グリコ工場見学の料金は0円!グリコピア埼玉北本に行ってみた

レジャー

グリコ工場見学の料金は0円!グリコピア埼玉北本に行ってみた

グリコの工場見学に行ってきました。グリコの工場見学には、埼玉県北本と千葉県野田市の2つありますが、今回は、埼玉北本市のグリコピア・イーストに行ってきましたので感想をまとめたいと思います。

他にも神戸にもあるようですよ。

工場見学はレジャーといえるのかな?と思う気持ちがあるでしょうか?料金は0円と無料となっています。節約レジャーといえばよいのでしょうか?

工場見学といっても親になったあなたが子供だった時の社会科見学とは全く違います。かなり楽しむことができますよ。

レジャーといってもお金をかけなくても楽しめるものもありますよ。

では、グリコピア・イースト(埼玉北本)に行ってきた感想をまとめますね。




グリコピア・イーストの工場見学ってどうやったらいけるの?

グリコピア・イーストの工場見学は完全予約制です。

2名から14名で参加する場合は、インターネットでの申し込みとなります。※0歳児の乳幼児も人数に含めます

予約受付開始は、第1営業日の午前予定です。例えば、2018年12月の予約は2018年9月3日9:00から申し込みが可能となります。

土日に訪問するとなると予約を取るのはかなり難しいです。

無料レジャーとなっているグリコ工場見学はそれだけ難しいのでしょう。

ただ、裏技なのかどうかは別として旅行会社のツアーに組まれているものを利用すると予約の苦労から解放されるようです。

私の後に団体が入っていきました。3か月も待っていられないし、待ってもとれる分からないのはいやだ、という人におすすめできるかもしれません。

ちなみに車で行っても駐車場はあるので安心してくださいね。

では、実際に行ってきた内容を書いていきますね。

グリコピア・イースト(埼玉北本)の工場見学内容

私は車でグリコピア・イーストに行きました。車で入場すると入り口で予約チェックが入ります。


入口に左手に見える看板?の画像です。

無事予約チェックが終わると駐車場で待機。

開始時間の10分前に受付に集まることから開始します。

入口はこんな感じです。

受付が終わるとグループ分けが行われます。

ポッキー・ビスコ・プリッツなど4つのグループでした。

もう一個の名前忘れました。

グループごとの行動となります。エレベータに乗れる定員が影響しているのでしょうか?

創業者の江崎利一の話やチョコレートの作り方などを見ていきます。

創業者の江崎氏は薬問屋の息子であることを初めてしりました。

また、社名はグリコーゲンからとったものであることも知りました。

見学に入る前にジャイアントポッキー作りの予約受付が始まります。

小学3年生以上を優先受付するようです。

その後、見学が始まっていきます。

グリコの自動販売機とおもちゃなどの紹介

グリコがかつて自動販売機で販売されて
いたことものを見せてくれます。

実際に10銭を入れて、動かしてくれました(ここでは参加者がお金を入れることができます)。

グループで一人なので出来た方はラッキー

案内してくれるお姉さんが10銭を近くまで見せてくれましたね。

グリコといえば、おもちゃをイメージするひとも多いでしょう。

昔から現在までのおもちゃが展示されていました。小さくて見えませんが、現場では見切れないほどのおもちゃが並んでいますよ。

また、ポッキーの箱の歴史が並べられていましたよ。

ここでの自由時間約5分が終了するといよいよ工場見学に移ります。

グリコピア・イーストの工場見学でポッキーとプリッツを作る工程が見れる

3Fでポッキーを作る過程を見ることができます。

工場からは写真撮影が禁止されましたので文字のみで書いていきます。

3Fのポッキー製造工程は箱詰めから遡っていく形式です。

約半分は企業秘密のため、見ることができません。赤い道となっており、残念なら箱詰めされるところやある程度ポッキーの形になっている
ところのみの見学となります。

でも、十分これだけでも面白いです。プリッツは6Fで作られています。

プリッツは大半がオーブンで焼いているので真ん中の焼いている過程は見ることができません。

300℃で焼かれたプリッツはだんだん温度が下がっていくということを豆知識で得ました。

これが終わると今度はクイズ大会になります。

グリコピア・イーストのクイズ大会

ここまで工場見学を進めてきた後はクイズ大会があります。

3択出だされる問題をボタンを押して答えていくという形式です。

早さと正解数で順位を決めていきます。

一番だった人にはおみやげがもらえます。残念ながら獲得できませんでした。

クイズ終了後は、ポッキー作りに申し込んだ人は作るほうに行き、そうでない人は解散となります。

最後におみやげをもらうことができました。

グリコピア・イーストのおみやげ

見学が終わるとグリコピア・イーストのマスコットピアーナちゃんがかかれた袋をもらえます。

袋の中身はおみやげです。

中身のプリッツは、グルコピア・イーストのマスコットのピアーナちゃんの絵が入ったものです。

これはうれしい。

ここでしか手に入らない限定感満載です。

このほか、ポッキー風船が入っています。

最後にショップにアンケートを渡すと粗品をもらうことができますよ。

■グリコピア・イースト参加者の声

■グリコピア・イーストのアクセスなどまとめ
•住所:〒364-0013 埼玉県北本市中丸9丁目55番地
•TEL :048-593-8811
•受付時間 :9:30〜16:30(休館日:毎週金曜日・お盆休み・年末年始)
•案内時間: 9時半 ・ 11時 ・ 12時半 ・ 14時の計4回
•所要時間: 約70分(別途、有料コーナーの所要時間は約30分)
•入館料: 無料
•駐車場: 大型バス5台、乗用車40台
•休館日: 毎週金曜日/お盆休み/年末年始
•公式HP:グリコピアHP




グリコ工場見学(グリコピア・イースト)のまとめ

無料で楽しむことができる施設として紹介したグリコピア・イーストですが、面白い施設なのでとても人気の高い施設(工場)です。

予約を取るのがかなり大変だと思います。

平日でも空いてはいるものの、子供と行くことを考えれば土日になってしまいますよね。

社会科見学以来行っていない大人でも楽しめると思います。

おみやげももらえて、クイズもできて子供も楽しめてと考えるとかなりおすすめな施設です。

グリコピアは千葉にも2017年7月にできたようです。

そう思っていましたが予約をしました。

千葉も行ってきたので感想はこちらを参照



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。