ランドセルの土屋鞄は重いの?口コミと評判から考えてみる

ランドセル

ランドセルの土屋鞄は重いの?口コミと評判から考えてみる

土屋鞄のランドセルは人気商品ですよね。どんどんランドセル購入の時期が早まっているように感じているのですが、特に土屋鞄のような質の高いランドセルに関してはゆっくりしていては欲しいものがなくなるのが事実です。

土屋鞄のランドセルを検討するにあたって値段はいくらなのか、だとか、値段に見合ったランドセルなのかも親としては気になりますよね。

土屋鞄のランドセルは革が中心のランドセルで子供にとって使いやすいのかどうか、また革であるからこそ気になるのが子供にとってランドセルが重いのかどうかですね。

口コミや評判などから土屋鞄のランドセルが重いのかどうかについて考えてみます。




土屋鞄のランドセルは子供にとって重いの?

土屋鞄のランドセルが重いのかどうかを知るにあたって、土屋鞄のランドセルの素材についてまとめてみます。土屋鞄のランドセルの素材タイプは4つで構成されています。

・牛革

・コードバン

・クラリーノ・エフ

・ヌメ革

の4つです。

一方、有名な他社のランドセルは人工革が中心となっています。これは大きな違いといえるでしょう。

他社との比較でいうと牛革では、カタログ上の重さの違いは200グラムから300グラム程度です。

大人の感覚でいえば、200グラム程度なら問題ないだろうと考えてしまいがちですよね。

確かに子供が背負っても重いという感想を持つ子供は少ないようです。

でも、実際はランドセルを選ぶのは子供とランドセルの相性が重要になってきます。

実際に子供が土屋鞄のランドセルを背負ったときに感じる感想は、重いではなく、「きつい」です。重いという感覚よりは、きついと感じることの方が多いようです。重さではなくきつさということであれば子供の体型などが大きく影響してきそうです。

他社の商品に比べてやや小さめであることと子供が感じる体感重量の感覚は背負った子供が一番わかるものです。

「きつい」と感じているものは、重いという成長に伴って解決しそうな問題とやや違ってくるのですね。

あなたのお子さんが重いという感想ならば選んでもよいでしょう。

成長によって解決することでしょう。

でも、「きつい」という感想ならば、体の相性があっていないということです。これは成長では解決できない問題と言えそうです

いい商品であることは認めるのですが、最終的には背負って通う子供の体感を重視したいですね。

「きつい」という声では、首あたりの違和感訴えているようでした。

ランドセル選択でよく言われてるのは以下のようなことです。

小柄な子や登下校距離が長い子はクラリーノということは経験則から言われていることです。

実際のお子さんの体形に合わせたランドセルを選びたいですね。

では、あなたのお子様が土屋鞄の相性が問題なさそうであった場合に値段だったり、口コミだったりが気になると思います。

土屋鞄のランドセルの値段はいくらなのでしょうか?

土屋鞄のランドセルの値段はいくらくらい?

一番安いのは、クラリーノの5万円程度です。

コードバン(馬の革)は10万円程度となっているようです。

皮の種類は、3種類あり、人工革、牛革、馬革となっています。

2018年入学用の値段が気になる方は、以下の記事を参照ください。
[card url=http://trendk.link/3321.html/]

土屋鞄のランドセルはA4フラットファイルに対応していない?

土屋鞄のランドセルはすべてA4クリアファイルには対応しています。そして2019年入学用からA4フラットファイルに対応しました。

土屋鞄のランドセルはA4フラットファイルに対応していないことが欠点でしたが、解決してきました。

2018年入学用までA4フラットファイルに対応しない理由は、ランドセルの中でファイルが動くことにより、ランドセルの中が痛むという理由からだそうでしたが、2019年はそうもいっていられず対応することとなりました。

ランドセルの機能性という意味でも注意しておくべき項目ですね。




土屋鞄のランドセルは重いのかのまとめ

土屋鞄のランドセルは人工革と比べると200~300グラムほど重いようです。

子供にとっても200グラム程度であればそこまで重いという印象はないようですが、長時間の通学となる場合は、それなりに影響がありそうです。

特に低学年ではきついかもしれないですね。

一番重要なのは、あなたの子供が背負ってみた体感重量です。

ランドセルが重いと感じるだけでなく、きついと感じるかどうかがかなり重要なのではないかと思います。

見た目はシンプルですが、かなりよいです。

シンプルで品質を求めた王道のランドセル
です

あとは機能性でA4フラットファイルに対応することがあれば使いやすいだろうになあ、と感じていましたが改善してきました。

注意すべき点は売り切れですね。

2019年入学用のランドセルはかなり早期化しています。ネットで随時見ていないと対応できないスピードの速さになりました。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。