カープ優勝メンバー1991年と2018年のメンバーどっちが強い?

カープ

カープ優勝メンバー1991年と2018年のメンバーどっちが強い?

カープが25年ぶりの優勝を果たしたのは、2016年シーズンです。そして2017年と連覇を果たしました。2018年は3連覇を目指してペナントレースが始まっています。

2016年シーズンでの優勝はさかのぼること1991年の優勝でした。その当時のメンバーを知るファンは現在の人気となったカープファンでは知らない人も多いことでしょう。では、2018年の3連覇を目指す現在のカープと1991年のカープ優勝メンバーってどっちが強いんだろう?

比較してみたいと思います。




カープ1991年優勝スタメンは?

選手名 打率 本塁打 打点
1.正田耕三 .291 8 52
2.前田智徳 .271 4 25
3.野村謙二郎 .324 10 66
4.西田真二 .289 7 51
5.山崎隆造 .301 8 50
6.小早川穀彦 .259 7 39
7.江藤智 .215 11 31
8.達川光男 .237 1 39

懐かしい顔ぶれですね。

トリプルスリーを達成した元監督の野村謙二郎もいますね。では、2018年のカープのスタメンはどうでしょうか?

カープ2018年のスタメンはどうなの?

2018年は成績が確定していないので2017年の実績を採用しています。

選手名 打率 本塁打 打点
1.田中広輔 .290 8 60
2.菊池涼介 .271 14 56
3.丸佳浩 .308 23 92
4.鈴木誠也 .300 26 90
5.エルドレッド .265 27 78
6.新井貴浩 .292 9 48
7.安部友裕 .310 4 49
8.石原慶幸 .204 1 12

1991年の野村や江藤が全盛期の実績でないので名前よりも破壊力が感じられませんね。2018年の打線の方が破壊力がありそうです。緒方、金本が加わった打線ならば今の打線よりも最強のような気がしますが。

では、1991年のピッチャーはどうでしょうか?

カープ優勝1991年のピッチャーは?

名前 勝敗 防御率
佐々岡真司 17勝9敗 2.44
北別府学 11勝4敗 3.38
川口和久 12勝8敗 2.90
石貫宏臣 5勝1敗 1.98
川端順 5勝1敗1セーブ 2.36
大野豊 6勝2敗26セーブ 1.17

1991年のタイトル受賞者(投手)は?

タイトル 名前
MVP 佐々岡真司
沢村賞 佐々岡真司
最優秀防御率 佐々岡真司
最多勝利 佐々岡真司
最多奪三振 川口和久
最セーブ 大野豊

では、2018年のピッチャーはどうでしょうか?

カープ2018年のピッチャーは?

名前 勝敗 防御率
薮田和樹 15勝3敗 2.58
岡田明丈 12勝5敗 4.00
大瀬良大地 10勝2敗 3.65
九里亜蓮 9勝5敗 3.64
ジャクソン 2勝2敗1セーブ 2.03
中崎 4勝1敗25セーブ 1.40

1991年のタイトル受賞者(バッター)は?

タイトル 名前
盗塁王 野村謙二郎
ベストナイン三塁手 山崎隆造
ベストナイン遊撃手 野村謙二郎




1991年のカープ優勝メンバーと2018年メンバーまとめ

カープ優勝1991年メンバーと2018年のメンバーを振りかえってみました。

当時は打撃のチームではなく、完全に投手のチームでしたね。打者では野村が一人がんばっているような印象です。

そしてこの年は津田投手が倒れたことをモチベーションに優勝まで向かっていたような年です。これがなければさらに優勝から遠ざかっていたことでしょう。

これからしばらく優勝しないですが、ここからは信じられないのが金本、野村、緒方、江藤などの打撃中心のチームになるんですね。

25年優勝から遠ざかったのはFA制度と逆指名によるドラフト制度の影響そのものです。巨人の制度がプロ野球をつまらなくしていった原因でした。

ドラフトだけは通常に機能するようになってチーム格差もへっていきました。2018年のチームは1991年に比べても最強といえるような気がします。ビッグレッドマシーンの時に優勝できなかったのは不思議でしたね。投手がどれだけ打たれたんだろう?



ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。