白陵高校の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

白陵高校の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

兵庫県の白陵高校は地元私立校として戦後設立された高校です。cura etdisciplina、独立不羅、正明闊達をモットーとして掲げる白陵高校。また、回りに流されず、自ら考えて努力する生徒を育成する方針で兵庫県が誇る私立進学校として有名な高校です。

東大の2018年の合格実績でも兵庫県私立高校で3位の17名の合格実績を誇る伝統校です。

1963年設立の進学校として兵庫県内だけでなく全国の主要大学へと進学しています。

有名な卒業生では、千葉市長の熊谷俊人がいます。

そんな兵庫が誇る進学校の2018年の主要大学合格実績をまとめていきます。




兵庫県白陵高校の2018年主要大学合格実績

卒業生186名

■国立大学

大学名 合格者数
東大 17名
京大 15名
北海道大学 3名
東北大学 1名
名古屋大学 2名
大阪大学 13名
九州大学 4名
岡山大学 9名
広島大学 4名

■私立大学

大学名 合格者数
早稲田大学 16名
慶應義塾大学 18名
明治大学 2名
青山学院大学 5名
中央大学 11名
法政大学 1名
同志社大学 35名
立命館大学 26名
関西大学 12名
関西学院大学 25名
近畿大学 8名

2018年の白陵高校の大学合格者数実績です。東大で兵庫県私立3位の実績の実績はさすがです。その他上位大学にも多数合格者を輩出しています。

兵庫白陵高校の偏差値について

偏差値は73です。

ライバルは、甲陽学院でしょうか?




兵庫県白陵高校の2018年大学合格者数まとめ

兵庫県白陵高校は偏差値73の進学校です。

東大合格者数で県内私立3位で、卒業生186名中、東大・京大とあわせて32名が合格しています。6人にひとりは東大・京大に合格している計算になります。私立進学校としてふさわしい結果となってきています。