受験・勉強

受験でA3対応プリンタ・コピー機は必須!賢い選び方を紹介

受験でA3対応プリンタ・コピー機は必須!賢い選び方を紹介

中学受験で三種の神器と言われている必須のものがあります。

それはA3対応のプリンターかコピー機ですね。

受験が直前になるとコピー機の争奪戦が起きるといいます。受験に必須なアイテムとしてのプリンタやコピー機の導入は本当に必要かどうか悩みますよね。

A3対応のプリンターや業務用のコピー機など受験に本当に必要なものはなんだろうか?今のうちに対策を考えておきたい

というあなたの悩みにお答えします。

 

受験をする際には過去問、テキスト、プリントがどうしても増えてきます。

家庭にあるのは一般的にA4対応のインクジェットプリンタだと思います。A3対応のものは別途用意する必要があるので、本当に必要なものなのかは知っておきたいですし、できれば役立つ機能がついているものがよいですよね。

では、受験に必要なプリンタ・コピー機についてまとめていきます。

中学受験に必要なA3プリンタ・コピー機の賢い選び方

受験をすることで増えていくテキストやプリントなどをコピーする機会が格段に増えていきます。

近くにコンビニがあればコピー機を利用するという選択肢があります。

コンビニではあなた以外の利用者も当然いるわけで、待ち時間が発生したり、コンビニまでの往復の時間など無駄と感じる人が多く、自宅でプリンターやコピー機導入を検討するきっかけとなります。

では、受験のためにプリンターやコピー機を導入する場合に気を付けたいポイントとはなんでしょうか?

ポイント

1.A3対応のプリンタ

2.コピー、スキャナ機能がある

3.自動原稿送り機能付き

 

中学の入試問題は、B4かA3サイズが主流となっています。

また、B5サイズやA4サイズのテキストは見開きで使えば、B4、A3サイズになります。これがA3サイズのプリンターが必須になる理由です。

スキャナ機能は、溜まってきたプリントをデータとして保存することです。必要な時にプリントすることができる環境を整えておくことが必要ですね。

時間短縮という観点でとても重要なのが、自動原稿送り機能です。

テキストのホッチキスを外してセットすれば、コピー機にプリントを用意して、コピーして、という反復作業をカットすることができます。

自動で原稿が送り込まれる機能は会社では当たり前かもしれませんが、家庭用では普通そこまで必要な機能ではありません。受験では、時間が大切なので、自動で取り込んでくれることによるストレス軽減はとても役に立つことでしょう。

では、具体的にポイントを満たしたA3対応プリンタを紹介していきます。

印刷単価が安いプリンタ

印刷単価が安く高機能なEW-M5071FT(エプソン)を紹介します。

印刷のランニングコストは1枚:約0.4円(カラーは約0.8円)

単価は高いが、大量にコピーすることを考えればランニングコストは重要ですね。

 

サイズは家庭用のものより大きめです。

サイズは使用するときは、666×817×418mmになります。

複数枚の裏表を自動で印刷・スキャンすることができるのは、とても時短につながり、メリットが大きいです。

A4用紙は手に入りやすいが、A3用紙は手に入りにくいので、ネットで頼むのがよいでしょう。

大王製紙 リサイクルPPC A3 1,500枚 (500枚x3冊) | 紙 ペーパー 印刷用紙 印刷 用紙 再生紙 プリンター用紙 プリンタ用紙 コピー用紙 カラーコピー用紙 コピー インクジェット用紙 A3用紙 普通紙 オフィス 業務用 業務 事務用品 文房具 文具

受験を検討しているのであれば少しでも早く導入することがコスト削減につながることでしょう。

受験を突破した後でも勉強は必要です。

合格後も活用できますね。

では、プリンターではなく、業務用のコピー機をレンタルする方法はどうなのでしょうか?

業務用コピー機をレンタル

業務用のコピー機をレンタルする方法で受験を乗り切ることも検討してみてはいかがでしょうか?

購入するのではなく、レンタルするという考え方ですね。

月額5,000円程度で導入できるサービスもあります。

受験が終われば、コピー機は不要と考えてしまいがちです。

でも、合格後も勉強が必要ですし、親の仕事で利用できたりします。

レンタルが安いかどうかは合格後の使い方によると思います。

受験までしか使わないのであればコピー機レンタルは早めの導入で時短につなげることができますね。

受験でA3対応プリンタ・コピー機は必須!賢い選び方を紹介のまとめ

受験では、塾選びも大切ですが、塾に入った後の対応も大切になってきます。

日々の勉強でテキストに直接書き込みできないとなるとどうしてもコピー機やプリンターの力を借り津必要がでてきます。

コピー機の争奪戦が起きてからでは、遅いです。

コピー機、プリンタがみんなが必要と感じだしたら導入が遅くなるかもしれません。

時短を考えるのであれば早く時間を効率化することに頭を使い、受験を有利にすすめましょう。

購入するならランニングコストを考えても早い方が間違いなくお得ですよ!



-受験・勉強

Copyright© 子育ての悩みは受験まで!慶大卒カープファンのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.