

なぜおすすめかといえば、他の2社では以下の制限があるためです。

楽天証券では、パソコンでの閲覧では入金金額などの諸条件が発生します。一方スマホでは、スマホアプリiSPEEDがあれば無料で使えます。

また、大和証券はダイワの「eメンバー」サービスに加入しないと口座管理費用がかかります(サービスに加入すれば無料です)。加入忘れのリスクがありますね。

こういったうっかりというリスクを避けることができるのが、丸三証券だからということです。

楽天証券もスマホ利用ということであれば無料なのでどちらかであなた自身の環境に合わせてご利用ください。




日経新聞がコンビニで売っていない場合に無料で読む方法まとめ

日経新聞がコンビニで買えない場合は特にネットで見ることのできる日経テレコンは重宝しますね。紙で見ることになれている人でも日経電子版とは違いますが、世の中はネットでの閲覧に変わっていっています。

証券会社の口座開設といっても無料で開設できます。地方に配属になった社会人には朗報ではないでしょうか?

コンビニで売っていないことで日経新聞がタダで読むことができる方法に気が付くことができたのです。便利な時代になったものだと感じますね。