慶應義塾大学の学部 就職と難易度 ブランド私大の実態

慶應義塾大学の学部 就職と難易度 ブランド私大の実態

慶応義塾大学といえば、ビリギャルが合格した
大学として有名ですね。

福沢諭吉が創設した大学としても
有名です。

そんな慶應義塾大学の学部は以下の通りです。

文学部
経済学部
法学部
商学部
医学部
理工学部
薬学部
総合政策学部
環境情報学部
看護医療学部

学生数:2万8,855人

ライバル校:早稲田大学




慶應義塾大学の就職実態

就職活動の中で大手企業内で特定大学以上の
学歴を以外の学生を事実上選考対象から外す
「学歴フィルター」にはひっかかりません。

フィルターから外れるということでは有利
と言えます。

 

上場企業役員数ランキング

慶應義塾大学は1位。2,153人を輩出
しています。

2位は早稲田大学の1,878人です。

続いて3位は東京大学
4位は京都大学と続きます。

 

Sponsored Link


慶應義塾の学生の実態

DSC_0188 (2)
三田会という日本最強の同窓会組織で東大に
対抗

私大の王者

最近の学生のヒアリングによると「慶應
ブランドは就活に役に立った」

というコメントが共通している。

企業のOBやOG訪問は75%が実施していると
いうアンケート結果もあるように意識の
高さもあるが、他の学校の30%と比べると
約2倍がOB、OG訪問をしていることになる

 

慶應義塾大学まとめ

学部間での就職の差は志望する企業によって
違和感があるかどうかの違いはあるかも
しれませんが、門前払いの確率は低いと
いえるでしょう。

当然、市況の問題もあり、就職難の時は
厳しい状況となるでしょう。

今は売り手市場ということもあり、ブランド力
を発揮できることと言えます。

市況は運不運もあり、ちょうど今の40歳
くらいは超氷河期でした。

リーマンショックを超える衝撃などが
走ることとなれば、また苦労することも
あるかもしれません。

特に3年、4年後は誰にもわかりません。

少なからず準備することは大切なことだと思います。