大宮高校(埼玉県)の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

関東

大宮高校(埼玉県)の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

埼玉県立の大宮高校は勉強と部活動の両立の実践と自主自立の精神で高い志と強い使命感を持ったトップリーダーを育成する公立高校として有名な高校です。東大の2018年の合格実績でも埼玉県公立高校で3位の合格実績を誇る伝統校です。

有名な卒業生では、弁護士の松本輝夫がいます。

そんな公立が誇る進学校の2018年の主要大学合格実績をまとめていきます。




埼玉県立大宮高校の2018年主要大学合格実績

卒業生394名

■国立大学

大学名 合格者数
東大 5名
京大 2名
北海道大学 2名
東北大学 7名
名古屋大学 1名
東京工業大学 11名
一橋大学 10名
筑波大学 16名
横浜国立大学 8名
東京外国語大学 7名

■私立大学

大学名 合格者数
早稲田大学 71名
慶應義塾大学 38名
上智大学 18名
東京理科大学 132名
明治大学 164名
青山学院大学 22名
立教大学 77名
中央大学 71名
法政大学 83名

2018年の大宮高校の大学合格者数実績です。東大で埼玉県3位の実績はさすがです。その他上位大学にも多数合格者を輩出しています。

大宮高校の偏差値について

偏差値は71から73です。

ライバルは、浦和第一女子高校と栄東高校でしょうか




埼玉県立大宮高校の2018年大学合格者数まとめ

埼玉県立大宮高校は偏差値71から73の進学校です。

卒業生394名中、5名が東大に合格しています。早稲田、慶應は合計で100名越えとなっており、進学校にふさわしい結果となってきています。

埼玉トップ校といえば、浦和、浦和一女のイメージが強いですが、いずれも男子校、女子高です。共学と数学科に進みたい優秀な生徒が集まった結果大きく伸びてきたのでしょうね。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。