津田恒美「最後のストライク」ドラマをもう一度みたい!弱気は最大の敵

津田恒美の最後のストライクのドラマ

カープ25年ぶりの優勝となりました。
そして連覇へとカープ黄金時代再来と
いってもよいでしょう

25年前の優勝の原動力となった津田恒美を
知っているでしょうか?

テレビで津田恒美の息子が紹介されて知った
最近のファンも多いことでしょう。
津田恒美記念館などもできているようですよ。

昔からのファンなら津田恒美を知らない人は
いないでしょう。

ズームスタのプレートにも名前は刻み込まれ
ていますよね

25年前の優勝の年に津田は病気に
倒れました。

それまで炎のストッパーとしてカープの
守護神だった津田に優勝を見せたいと
いうことでカープナインがひとつに
なった年でした。

その時は病気と言っても別の病名で新聞では
伝えられていましたね。

Sponsored Link


津田恒美のドラマは最後のストライク

津田恒美が他界したあと、ドラマに
なりました。

それが最後のストライクです

何年前でしょうか?

20年位前でしょうかね。
ビデオの時代でしたから。

ビデオをとっていたのですが、すでに見つか
らず。

再生する機械もないです。

最後のストライクでは、昔からのカープファン
だけでなく、25年以内にカープファンになっ
た人にもぜひ見てほしい。

再放送を期待したいです。

アンコール要請したらいまなら受け入れられるかな?

最後のストライクの主題歌は、松山千春の「君に」

この歌を聞くと、当時のシーンを思い出します。

原作はこちらです。
ドラマのほうが感情移入しやすいので再放送が見たいな。

これは広島地域で25年ぶりの優勝時に放送された
みたいです。
その他地域でもぜひ再放送してほしいものです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

最後のストライク [ 津田晃代 ]
価格:575円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)

津田恒美の直球勝負。

津田恒美座右の銘の「弱気は最大の敵」
この言葉を胸に果敢に挑戦しようと
思った昔の自分でした。

やはりストレート勝負は気持ちが乗って
きます。

背番号14はやはり意味のある番号です

その陰で背番号14の偉大さに苦しむのは
津田恒美の息子でした

津田恒美の息子大毅が背番号14に苦しめられた?

炎のストッパーと呼ばれた元カープの
津田恒実が脳腫瘍に倒れ、32歳で
他界してから24年

息子の大毅は、父の生きざまを伝える
ための記念館設立を目指し、今年6月
から自転車で日本各地を回り資金協力
を呼び掛けてきた。

距離を置いた理由。それは伝説になった父の影が、息子にとっては迷惑なものでしかなかったからだ。

大毅が苦しめられたのは、「小3から大学
まで野球をやってきたんですが、何かと
“津田の息子”と言われ、比べられるのが
嫌でした。」

こう語っています。

津田の息子ということを隠して生活して
きました。

津田恒美が偉大すぎたためにそのギャップや
比較されることで当時は嫌な気持ちを持って
生きていたようです。

その感情も年齢を重ねることで変わった
ようです。

Sponsored Link


津田恒美最後のストライクまとめ

カープ優勝が決定した後に広島地域では
最後のストライクが放送されたみたいですね。

私の地域では見ることができませんでした。

しかし、今でもドラマのイメージは
思い出せますね。

カープの背番号14は特別な番号ですね。
今は大瀬良が背負っている背番号14

大瀬良は先発としてガンバってほしいです。

津田恒美の後を追うのは中崎ですか?