カテゴリー:マネーの記事一覧

子育ての悩みは受験まで!慶大卒カープファンのブログ

子育ての悩みを受験までを慶大卒のカープファンが説明します。

カテゴリー:マネー
日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?
日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?

日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?

日経新聞(日本経済新聞)は社会人になった際に購読を薦められる新聞の一つだと思います。そんな日経新聞ですが、毎日配達してもらう方法もありますが、通勤の途中でコンビニで購入して読むという選択肢もありますよね。

日経新聞はコンビニでも売っているかどうかといえば、東京など都心部ではコンビニでも扱っていることが多いことだと思います。ただし、地方に行くとそもそも日経新聞ではなく、地方新聞紙が主要に扱っており、せいぜい朝日新聞などメジャーどころがおいてあるというところもあったりしますね。

コンビニで日経新聞を買って読むという選択肢がありますが、そもそも日経新聞がコンビニで売っていない場合や売っていたとしても無料で読める方法があるのであればそちらの方が良くないですか?

自分自身のコストの見直しとして日経新聞を無料で見る方法をあわせてお知らせします。




日経新聞を無料で読む方法

日経新聞がコンビニで売っていない場合は少し遠くのコンビニなどで日経を扱っているコンビニなどを探すか定期購読するかの方法しかないように思えますね。

しかし、日経新聞は無料で読む方法があります。無料で読む方法を以下に紹介しますね。

日経新聞が無料で読めるのは日経テレコンというサービス

日経新聞が無料で読めるサービスの正体は、日経テレコンというサービスの中に日経新聞を読むことのできるサービスがあるからです。

日経テレコンは通常月額8,000円かかります。

日経テレコンのサービスを利用したら日経新聞を購読するよりも高いと感じたと思います。しかし、証券会社の口座を開設することで日経テレコンを無料で利用できるのです。

日経テレコンを無料で使えるということで日経新聞が無料で見ることができるということになります。

日経テレコンが無料で使える証券会社を紹介します。

日経テレコンが無料で使える証券会社

・楽天証券
・丸三証券
・大和証券

現在3つの証券会社の口座を持っている人は日経テレコンを無料で使用することができます。

いずれの証券会社日経テレコンを無料で活用することができます。また証券会社の口座開設料金も無料です。月額を支払う日経テレコンと異なるのは、閲覧期間が過去3日分ということのみです。

新聞は買った日にしか見ないということであれば閲覧期間はあまり気になりませんよね。

日経新聞を無料で読むための口座開設でおすすめの証券会社は?

おすすめの証券会社は、丸三証券です。

なぜおすすめかといえば、他の2社では以下の制限があるためです。

楽天証券では、パソコンでの閲覧では入金金額などの諸条件が発生します。一方スマホでは、スマホアプリiSPEEDがあれば無料で使えます。

また、大和証券はダイワの「eメンバー」サービスに加入しないと口座管理費用がかかります(サービスに加入すれば無料です)。加入忘れのリスクがありますね。

こういったうっかりというリスクを避けることができるのが、丸三証券だからということです。

楽天証券もスマホ利用ということであれば無料なのでどちらかであなた自身の環境に合わせてご利用ください。




日経新聞がコンビニで売っていない場合に無料で読む方法まとめ

日経新聞がコンビニで買えない場合は特にネットで見ることのできる日経テレコンは重宝しますね。紙で見ることになれている人でも日経電子版とは違いますが、世の中はネットでの閲覧に変わっていっています。

証券会社の口座開設といっても無料で開設できます。地方に配属になった社会人には朗報ではないでしょうか?

コンビニで売っていないことで日経新聞がタダで読むことができる方法に気が付くことができたのです。便利な時代になったものだと感じますね。

実家の土地が売れないと思っていたが、売れてしまう衝撃!
実家の土地が売れないと思っていたが、売れてしまう衝撃!

実家の土地が売れないと思っていたが売れてしまう衝撃

実家の土地が売れないと思っているあなたは、相続などで実家の土地をどうしたらいかわからない人ではないでしょうか?また、相続にまでは至っていないものの、親が高齢になり、やがて実家を手放す必要がありそうだとお考えなのではないでしょうか?

実家といっても土地の需要があるところは、黙っていても不動産屋さんが売ってほしいと営業に来ていたりしますね。実家がそんな土地だったらいいな、と考えてしまいますよね。

実家が田舎であれば、売れるわけないよな、と考えますよね。実家が売れないとなると、土地だけならよいのですが、家があるのであれば解体する必要もでてきたりします。

そうなると解体費用もかかってくるなどとてもではないですが、簡単に解決できない問題となってききますね。

では、実家の土地が売れないと考えているあなたに少しでも参考になればと思い、対処法をまとめてみました。




実家の土地が売れないことに頭を悩んだら

まずあなたの実家はどのようなタイプでしょうか?実家はマンションだという人よりも戸建ての方が多いことでしょう。戸建てというのがくせもので、昔のいつかはマイホームという考えで建てられた家です。

駅からの距離は度外視した場所に建てられた実家というケースも少なくはないでしょう。いわゆる不動産売却を考えた場所に実家を戸建てとして建設している人は当時はほとんどいないと考えてよいでしょうね。

戸建ての場合は、ただでさえ、古いものを貸すわけにもいかないし、建物は壊していたとしても更地の土地を売るにしても不動産屋としては売れる確率が高いものを買取したいと考えるのは普通です。

近所や近くで有力な不動産屋に話を持ちかけたとしても、おいしい案件出ない限り、積極的に動くことはないと考えられますし、実際そうだから売れないと悩んでいるのでしょう。

売れないと嘆く方でいろんな対応をしたくない人におすすめなのは、次に説明する寄付という手段です。寄付はしたくないので売れる方法を少しでも探したいというのであれば、寄付の次に説明するので寄付の部分は読み飛ばしてください。

実家の土地が売れない場合に寄付を考える

実家の寄付をケース別に考えてみましょう。

自治体への寄付

実家の土地を持っておいても使い道がないし、売れないのであれば寄付して手放すという手段も最悪考えたいですね。

寄付をする相手ですが、あなたの実感のある自治体が一つあります。ただし、自治体も土地に使用する目的がなければ、土地や空き家の寄付を受け入れません。当然といえば当然でしょうか。

個人への寄付

個人への寄付ということも一つの手段です。

個人への寄付ということで一番可能性の高いのは、お隣さんです。お隣さんは、あなたの実家の土地について理解もあるでしょうし、お隣さんの土地とつながっているでしょうから寄付してもらえるということであれば同意してくれる可能性もありそうです。

個人への寄付ということであれば、贈与の扱いになりますので110万円以下であれば非課税となります。

実家が売れないと考えているような場所であれば、贈与税もそれほど大きな額になる可能性は小さく、使い道が全くないということでなければ検討の余地はあるのではないでしょうか?

公益法人等への寄付

実家の土地を寄付するのは、個人や自治体以外に、法人があります。一般法人への寄付は限りなく難しいと思いますが、公益法人への寄付という選択肢はあります。

また公益法人の他に自治会や町内会などあなたの実家に結びつきのある団体への寄付も選択肢としてはありえますね。

実家の土地を売るには、複数の不動産会社への相談が必要?

あなたの実家の土地が売れないと悩んでいる場合でも、近くの不動産会社だけでなく、複数の不動産会社に買取査定を出すことで解決できるケースも出てきました。

ネットを使って複数の不動産会社に査定を出すことで、いろんな不動産会社に見てもらうことが可能になりました。

しかし、不動産会社も基本はおししそうな不動産には積極的ですが、そうでないものに関しては複数に見積もりしたって同じではないかと思いますよね。

最近ではいろんなところに特徴を持って買取をしている不動産屋があります。

例えば、ガイアの夜明けでも取り上げられたのは、「カチタス」という会社です。聞いたことがありますでしょうか?

東証1部上場しており、ニトリが主要株主の会社になります。

いわゆる地方の物件で駅から徒歩50分程度の案件を買取していました。車での行動範囲が10分以内で駐車場を置くスペースがある物件ということで勝負に出ていました。

テレビでは、解体費用に悩む売主もカチタスもともにハッピーな結果となりそうに感じるものでした。

駅から徒歩50分の実家(しかも空き家)を買い取ってくれる実績があります。

やはり特化した不動産会社にも相談すべきでしょう。




実家の土地が売れないと悩む前にする行動まとめ

あなたの実家の土地が売れないと悩んでいるのは、田舎の土地だから売れないだろうということや、近くの不動産屋に相談したものの、いい返事をもらえなかったということではないでしょうか?

田舎の物件であっても売れることはあります。条件面はありますが、もともと売れない土地と思っているのであれば維持費や解体費のことを考えれば寄付という手もありでしょう。

また、複数の不動産会社にネット経由ですが、あたることであなたの実家にあったプランを提示してくれる可能性もずいぶん増えました。

例に挙げたカチタスなんかは有望な買取先かもしれませんよ。

あきらめる前にもう一度行動してみませんか?

節約やお金に関する記事まとめ
  • 投稿 2018/03/20
  • マネー
節約やお金に関する記事まとめ

節約やお金に関する記事まとめApplePay・iPhone関連記事まとめ

お金に関する記事をまとめました。

コスト削減

■日経新聞を無料で読む方法

タワマン・マンション

■タワマン後悔する前に良いマンションの基準を知る

■タワマン固定資産税変更

■マンションの基準

税金関係

■新築時の火災保険

■自動車税いつ届く?

■配偶者控除150万(社会保険)

■配偶者控除150万(201万円まで)

節約系

■ドコモから格安スマホ

■カンドゥの割引・クーポン

■大学生一人暮らし費用(東京編)

■大学生一人暮らし費用(大阪編)

■大学生一人暮らし費用(京都編)

■大学生一人暮らし費用(福岡編)

株式

■いちよし証券のIPO

■株主優待の桐谷さん資産

■株主優待3月ランキング

■サンリオ株主優待

■四季報(冬号)

その他

■出国税はいつから

■仮想通貨の確定申告の書類

■ママ友幹事で割り勘

■東芝が倒産した場合どうなる?

新築時の火災保険加入のタイミングはいつから?節約金額が衝撃!
新築時の火災保険加入のタイミングはいつから?節約金額が衝撃!

新築時の火災保険加入のタイミングはいつから?節約金額が衝撃!

新築住宅に限らず、あなたがやっとのことで手に入れようとしている我が家は大切ですよね。

今、仕事を苦労しながらもなんとか勤務し、ようやく信用が得られたあなたが、奥様に薦められて手に入れた新築の我が家。

新築で家を持つことはかなりの決断が必要だったことでしょう!

かなりの年数をローン返済に充てる覚悟を決めたあなたは充実感とともに、不安な気持ちも抱えていることでしょうね。

そんな大切な我が家に住む前に気になるのが火災保険をどうするかですね?

新築の家を購入することに比べたら、事務作業のように考えてしまいがちな火災保険ですが、後で考えると結構な金額になってくる大事な選択を迫られています。

大切な我が家を火災で失ってしまうなんていう最悪なことは考えたくはないものですが、万が一のリスクとして火災保険の加入は考えますよね。

でも、火災保険を考えた時に、ふと気になるのは、「いつから火災保険って加入するのかな?タイミングってあるのかな?」ということです。

賃貸住宅の時は契約時に2年単位で自動的に契約となるケースが多いと思いますが、今回はあなた自身の家

自分の家なので火災保険を選ぶのもあなたになります

だからこそタイミングやいつから加入するかなどの火災保険の基礎を知っておきたいですね。

また、火災保険は生命保険や自動車保険と同じように比較することができます

不動産屋さんなどの言いなりで加入するのと比較するのでは金額に大きな差がつくこともある世界です。

数千万円の買い物中での20万円のコスト削減

これって小さいですか?

新入社員の月給レベルの金額がコスト削減できるかもしれないのです。

少しだけ火災保険について考えることで節約してみませんか?

新築時の火災保険加入のタイミングやいつから加入するの?

新築住宅の火災保険のタイミングについてですが、一般的に

新しく住む家の引き渡しの2か月前から1週間前くらい

と考えておきましょう

一般的にですので、引き渡しする直前での加入でも大丈夫です。

ただ、あわただしいですし、引き渡しを受けた後に火災に巻き込まれた場合は、あなたの責任になります。

万が一のリスクを避けるのであれば直前はいくらなんでも避けましょう

火災保険加入のタイミングはどうなの?

新築時によくあるパターンとしては、住宅ローンを組む時に、あわせて火災保険を薦めてくるケースがありますね。

まとめてで火災保険を契約できるという手軽さは良い反面、中身を吟味することなく提携先の保険会社で火災保険に加入することになります。

良心的な契約なのかもしれませんが、比較しないことで金額面で損をするかもしれませんよ。

前もってそういう意識がないと自分の経験からも、考える間もなく契約に進んでいってしまうと思います。

そう考えると少しでも早く価格を知っておくというのがベストですね。

今は世の中が便利になりましたのでネットで火災保険の見積もりをとることができる時代になっています。

有効に活用したいですね。

火災保険の見積もりでどれくらい節約できるの?気軽にできるの?

ネットで3分程度の時間で入力でき、

最大12社の見積もりをとることが可能です。

新築、中古や住む地域などを選択し、補償内容を選んでいくことになります

上のような簡単な流れで見積もりをとることができます。

物件内容を入力後、代理店から内容の確認が入りますが、そこで補償内容などの確認をとることができますし、最大12社の中から最適なものを選ぶことができるのであれば、ここで詳しくヒアリングしたいものですね。

建物の価格と、どの補償をつけるかだけで決まります。

比較することで20万円程度のコスト削減できるのであれば、これは仕事ですよ。

代理店からの確認などが面倒に感じるかもしれませんが、ある意味1時間の時間がかかるのであれば、時給20万円の仕事と考えることができますね。

住宅の金額でマヒした金銭感覚を元に戻しましょう!

20万円程度のコスト削減ができたら相当すごいですよ!

新築住宅の火災保険加入タイミングはいつ?加入するなら節約したいのまとめ

新築の住宅を手に入れることとなったあなたは新しい我が家に期待と不安が入り混じっていると思います。

新しい家に住むことのできる期待と引っ越しなどの手続きが迫っており、時間の余裕がない状態になっていることでしょう。

ここでひと手間かけることで火災保険のコストを下げることのできるチャンスがあるのです。

手軽に3分で入力

火災保険はどこかで加入するものです。

どうせ加入するのなら浮いたお金でおいしものでも食べませんか?