足利フラワーパークの藤はいつが満開で見頃?混雑状況と注意点

レジャー

足利フラワーパークの藤はいつが満開で見頃?混雑状況と注意点

多くの花が咲くことで有名な「あしかがフラワーパーク」は藤の花が特に有名です。うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤などの藤の花を楽しむことができます。特に樹齢150年、1000平方mの藤棚をもつ大藤は、圧倒的な美しさで見る人を魅了します。

大藤以外にも80mにおよぶ白藤やきばな藤のトンネルも魅力的で、夜にはライトアップされた幻想的な藤も見ることができるお出かけスポットです。

藤の花を楽しむのならば、「あしかがフラワーパーク」抜きには語ることはできないでしょう。

そんな「あしかがフラワーパーク」で藤の花を楽しむために見頃はいつからいつまでなのかや、満開はいつなのか?などの情報と混雑情報をまとめていきたいと思います。

あしかがフラワーパークへ訪れて、ぜひ藤の花を楽しんでくださいね。




あしかがフラワーパークの藤の見頃はいつからいつまで?

あしかがフラワーパークの藤の花の見頃の時期は4月中旬から5月中旬の約1か月となっています。開花する順番もあり、「うす紅・紫・白・黄色」の順番に開花していきます。あなたの見たい色があるのであれば訪問する時期をあわせることもできそうですね。

あしかがフラワーパークの藤の花が満開で見頃な時期は?

あしかがフラワーパークの藤の花の色別の見頃についてまとめていきますね。

藤の花の色 見頃な時期
うす紅藤 4月中旬から4月下旬
大藤 4月下旬から5月上旬
白藤 5月上旬
きばな藤 5月上旬から中旬

それぞれの特徴ですが、うす紅藤はさくら色の愛らしいまばゆい藤です。大藤は栃木県指定天然記念物に指定されていて、広さ1,000㎡の大藤棚がとても見物客を魅了するものとなっています。こちらは見ておきたい藤の花のひとつですね。

白藤も栃木県指定天然記念物で長さ80mの白藤のトンネルを形成しています。大藤と白藤はともに5月上旬に見ることができます。GWと重なることもあり、混雑はこの時期がどうしてもピークになるそうですね。

きばな藤は長さ80mのきばな藤のトンネルで上2つの大藤と白藤同様に5月上旬が見頃となっています。この時期は藤だけでなく、つつじもきれいに咲いており、まさにGWのために咲き誇る花といえるような絶妙な時期に咲き誇ります。

あしかがフラワーパークの混雑状況は?

あしかがフラワーパークの藤の見頃の大藤が咲く5月上旬はとにかく混雑します。

ゴールデンウィーク期間中はあしかがフラワーパークの周辺道路だけでなく、駐車場も大渋滞となります。ゴールデンウィーク期間中は平日でも同様な混雑具合になりますので注意しましょう。

朝の8時頃でも周辺道路は渋滞するほどの混雑ぶりです。駐車場は臨時なものもありますが、あしかがフラワーパークには10分程度歩くことになるのでそれも覚悟しておく方がよさそうです。

注意点は、臨時駐車場を含めて6,000台を駐車することができますが、とても混雑します。高速道路であしかがフラワーパークに向かう際の注意点は、佐野プレミアムアウトレットでも渋滞が見られるということです。

東京方面からあしかがフラワーパークに向かう場合は、「館林」から一般道で進むことをおすすめします。このあたりは道路状況によっても変わるので一概に言いきれませんが、あなたが当日向かう日程を踏まえて考えてみましょう。選択肢は多く持っていた方が判断する時に困りません。

あしかがフラワーパーク周辺の渋滞・交通規制

ゴールデンウィーク期間中は、8時から17時まで交通規制となっています。

県道67号よりの進入は禁止されています。そのことであしかがフラワーパークの南側の県道128号線からの進入をすることになるためさらに大渋滞となります。(下の地図参照)

とはいっても交通規制をしないともっと混雑するでしょうからやむを得ないことです。事前に知っておくのとそうでないかでは心構えがまったくちがってきますね。

あしかがフラワーパークで藤の花を楽しむ時の注意点


あしかがフラワーパークでの藤の花を楽しむことを楽しみにしているあなたに混雑状況以外の注意点を書いておきます。

それは、あしかがフラワーパークには、当然、「蜂」がいることです

「蜂」が花に群がるのはやむを得ません。こればっかりは避けるわけにはいきません。

特に小さい子供連れの人で気になる人はいませんか?虫が大嫌いで目にするだけでも騒いでしまう、なんて家は行くのを考えた方がよいかもしれません。あまりいないとは思いますが、そういう家庭もあります。

あしかがフラワーパークの藤の花の祭り時期やライトアップ情報

ふじのはな物語~大藤まつり2018~についてまとめていきます。

■開催期間:2018年4月18日(水)~5月20日(日)

■営業時間:7:00~18:00(ライトアップ時は21:00まで)

■入 園 料

項目 料金
大人 900円~1,800円
小人 500円~900円

■ライトアップ期間:4月21日(土)~5月13日(日)

項目 料金(夜)
大人 600円~1,500円
小人 300円~800円

※入園料・ライトアップの期間は開花状況によって変動します。

あしかがフラワーパーク訪問時の裏技

ここまで記事を読んでくれた人に裏技を書いておきます。

ゴールデンウィーク期間中はあしかがフラワーパークはとても混雑します。営業開始が7時と早いのですが、それに合わせるかの如く、当然混雑しています。あまりに混雑するので、営業時間を早めることがあるそうです。実際に6時30分から開始されるという情報も現地の知り合いから聞いています。必ずというわけではありませんが、7時につくつもりでいるのであれば少し早めで6時30分に行くとことも考えてもよいかもしれません。




あしかがフラワーパークの藤の花の見頃と混雑状況まとめ

あしかがフラワーパークの藤の花はとにかくキレイであることとゴールデンウィークの時期に見頃となることからとても人気の高いスポットといえます。

営業時間も7時からと早いですが、それでも渋滞となるほどの人気です。ライトアップ目当てと朝からいる人達の入れ替わりが15時ごろにあるということで一時的にその時間帯が入りやすいといわれた時期もありましたが、今ではだいぶ緩和されており、あまり15時という時間帯に期待はできないようです。

やはり早めにあしかがフラワーパークに行くことがおすすです。特に現地情報である営業時間前の入場を目指すのであればもう少し早起きしましょう。

チケット購入も時間がかかりますのでコンビニで前売り券を買うというのも入場をスムーズにするための手として有効でしょう。

藤の花が好きという人でもそうでない人でもきれいに咲き誇る藤の花を見ることで心が癒されること間違いありません。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。