佐藤ママの娘(長女)が東大医学部合格した勉強方法は?

東大

佐藤ママの娘(長女)が東大医学部合格した勉強方法は?

佐藤ママこと佐藤亮子の娘が東大理科三類(医学部)に合格したというニュースが入ったのは2017年の話です。これで受験会での知名度はさらに上がりましたね。

佐藤ママといえば、すでに3人の子供がいずれも東大医学部に入学するという奇跡の家庭といってもよいでしょう。子供3人がすべて東大でもすごいですし、1人でも東大に入ればすごいというのが普通の感覚でしょう。

さらに2017年には娘までもが東大医学部に合格するという離れ業をやってのけました

ここまでくるともはや信じられない領域ですね。

佐藤ママが進める東大合格のための独自の勉強方法が過去テレビで話題になったこともありますし、子供を持つ親としては参考にしたい情報もあることでしょうね。

佐藤ママの勉強法はどんな勉強方法なのかを知っておくことで子供の受験に役に立つこともあるでしょう。そんな気になる情報をまとめています。参考にしてくださいね。




子供4人が東大医学部の佐藤ママこと佐藤亮子の学歴は?

子供4人が東大医学部という奇跡ともいえる子育てをした佐藤ママってやはり学歴もすごいんでしょう、東大なの?と思いますよね?
実際はどうなのでしょうか?

項目 内容
名前 佐藤亮子(さとう りょうこ)
愛称 佐藤ママ
出身地 大分県
出身大学 津田塾大学

佐藤亮子は津田塾大学出身者

大学卒業後2年間、私立高校で英語教師だったそうです。佐藤ママは東大ではないのですね。

英語の教師ということで子供に勉強を教えることができるのは、有利な環境だったといえるでしょう。

では、ここでは出てこない佐藤ママの夫の学歴も気になりますよね。調べてみました。

佐藤ママの夫もすごいですね。

夫の佐藤真理は、東京大学文学部インド哲学学科卒業の弁護士です。

もはや母親の津田塾大学がかすんでしまうほどの一家といえるでしょう。佐藤ママは東大ではないので、家族の意識と勉強方法が役に立つと思います。といっても教師という意味で教え方については一般家庭とは異なっていますね。

では、佐藤ママの娘についてまとめていきましょう

東大医学部に合格した佐藤ママの娘(長女)の高校は?

佐藤ママの長女も東大医学部に合格しましたね。

佐藤ママは息子3人を東大医学部に合格させたことから娘も期待されていました。4人目の子供ということで期待はかなりのプレッシャーだったことでしょう。

上の子供3人が東大医学部ということで比較の対象がすごすぎるのでつらかったのではないでしょうか?結果が出てほっとしていることでしょう。

最後で自分が落ちるとすごく目立つ、そんな状況での合格はたいした精神力だと思います。

■佐藤ママの娘のプロフィール

名前   : 佐藤真子(さとうまこ)

2007年に進学塾の浜学園に通いました。京都の名門である洛南高校出身ですね。

では、子供4人を東大医学部に合格させた勉強法はどんなものかを抜粋しますね。

東大医学部に4人の子供を入学させた佐藤ママの勉強方法は?

佐藤ママが一番大事にしていたのは、スケジュール管理

具体的には、
・宿題のチェック(採点)
・テストの見直し(いっしょに実施)
・勉強のスケジュール管理

の3つです。

■勉強の管理方法(幼少期)
・テレビは見ない
・1万冊の絵本を読み聞かせる(3歳まで)
・1歳から公文で国語と算数を先取り
・4年から理科、社会を補うために浜学園に通った

そして、子供の勉強スケジュールは、大学入試までを佐藤ママが作成しています。

スケジュール管理のためにカレンダーは2か月分を見れるようにしたようです。具体的には、今が1月とすると2月のカレンダーも見れるようにするということです。

これにより2月の初めにテストがあったとしてもそれに1月に気づくという利点があると佐藤ママは言います。

POINT:カレンダーは2か月分貼り、先の予定を見越して勉強する

時間間隔を養うために時計を20分早めているようです。そして休憩も含めて分単位で管理していたようです

また、子供部屋は作らない居間で勉強というのも特徴です

■勉強のサポート
中学受験の算数は難しいので子供が問題を解きやすいように1問ずつ余白十分のプリントに作り替えることがサポートと考えています。

徹底した時間管理と愛情が感じられます。

■暗記法

本気したいことは紙にまとめて壁に貼ったようです。

ここで壁に貼る方法が少し違います。

斜めに紙を貼るなど少し違和感を持った貼り方にしているそうです。場所でも意外性があるところに貼ったようですよ。例えば、冷蔵庫の中やエアコンの吹き出し口などに貼ったようです。

■集中力

3男が集中力に欠けていたようです。

そこで3男を見ていると14分程度ですぐに飽きていたというところを見て、15分単位で教科を変えていたようです。教科の途中でも15分経ったら他の強化に切り替えるということを繰り返した結果、1時間程度の主注力を保つことができるようになったようです。

集中力はトレーニングで改善すると言っています。

番外編:算数から始めるとよいというコメント

正確さを養うためによいという解釈でした




佐藤ママの娘が東大医学部合格まとめ

佐藤ママの娘が東大医学部に合格しました

これで子供4人すべてが東大医学部に進学という結果になりましたね。

すごいの一言です。

そして勉強方法も大学受験までの勉強に関して分単位での管理や勉強に関するサポートが並みではないということが言えますね。普通の母親でそこまでサポートできる人はいません。

母親の愛情あるサポートが子供によい影響を与えているのでしょうね。

分単位での管理でこなすスケジュールも子供にとっては放置されているわけではないのでこなせたのかもしれないですね。種類はまったく違いますが、子供への愛情という意味では、ドラマで放送されていた下剋上受験もそういう親の愛情を感じる点では共通ですね。

下剋上受験では、まったく親の環境は違いますが、親が真剣になるのは子供によいことは間違いないと思います。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。