自由研究で小学生が簡単にできるテーマやネタまとめ

自由研究

自由研究で小学生が簡単にできるテーマやネタまとめ

夏休みが始まった小学生は楽しくて仕方がないと思います。そんな楽しい夏休みに宿題として与えられるのが、自由研究という課題です。読書感想文や絵を書くことに加えて長期休暇だからこそ与えられてしまう課題です。

読書感想文や絵を書くことも時間のかかる課題ですが、最も手間のかかるのが小学生の自由研究だと思います。自由研究というだけあって1日で付け焼刃で終わらすことがなかなか難しい課題です。そして自由研究をいかに効率よく終わらせるかに頭を悩ませるものこの時期ですね。

そんな迷える小学生の自由研究で簡単にできそうなものをテーマやネタとしてまとめてみました。

自由研究を簡単にすますことで親の手助けも不要になるかもしれませんね。

では、小学生の最大の難関である自由研究について考えていきましょう。




自由研究で小学生が簡単にできるテーマやネタは?


自由研究で重要になってくるのが、「簡単」「テーマ」です。

自由研究のテーマを決め、時間のかかるものであったり、わりとすぐに終えることができるものであっても調べたことをまとめようと思うと意外に難しかったりします。

小学生には簡単にできるものを選ぶのがよいでしょう。

よい研究テーマを選んで、自由研究を失敗しないようにがんばりましょう!

■外部の力を借りる

2018年7月26日~28日の3日間 「夏休み2018 宿題・自由研究大作戦」が東京ビックサイトで開かれます。
こういったイベントに参加することでお出かけとネタ探しができるという便利さがあります。

例えば、青果のプロが夏野菜の知識を楽しくレクチャー

『めざせ野菜博士!九州屋のプロが教える夏野菜の秘密』というタイトルで、各回45分・1日5回、各回8名(お子様の人数。保護者の参加が必須)を対象に開催します。

夏だからこそおいしい旬の野菜を知るだけでなく、野菜の食べ比べやトマトの糖度測定といった実験やクイズ形式を通して学ぶことができます。これを自由研究の材料とすれば結果や比較なども簡単でかなりリアルな報告ができそうですね。

■3Dプリンタでオリジナルロケットを作る

プログラミングのを学びながら「3Dプリンター」を活用します。

自分の思い描くロケットの形を3D模型作製サイトを活用しながら指示を入力し、その後3Dプリンターで出力される造形物が思った通りのものか、それともイメージと違うのかを論理的に考えてもらう機会が提供されます。簡単化といえばそうではないですが、面白いのでゲームと同様に楽しんで作ることができます。そう言う意味では簡単に自由研究を仕上げることができることでしょう。

いろんなイベントを活用することで簡単に自由研究の課題を解決できるようになりますよ。

お近くのイベントを調べるとすごくよいものが見つかると思います。




自由研究で小学生が簡単にできるテーマやネタまとめ

夏休みの自由研究ですが、簡単にするには、本人が興味のあるものを選ぶか、イベントにまかせて自動的に終わるようなものがよいでしょう。

最近は、題材の持ち帰りもでき、そのまままとめ治すだけで自由研究の代わりとなるようなものもいくらでもあります。テーマやネタは結構ころがっているものです。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。