タグ:父の記事一覧

子育ての悩みは受験まで!慶大卒カープファンのブログ

子育ての悩みを受験までを慶大卒のカープファンが説明します。

タグ:父
東大の宮台の出身高校・学部は?ドラフトはどこが指名する
  • 投稿 2017/10/12
  • 東大
東大の宮台の出身高校・学部は?ドラフトはどこが指名する

東大の宮台の出身高校・学部は?ドラフトはどこが指名する

東大の宮台投手の名前は聞いたことがある
でしょうか?

清宮幸太郎が話題となっているドラフトの
中で、東大出身の選手が指名されようと
しています。

東大といえば、過去にはロッテの田中
投手が京大で指名されたことが記憶に
新しいですね。

そんな京大出身の田中投手も今年で
現役引退となってしまいました。

東大には過去プロ野球選手が生まれて
いますが、今年の宮台投手はどこの
球団が指名するのか気になりますね。

では、東大宮台投手の出身高校や
東大での学部についてまとめてみました

東大に行ってプロ野球に進むという
困難道に進みたい人以外にも参考に
なるかもしれませんね。

ドラフト候補の東大宮台投手のプロフィール(出身高校も)

名前    : 宮台 康平(みやだい こうへい)
生年月日  : 1995年7月1日
出身    : 横浜市
血液型   : O型
身長    : 178㎝
体重    : 84㎏

左投げの投手です

東大の学部は法学部

出身高校は湘南高校になります

東大が法政大学に連勝し、15年ぶりに勝ち点を
あげることになった立役者です。

小学校3年生から野球を始め、戸塚中で
軟式野球部に所属

湘南高校時代は、県大会ベスト8が最高
強豪の東海大相模に負けたため、甲子園の
道はかなわなかった。

最速150㎞のストレートとスライダー
カーブが絶妙なコンビネーションです。

一度怪我をしたのが、肩

直近の法政大学戦で見せた投球をみて
問題ないと判断する球団もでてきて
おり、ドラフトで指名されることは
ほぼ間違いないとされています。

ちなみに出身高校の湘南高校の偏差値は
73

東大へは10名ほどが合格しているようです。
野球も勉強もすぐれていたまさに文武両道
といっていいでしょう

東大でも法学部に進む文科Ⅰ類への進学と
なったこともさらにすごいと思わせる
要因です。

東大宮台康平投手の父親はどんな人?

東大宮台投手の父親は一般人です。

ただ、昔は宮台投手と同様に野球を
やっており、高校時代はエースだった
とのこと

プロから声がかかるほどの実力でしたが、
大学に進学をしたようです。

どこの大学かどうかなどの情報は
不明です。

父親の影響から野球を始めたのでしょうが、
文武両道の極みまで行けるとは父親でも
思っていなかったことでしょうね

では、そんな東大の宮台投手はどこの
球団から指名を受けるのでしょうか?

東大宮台康平投手はドラフトでどこから指名される?

現在の情報では、阪神がドラフト1位の外れで
指名するという情報がでています。

東大史上6人目のプロ野球選手の誕生は
ほぼ確実といってよいでしょう

阪神は清宮幸太郎の1位指名を宣言
しています。

その他球団も単独での宮台康平の
指名は低いと考えると阪神か同様に
くじをはずした球団が指名する
可能性が高いですね。

東大からドラフト1位指名が実現
しそうですね。

何となく阪神になりそうですね。

では、過去に東大のプロ野球選手は
どんな人がいたのでしょうか?

過去の東大出身のプロ野球選手は?

■新治伸治
1941年生まれ。
経済学部卒業後に大洋漁業(後のマルハ)
に入社。

その後すぐに子会社「大洋ホエールズ」への
出向となり、会社命令でプロ野球選手となる。

1968年に引退

引退後は親会社に復帰

■井手俊
1944年生まれ。
ドラフト3位で中日ドラゴンズに入団

1年目に一勝

1970年に外野手に転向
俊足と強肩を武器に守備固めとして活躍

■小林至
1968年生まれ。
経済学部経営学科に在籍中にロッテの
金田監督から入団テストの機会を与えられ合格

1992年にドラフト8位で入団

プロ生活で一度も一軍を経験することは
なかった。

2年間で自由契約、引退となった。

■遠藤 良平
1976年生まれ。
東京大学文科3類に在籍

1999年に日本ハムからドラフト7位で入団

一軍として登板したのも一打席だけでした

■松家卓弘
1982年生まれ。
現役で東京大学文科二類に合格

2004年にドラフト9巡目で横浜が交渉権獲得

しかし松家が卒業単位が足りないため卒業
できず、結果的に史上初の現役東大生
プロ野球選手となった。

東大の宮台康平投手の出身高校や父、ドラフトまとめ

最速150㎞を誇るサウスポーの東大
宮台康平投手

阪神が清宮幸太郎のくじをはずせば、
東大史上初のドラフト1位指名が
実現する可能性がでてきました。

湘南高校から東大法学部へ進み、
プロ野球へ進むというとてつも
ないことをやりとげようとして
います。

過去の東大出身の選手はプロで
成功したとはいえない成績と
なっていますが、本格的に
実績を残していけそうな逸材と
なっています。

指名された球団がどこなのか
10月26日のドラフトが気になります

結果は日ハムが7位指名でしたね。

今後活躍を期待します

履正社の安田尚憲の出身中学は?安田の兄や父の経歴がすごい!
履正社の安田尚憲の出身中学は?安田の兄や父の経歴がすごい!

履正社の安田尚憲の出身中学は?安田の兄や父の経歴がすごい

春のセンバツの時期ですね。清宮で話題の
甲子園は今回も話題です。

野球がWBCで盛り上がる最高の環境の中での
センバツ開催

早稲田実業の清宮以外で注目の選手といえば、
履正社の安田尚憲

東の清宮、西の安田と言われるほどの逸材ですね。

それほど甲子園に興味のない人でも知っている
清宮に比べればどうしても知名度の劣る
安田尚憲

そんな逸材の履正社安田尚憲について調査しました。

履正社の安田尚憲のプロフィール

名前   : 安田尚憲(やすだ ひさのり)
出身   : 大阪府吹田市
身長   : 188cm
体重   : 92kg

右投げ左打ち

・豊津中学校(レッドスターベースボールクラブ)
・履正社高

・阪神タイガースジュニアに小学6年で入り、
・豊津中に進学

レッドスターベースボールクラブは元阪神
タイガースの赤星憲広氏が創設した
硬式野球チーム

履正社高校では1年の秋から5番、三塁手

秋に8本、翌春には21本のホームランを打つ
など活躍

2年春からは4番となりました。

高校通算本塁打数は43本と清宮と並んで注目
される強打者です

では、履正社の安田尚憲の兄や父はどんな人なのでしょうか?

履正社の安田尚憲の兄や父は?

履正社の安田尚憲の父である安田功
大阪薫英女学院駅伝部の監督です。

全国高校駅伝で初優勝(2014年)
全国大会への出場(2016年)

よい指導者のようですね。

母である安田多香子やり投げの選手(国体出場経験あり)

兄である安田亮太は三菱重工名古屋で野球を
しています。

また、PL高校出身で、元カープで現在ドジ
ャースの前田健太(マエケン)とバッテリー
を組んでいたそうです。

家族全員がアスリートで、しかも一流。

兄のマエケンとのバッテリーなんてすごいエピソードですね。

履正社の安田尚憲まとめ

履正社の安田尚憲は今回のセンバツで間違い
なく注目の選手

履正社は優勝候補にもあげられており、WBC
で活躍中の山田哲人の出身でもありますね。

履正社の安田尚憲はドラフト有力候補ですので
今回のセンバツでの活躍はとても期待しています。

また、早稲田実業の清宮との対戦なんかもある
と面白いですよね。

ホームランの数という勝負も見ごたえがありそうです。
優勝は履正社なのでしょうか?

野球に勝敗も楽しみですが、筋書きのないドラ
マの裏で女子マネージャーがグランドに入れる
ようになったこともひそかに楽しみにしています。

[blogcard url=”http://trendk.link/2928.html″]

安田尚憲選手がんばってください。

WBCでの盛り上がりに乗っかってくださいね。

いよいよセンバツのスラッガーの登場ですね