カープのバティスタの口の中には何が?通訳とのヒロインが面白い

カープ選手

カープのバティスタの口の中には何が?通訳とのヒーローインタビューが面白い

カープの連覇に大きく貢献したバッターとしてバティスタがあげられます。そして2018年の3連覇に向けての活躍も大きいです。当たると大きいバティスタはホームランを量産しています。打席数は少ないですがホームランは20本超えですね。

そんなバティスタですが、2017年は代打で2打席連続ホームランを打つという鮮烈な登場でカープファンを沸かせた選手でもあります

そんなバティスタはカープアカデミー出身です。着実によい選手が伸びてきている証拠ですね。

そして普段カープ戦を見ている人にはわかるであろうバティスタの口(ぽっぺた)に入っている
ものは何?

素朴な疑問といえます。

というか、気になりますよあのふくらみは何って?

では、カープのバティスタの口の中について調べていくと同時にバティスタについてまとめていきますね。




通訳とのヒロインが面白いカープバティスタのプロフィール

項目 内容
名前 サビエル・バティスタ
国籍 ドミニカ共和国
生年月日 1992年1月18日
年齢 26歳
身長 189㎝

右投右打・一塁手、外野手

初出場は2017年6月3日です。これが衝撃のデビュー代打ホームランの日ですね。

年俸は520万円(2017年)と格安です。2016年3月9日にカープと育成選手としての契約してからこの成長ぶりです。守備力に難はありますが、打撃力は魅力ですね。

背番号は145でしたが、6月2日には、広島球団と6年間の支配下選手契約となり、背番号を95に変更(支配下登録)となりました。

2017年に、ウエスタン・リーグで39試合出場で打率.363、14本塁打、38打点と暴れまくった実績は本物で、2017年シーズン終了時は、ホームラン11本を打ちました。

2018年の終盤(9月17日時点)では、24本のホームランを打っています。ヒット64本のうち、24本がホームランです。この長打力はやはり魅力的です。

では、衝撃のデビューについて振りかえってみましょう。

デビュー戦に千葉ロッテマリーンズ戦に出場し、6回裏に代打で一軍初打席本塁打を記録しました。

翌日にも6回裏に代打で本塁打という衝撃のデビューを果たしましたね。

初打席のホームランシーン

2試合連続代打ホームランのシーン

では、そんな衝撃的なデビューから着実に成長しているバティスタの口に入っているものはなんでしょうか?

カープバティスタの口の中に入っているものは?

バティスタの口に入っているものはガムでもないし、骨でもないしなんだろうという疑問がわきますね。

断定はできないようですが、「噛みタバコ」のようです。

噛みタバコとは文字通り噛んで味わうタバコのことです。カープではカープアカデミー出身であるライネル・ロサリオも噛みタバコを咥えて
試合にでていたようです。

他にも、阪神のランディ・メッセンジャーも噛みタバコを咥えてピッチングしていた時期があったようです。骨の異常とか言う問題ではなさそうです。

カープのバティスタのヒーローインタビュー通訳のクレートさんが気になる

カープバティスタのヒロイン(ヒーローインタビュー)で登場する通訳のクレートさんの通訳がかわいいです

実際の動画をみてください

いっしょうけんめいな姿が伝わります




カープバティスタの口の中まとめ

カープのバティスタは2017年途中よりく戦力として加わり、2018年シーズンも活躍しています。どうしてもカープの外野陣は、丸、鈴木誠也が固定されており、そこに足のある野間が入ってきました。

ファーストでの起用が中心となるので新井さんなどとの併用になりますね。これだけ少ない打席でホームランを打てるのは魅力ですが、守備力に難があるのがつらいですね。

打席中のバティスタの口の中にあるのは、骨の異常ではなく、咬みたばこのようです。

何だろうと思いますよね。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。