ランドセルの色で人気は何?高学年で後悔しないために必要な事

ランドセル

ランドセルの色で人気は何?高学年で後悔しないために必要な事

ランドセル選びで一番悩むのは色の選択ではないでしょうか?

ランドセル購入時は幼稚園や保育園の卒園を約1年残した子供の意見も聞きつつ、親としての意見を踏まえて考えますよね。

ランドセルの色については、昔は男は黒、女は赤といった時代が結構長く続いていましたが、最近ではいろんな色が増えてきたことで選べる自由は増えたものの、選択肢が増えたことで逆に重荷になってしまうケースがあります。それがランドセルの色の問題です。

今の子供たちは選択肢が増えてしまったが故に色の選択という悩みを抱えるようになってしまいました。

では、ランドセルの色を選ぶにあたって特に必要な事項をまとめました。

高学年で後悔しないという観点も踏まえて考えていきましょう!




ランドセルで人気の色は何?

ランドセル選びで重要となってくる人気の色を男女別で紹介しますね。現在人気の色は何色でしょうか?

  • 男の子

■第5位 ゴールド

まさかのゴールドが第5位です。
親の世代では信じられない色ですね。

ここ数年で人気が出てきた色のようです。

高学年では持っていない人も多い色なので信念を持って買うことのできる強い意志を持った人におすすめします

■第4位 シルバー

5位のゴールドに続いてまさかの光もの

5位のゴールド同様に数年の人気という情報を踏まえて、やや慎重に選んだ方がよさそうです。無難にした人には向かない色ですね。

■第3位 黒と赤

黒と赤の2色のランドセルが人気です。

昔ながらの表面が黒のランドセルで内側の白い部分が赤色になっているランドセル

やや違和感がありますが、こちらもとてもインパクトがあり、人気の色となっています。

見た目には思ったほど違和感はないでしょうか

■第2位 黒

安心の黒です。

昔からの伝統色といってよいでしょう。
親の世代もおじいちゃん、おばあちゃんも安心の色です。個性を求めないのであればシンプルな黒がベストです。

■第1位 黒と青


3位の黒と赤と同様に2色のタイプ
ですね。

内側が青いというところが人気です。

黒と青という男の子に人気の色がコラボしたアイテムです。

全体的には、伝統ある色と2色の組み合わせが人気の傾向です。

ゴールド、シルバーといった個性派が現れてきたというのが最近の傾向ですね。

  • 女の子

第5位 アクア系(水色)

アクアという水色のようなかわいい色ですね。

女の子だけあってかわいらしい色を好んでいますね。

明るい色とドレスにも使われる色とあって人気なのは理解できますね。

■第4位 ラベンダー

ラベンダーなので薄紫ですね。こちらもアクア同様薄い色でかわいらしさを持った色です。女の子らしさが出る色ですね。

■第3位 パールピンク

ピンクではなく、明るさもあるピンクです。

透明感もあるピンクで元気な印象を与えることができる色ですね。

ピンクという女の子が好きな色ですので違和感はまったくないですね。

■第2位 ラベンダーコンビカラー

4位にランクインしたラベンダーを基調とした2色のランドセルです。

男の子同様にコンビが流行っていますね

ただのラベンダーが嫌な女の子にはぴったりのアイテムです。

■第1位 チェリーピンク

鮮やかさが加わったピンクにはシンプルではあるものの、女の子にぴったりの色ですね。

昔は赤しかなかったものが、チェリーピンクにとって変わられたというのが実態ですね。

女の子の色の方が目まぐるしく変わっているように感じますね。

ランドセルの色選びで後悔することは何?

ランドセルの色選びで苦労するのは色を選ぶ相手が6歳の子供である点です。

まさに苦労すべき点です。

女の子の方が選択肢が多いので苦労するケースが多いと思います。

例えば、子供が「水色」のランドセルをほしい、といったところで人気のチェリーピンクを無難だからと、親が薦めますよね。

その場では納得しても、実際に入学して周りの子が水色を持っていたら、子供は親に反対されたことを思い出しますね。

「水色が欲しかったのに・・」

このように文句を言いますね。

突拍子もない色でなければ、親の意見で納得したかのように見えた子供は簡単に意見を鞍替えすことで後悔することになるでしょう。

色は子供に納得してもらった方がよい

これがアドバイスですね。

高学年ではランドセルの色は後悔しないの?

1年生になる前に選んだ色が高学年になった今も使えるのだろうか?

そういう不安にかられますよね。

ランドセルの色に関しては、流行もありますので同じ学年ではあまり気にしないもののようです。

どちらかといえば、ブランドだったりデザインだったりを気にするようですよ。

また、あまりにも幼い感じのする色だと大きくなってからは気にしないといっても違和感は感じてしまうかもしれないですね。

ただ、その年に人気の色であれば周りも同じような色をしているので気にする必要はないですよ。

一時的な流行の色だとかなり目立つことになるかもしれませんね。




ランドセルの色で後悔しないためのまとめ

ランドセル選びで苦労する点のひとつとしてあげられるのが、色選び。

昔はほぼなかったランドセルの色の選択が今ではとても重要です。

高学年になったときはどうなんだろう?
そういったことも親の視点からは気になることですよね。

その年の流行りの色であれば同学年の中では違和感はないでしょう。

前後2年間のトレンドなんかをヒアリングして検討するということも周りから浮く、ということを避けるためにはいいのではないでしょうか?

子供が納得しないものを買うと、入学後に文句を言うケースもあります。

あまりにすごい色を選択しない限りは本人の意思を尊重してあげた方がうまくいくケースが多いようです。

あなたの子供の性格も踏まえて選んであげるのが一番良いでしょうが、参考になりましたでしょうか



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。