受験・勉強

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷ(5歳)の口コミ・評判

更新日:

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷ(5歳)の口コミ・評判

ここもちゃれんじイングリッシュじゃんぷは、5歳からが対象となっている英語教材になります。

子供が5歳になると小学生になる前に英語を勉強しておいたほうがよいのではと思う時期でもあります。

あなたの疑問

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷを始めたいと思うけど口コミや評判はどうなんだろう?本当に効果はあるのかな?失敗したくない

というあなたの疑問にお答えします。

 

この記事では、5歳になった子供の英語教育にこどもちゃれんじイングリッシュはどうなのかについて口コミ・評判をまとめていきます。

メリット・デメリットを紹介することでこどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷを受講していいかどうか迷っているあなたの判断材料になれば幸いです。

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷの口コミ・評判

こどもちゃれんじイングリッシュは顧客満足度NO1を5年連続で受賞している実績のある教材です。

 

「ちゃれんじ」という名前は私たち親世代にも親しまれている教材ですね。

多くの人に愛されてきたからこそ、いろんな人の感想を参考にできることは大きいです。具体的に感想・口コミを確認していきましょう。

最初に厳しめの口コミ・感想をまとめます。

・出てくる英単語やフレーズが少ない。2、3歳向けでももう少し量が欲しい。

・rとlの発音など、英語独自の発音を身につけるカリキュラムが乏しい。

・おもちゃが多いので、家の中のものが増えて困る。

・言い回しがシンプルなのが気になる

 

厳しめのコメントは本格的な英語を身につけさせたいと考える親と教材の質の差が主に反映しているような気がします。

もちろん、こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷを受講してよかったと感じている人はどんな感想を持っているのでしょうか?

・DVDを何回も見てくれる(しまじろうが大好き)

・NHKの「えいごであそぼ」のお姉さんが出演しているので子供の食いつきが良い。

・教材のおもちゃに夢中(英語というよりも)

・親は楽しできるほう

・申し込みから届くのが早かった。

こちらは子供が英語を楽しんでもらえればいい、ということが重要と考えている親のコメントになります。

 

よい教材であることは間違いないのですが、親の考え方によって厳しめになるようです。

その他の教材と比較してみます。

こどもちゃれんじイングリッシュとその他英語教材の比較

こどもちゃれんじイングリッシュとその他の教材を比較してみるとどうでしょうか?

こどもちゃれんじイングリッシュとよく比較されるワールドワイドキッズ(本格的な教材)について違いをまとめた記事はこちらですので参照してください。


その他比較するものとしてディズニー英語システムがあります。

高いもので90万円、安いものでも27.1万円とかなり高価な教材です。

 

こどもちゃれんじイングリッシュは、英語を比較的安い価格で楽しむことができるというのが魅力ですね。

こどもちゃれんじイングリッシュのじゃんぷのデメリット

大きく言うと以下の2点がデメリットです。


・遊びで英語に慣れるという要素が強いので本格的な英語力養成には向いていない

・英語だけでなく、DVDには日本語も混じってくるので、小さい子供には区別がついていない可能性

年長向けのレベルに至って、ようやくワールドワイドキッズのstage1レベルというのが目安です。

デメリットは本格的に英語の力をつけていきたいという人には物足りない内容と感じてしまうことがメインの内容となってきます。

では、メリットはどんなものがあるのでしょうか?

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷのメリット

メリットは大きくいうと以下の4点です。


・価格が比較的安い

・年齢にあった内容が提供される(歌などで楽しめる)
※「ぷち」「ぽけっと」「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」のレベル別

・英語に苦手意識を持たせることなく学習できる

・しまじろうが登場する

メリットは価格が安く、楽しんで英語に触れることができるということです。

高度な英語内容を身に着けようとするとどうしても無理が生じます。

しまじろうが年齢にあった英語の内容を歌などで楽しく教えてくれるので、多くの子供は楽しんで英語に慣れてくれるということが最大のメリットです。

苦手意識を持つ前に英語に親しむのは長期的な目線でかなり有効と考えられますね。

5歳ということで小学生前の英語教育として英語教育を始めてもまだ時間は十分にありますよ。

5歳は英語学習に適しているのか?

5歳になるとオウム返しの多かった3歳までの子どもに比べて、「ことばのやり取り」「ことばによる受け答え」が可能になります。

ことばのやり取りが可能になる時期とはいえ、発話能力の個人差は大きく、無理にことばを引き出すのは逆効果です。

幼児期のように英語の音にならすというよりは、言葉のやりとりも意識できるようになるのが大きな違いですね。

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷで失敗したくない!

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷのデメリット・メリットを見てきました。

友人
受講をするなら失敗したくない

そう考えるのは当然ですよね。

幼児期に英語に触れた子は得意になるんだよ
わたし
友達
幼児期に聞いた音は忘れないっていうからね

英語の土台となる聞くということがしっかりできるので、本格的な英語を身につけさせたいと焦る必要はないですよ。

本格的な英語を学んでいない自分の子でも小学校3年で英検5級を取っています。

英語を極めてほしいという願いがあるなら別ですが、普通の家庭では英語を慣らしておくレベルで十分だと思いますよ。

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷの口コミ・評判まとめ

こどもちゃれんじイングリッシュじゃんぷは5歳からの英語学習教材になります。

小学生になる前に子供に英語を習わせたいと考える親は多いものです。

子供の英語教育が大事と思う親が多いですが、どの程度教育すべきかどうかは悩むところだと思います。

こどもちゃれんじイングリッシュは本格的に英語を学ぼうと考える方にはデメリットが多いかもしれませんが、長期的に考えて、英語に苦手意識を持たせないということを観点に置くのであれば十分メリットのある教材です。

自分の子供で恐縮ですが、小学5年で英検3級に合格しています。

耳を慣らせば焦らなくても子供は英語を学習していきます。

「じゃんぷ」の対象は5歳です。

まだ時間は十分にあります。英語の耳に慣らすだけでも効果はありますよ。

本格的な英語教育もよいですが、ゆっくりとしたペースで学んでも遅くないと経験上思います。



-受験・勉強
-

Copyright© 子育ての悩みは受験まで!慶大卒カープファンのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.