筑波大附属高校高校の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

関東

筑波大附属高校高校の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

国立の筑波大付(筑波大附属高校)は自主、自律、自由が合言葉の国立高校として有名な高校です。東大の2018年の合格実績でも国立の高校で2位の合格実績を誇る伝統校です。

有名な卒業生では、狂言師の野村萬斎がいます。

そんな国立進学校の2018年の主要大学合格実績をまとめていきます。




筑波大附属高校の2018年主要大学合格実績

卒業生231名

■国立大学

大学名 合格者数
東大 38名
京大 4名
北海道大学 7名
東北大学 4名
筑波大学 13名
東京工業大学 5名
一橋大学 5名
千葉大学 11名
横浜国立大学 6名
東京外国語大学 4名

■私立大学

大学名 合格者数
早稲田大学 110名
慶應義塾大学 70名
上智大学 37名
東京理科大学 59名
明治大学 65名
青山学院大学 14名
立教大学 20名
中央大学 43名
法政大学 16名

2018年の筑波大附属高校の大学合格者数実績です。東大で国立2位の実績はさすがです。その他上位大学にも多数合格者を輩出しています。

筑波大附属高校の偏差値について

偏差値は77です。

ライバルは、筑波大附属駒場高校と開成高校でしょうか




筑波大附属高校の2018年大学合格者数まとめ

筑波大附属高校は偏差値77の進学校です。

東大合格者数で圧倒するものがあります。卒業生231名中、38名が東大に合格しており、6人にひとりは東大に合格している計算になります。また早稲田、慶應合計でも180名となっており、80%の生徒が合格している数となっています。進学校というにふさわしい結果となってきています。

東大王に出場してる鈴木光も卒業生です。かわいいですね。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。