女子学院高校の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

関東

女子学院高校の主要大学合格者数・進学実績(2018年)

私立の女子学院高校は女子私立御三家として有名な女子高です。東大の2018年の合格実績でも33人の合格者を出す進学校です。

キリスト教を土台とする人間形成、基礎学力の充実と統合する力、バランス力を身に着け、社会に仕える人材の養成を方針とし、自由な校風のもと、自己の責任と主体性を重んじ、愛を持って他者に使える女性を育てていこうとしています。

有名な卒業生では、宇宙飛行士の菊地涼子がいます。

そんな私立進学校の2018年の主要大学合格実績をまとめていきます。




女子学院高校の2018年主要大学合格実績

卒業生224名

■国立大学

大学名 合格者数
東大 33名
京大 11名
北海道大学 1名
お茶の水女子大学 4名
東京工業大学 9名
一橋大学 12名
筑波大学 8名
横浜国立大学 4名
東京外国語大学 3名

■私立大学

大学名 合格者数
早稲田大学 140名
慶應義塾大学 82名
上智大学 61名
東京理科大学 64名
明治大学 83名
青山学院大学 14名
立教大学 30名
中央大学 50名
法政大学 19名

2018年の女子学院高校の大学合格者数実績です。東大で33人の合格者実績はさすがです。その他上位大学にも多数合格者を輩出しています。

女子学院高校の偏差値について

偏差値は69(中学受験での偏差値)です。高校からの募集がないので、中学受験時での偏差値表示となります。高校での偏差値に変換すれば70超は間違いないでしょう。

ライバルは、桜蔭高校でしょうか




女子学院高校の2018年主要大学合格者数まとめ

女子学院高校は中学受験の女子御三家のひとつです。

東大合格者数で圧倒するものがあります。卒業生224名中、33名が東大に合格しており、7人にひとりは東大に合格している計算になります。また早稲田、慶應も合計100名越えとなっており、伝統校復活というにふさわしい結果となってきています。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。