カテゴリー:節約の記事一覧

子育ての悩みは受験まで!慶大卒カープファンのブログ

子育ての悩みを受験までを慶大卒のカープファンが説明します。

カテゴリー:節約
日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?
日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?

日経新聞がコンビニで売ってない場合に無料で読む方法とは?

日経新聞(日本経済新聞)は社会人になった際に購読を薦められる新聞の一つだと思います。そんな日経新聞ですが、毎日配達してもらう方法もありますが、通勤の途中でコンビニで購入して読むという選択肢もありますよね。

日経新聞はコンビニでも売っているかどうかといえば、東京など都心部ではコンビニでも扱っていることが多いことだと思います。ただし、地方に行くとそもそも日経新聞ではなく、地方新聞紙が主要に扱っており、せいぜい朝日新聞などメジャーどころがおいてあるというところもあったりしますね。

コンビニで日経新聞を買って読むという選択肢がありますが、そもそも日経新聞がコンビニで売っていない場合や売っていたとしても無料で読める方法があるのであればそちらの方が良くないですか?

自分自身のコストの見直しとして日経新聞を無料で見る方法をあわせてお知らせします。




日経新聞を無料で読む方法

日経新聞がコンビニで売っていない場合は少し遠くのコンビニなどで日経を扱っているコンビニなどを探すか定期購読するかの方法しかないように思えますね。

しかし、日経新聞は無料で読む方法があります。無料で読む方法を以下に紹介しますね。

日経新聞が無料で読めるのは日経テレコンというサービス

日経新聞が無料で読めるサービスの正体は、日経テレコンというサービスの中に日経新聞を読むことのできるサービスがあるからです。

日経テレコンは通常月額8,000円かかります。

日経テレコンのサービスを利用したら日経新聞を購読するよりも高いと感じたと思います。しかし、証券会社の口座を開設することで日経テレコンを無料で利用できるのです。

日経テレコンを無料で使えるということで日経新聞が無料で見ることができるということになります。

日経テレコンが無料で使える証券会社を紹介します。

日経テレコンが無料で使える証券会社

・楽天証券
・丸三証券
・大和証券

現在3つの証券会社の口座を持っている人は日経テレコンを無料で使用することができます。

いずれの証券会社日経テレコンを無料で活用することができます。また証券会社の口座開設料金も無料です。月額を支払う日経テレコンと異なるのは、閲覧期間が過去3日分ということのみです。

新聞は買った日にしか見ないということであれば閲覧期間はあまり気になりませんよね。

日経新聞を無料で読むための口座開設でおすすめの証券会社は?

おすすめの証券会社は、丸三証券です。

なぜおすすめかといえば、他の2社では以下の制限があるためです。

楽天証券では、パソコンでの閲覧では入金金額などの諸条件が発生します。一方スマホでは、スマホアプリiSPEEDがあれば無料で使えます。

また、大和証券はダイワの「eメンバー」サービスに加入しないと口座管理費用がかかります(サービスに加入すれば無料です)。加入忘れのリスクがありますね。

こういったうっかりというリスクを避けることができるのが、丸三証券だからということです。

楽天証券もスマホ利用ということであれば無料なのでどちらかであなた自身の環境に合わせてご利用ください。




日経新聞がコンビニで売っていない場合に無料で読む方法まとめ

日経新聞がコンビニで買えない場合は特にネットで見ることのできる日経テレコンは重宝しますね。紙で見ることになれている人でも日経電子版とは違いますが、世の中はネットでの閲覧に変わっていっています。

証券会社の口座開設といっても無料で開設できます。地方に配属になった社会人には朗報ではないでしょうか?

コンビニで売っていないことで日経新聞がタダで読むことができる方法に気が付くことができたのです。便利な時代になったものだと感じますね。

新築時の火災保険加入のタイミングはいつから?節約金額が衝撃!
新築時の火災保険加入のタイミングはいつから?節約金額が衝撃!

新築時の火災保険加入のタイミングはいつから?節約金額が衝撃!

新築住宅に限らず、あなたがやっとのことで手に入れようとしている我が家は大切ですよね。

今、仕事を苦労しながらもなんとか勤務し、ようやく信用が得られたあなたが、奥様に薦められて手に入れた新築の我が家。

新築で家を持つことはかなりの決断が必要だったことでしょう!

かなりの年数をローン返済に充てる覚悟を決めたあなたは充実感とともに、不安な気持ちも抱えていることでしょうね。

そんな大切な我が家に住む前に気になるのが火災保険をどうするかですね?

新築の家を購入することに比べたら、事務作業のように考えてしまいがちな火災保険ですが、後で考えると結構な金額になってくる大事な選択を迫られています。

大切な我が家を火災で失ってしまうなんていう最悪なことは考えたくはないものですが、万が一のリスクとして火災保険の加入は考えますよね。

でも、火災保険を考えた時に、ふと気になるのは、「いつから火災保険って加入するのかな?タイミングってあるのかな?」ということです。

賃貸住宅の時は契約時に2年単位で自動的に契約となるケースが多いと思いますが、今回はあなた自身の家

自分の家なので火災保険を選ぶのもあなたになります

だからこそタイミングやいつから加入するかなどの火災保険の基礎を知っておきたいですね。

また、火災保険は生命保険や自動車保険と同じように比較することができます

不動産屋さんなどの言いなりで加入するのと比較するのでは金額に大きな差がつくこともある世界です。

数千万円の買い物中での20万円のコスト削減

これって小さいですか?

新入社員の月給レベルの金額がコスト削減できるかもしれないのです。

少しだけ火災保険について考えることで節約してみませんか?

新築時の火災保険加入のタイミングやいつから加入するの?

新築住宅の火災保険のタイミングについてですが、一般的に

新しく住む家の引き渡しの2か月前から1週間前くらい

と考えておきましょう

一般的にですので、引き渡しする直前での加入でも大丈夫です。

ただ、あわただしいですし、引き渡しを受けた後に火災に巻き込まれた場合は、あなたの責任になります。

万が一のリスクを避けるのであれば直前はいくらなんでも避けましょう

火災保険加入のタイミングはどうなの?

新築時によくあるパターンとしては、住宅ローンを組む時に、あわせて火災保険を薦めてくるケースがありますね。

まとめてで火災保険を契約できるという手軽さは良い反面、中身を吟味することなく提携先の保険会社で火災保険に加入することになります。

良心的な契約なのかもしれませんが、比較しないことで金額面で損をするかもしれませんよ。

前もってそういう意識がないと自分の経験からも、考える間もなく契約に進んでいってしまうと思います。

そう考えると少しでも早く価格を知っておくというのがベストですね。

今は世の中が便利になりましたのでネットで火災保険の見積もりをとることができる時代になっています。

有効に活用したいですね。

火災保険の見積もりでどれくらい節約できるの?気軽にできるの?

ネットで3分程度の時間で入力でき、

最大12社の見積もりをとることが可能です。

新築、中古や住む地域などを選択し、補償内容を選んでいくことになります

上のような簡単な流れで見積もりをとることができます。

物件内容を入力後、代理店から内容の確認が入りますが、そこで補償内容などの確認をとることができますし、最大12社の中から最適なものを選ぶことができるのであれば、ここで詳しくヒアリングしたいものですね。

建物の価格と、どの補償をつけるかだけで決まります。

比較することで20万円程度のコスト削減できるのであれば、これは仕事ですよ。

代理店からの確認などが面倒に感じるかもしれませんが、ある意味1時間の時間がかかるのであれば、時給20万円の仕事と考えることができますね。

住宅の金額でマヒした金銭感覚を元に戻しましょう!

20万円程度のコスト削減ができたら相当すごいですよ!

新築住宅の火災保険加入タイミングはいつ?加入するなら節約したいのまとめ

新築の住宅を手に入れることとなったあなたは新しい我が家に期待と不安が入り混じっていると思います。

新しい家に住むことのできる期待と引っ越しなどの手続きが迫っており、時間の余裕がない状態になっていることでしょう。

ここでひと手間かけることで火災保険のコストを下げることのできるチャンスがあるのです。

手軽に3分で入力

火災保険はどこかで加入するものです。

どうせ加入するのなら浮いたお金でおいしものでも食べませんか?

カンドゥー幕張のクーポン・割引券でお得に予約しよう!
カンドゥー幕張のクーポン・割引券でお得に予約しよう!

カンドゥーのクーポン・割引券でお得に予約しよう!

カンドゥー幕張に行こうと思っているところで少しでも料金をお得にしたいと思いますよね。

カンドゥー幕張に実際に割引券を使って行ってみました。

割引券を使うと、大人1名、子供2名で4,000円安くすることができますよ

では、割引券はどこで手に入れればよいのでしょうか?

まとめていきますね。

カンドゥー幕張の割引券を手に入れる方法

カンドゥー幕張の割引券を手に入れるには、「デイリープラス」というサービスを使う必要があります。

ちょっと待ってください。

サービスと言っても無料で使うことができますので安心してください。

※初回無料なので一度利用したことがある人は月額がかかるのでご注意ください。

仮に初回でなくても540円なので入会後、解約をすれば十分元をとることができますね。

登録後にサービスを申し込み、割引券として使う証拠を印刷します。

印刷したものがこれです。

こちらをカンドゥーの入場券を買う際に持参する必要があります。忘れると割引を受けることができません。

割引券予約方法

通常はWEB予約できるのですが、この割引券は電話予約となります。

そして割引券を使えるのが、2部のみとなります

並ぶ順番もWEB予約はAグループと言って最初にならぶことができますが、電話予約はその後になりますので注意してください。

割引額があるので、そこは我慢ですかね。

カンドゥー割引券の割引額情報

大人1名、子供2名で通常料金10,300円のところを6,300円で入場することができます。

ここには金券1,500円分がないので、2,500円引きと言えますが、金券を使う必要のない人からすれば4,000円引きで入ることができるのでかなりお得です。

カンドゥー幕張の割引券まとめ

カンドゥー幕張を割引して入りたいならデイリープラスを活用してください。

こちらを活用すれば初回なら無料ですし、仮に初回でなくても十分元をとることができます。

もちろん不要となれば解約はネット上でできます

余計な勧誘などもこないので安心です。

サービスの提供元はベネフィットワンという上場企業で仲介しているのがヤフーですのでともに上場企業という安心感です。

実際に使ってみましたが、割引額で入ることができました。

これは使わないと損ですね。

ドコモから格安スマホに端末維持で乗り換える場合どうする?
ドコモから格安スマホに端末維持で乗り換える場合どうする?

ドコモから格安スマホに端末維持で乗り換える場合どうする?

iPhonexが発売されて話題になり、iPhonese2が発売されると発表されるとまた話題になるということをスマホの業界では繰り返しています。

スマホを持っている中でも、ドコモユーザーのあなたは携帯料金についてやや高いのではないか、と疑問を持ち始めていることから格安スマホに切り替えたらどうなるのだろうと考えていることだと思います。

格安スマホに切り替えるにしても、せっかく買った持っている自分のスマホってそのまま使えないのかな?と疑問に思ったのではないでしょうか?

iphoneが出るたびに思うのは、いわゆるキャリアでスマホを契約しているのがばかばかしいな、と思っている人が多いと予想されるからです。

でも、格安スマホってなんだかわからないし、難しそう、と感じてしまいます。

料金プランがいろいろあるし、会社もたくさんあるし、どれがいいのかわからないというあなたの声にこたえるためにドコモから格安スマホに持っている端末を維持しながら安くする方法をまとめてみました。

どんなことが必要なのかを知ることで対象方法が見えてくると思います。




ドコモから格安スマホに切り替える前に確認すべき点

確認した方がよい点

■ドコモポイントの残高はいくらあるか

ドコモポイントがある場合で解約などが後程発生する場合やdカードやdポイントカードがない場合は、せっかく貯めたポイントが無駄になる可能性があります

注意してください

節約するはずがもったいないことをしてしまいます

■SIMロックの解除の必要性(スマホ端末を持っているケース)

これは後程述べていきます

ドコモから格安スマホに乗り換える方法

ドコモから格安スマホに切り替えるときには
①MNP

②ドコモを解約し、新しい番号で格安スマホを契約

MNPの場合は、今まで使っていた電話番号をそのまま使うことができます。

MNPしない場合は新しい番号を使うことになります。この場合は転出手数料の2,000円はかかりません

■ MNPでドコモから格安スマホに切り替える

MNPをする場合は、ドコモからMNP予約番号をもらいます

違約金がどれだけ発生するかも確認しましょう(2年ごとの更新に該当するかどうかで大きくかわります)

違約金は1万円程度はかかると思ってください。

■ SIMロックの解除の必要性は?

SIMロック解除 : 不要

ドコモ系格安スマホは使用可能

SIMロック解除 : 必要

au系格安スマホが使用可能に

※ドコモのスマホの購入や機種変から100日

経過するとSIMロックの解除が出来ます

一括で支払う場合は購入日からSIMロックの解除可能です

SIMロックはマイドコモで無料で解除可能です

■ MNP予約番号の取得

MNPで切り替えるには、ドコモでMNP予約番号をもらう必要があります

MNP予約番号を使えば、同じ電話番号を格安SIMで引き続き使うことができます。新しい電話番号でも良い場合は、MNP予約番号をもらう必要はありません。

MNP予約番号の取得 : 電話、ドコモショップ、ネットからできます

■ 格安スマホで申し込むもの

音声通話機能つきの格安SIM
(通話SIM/音声通話SIM)
を選択してください

ドコモのスマホを持っていることが前提なのでスマホを買う必要はありません

今持っているドコモのスマホで格安SIMを使うことができます。

ドコモのスマホはドコモ系の格安SIMで使うことができます。

ドコモ系格安SIMをどう選ぶ?

ドコモ系の格安SIMを選ぶ場合はどうしたらよいのでしょうか?

ドコモ系の格安SIM会社を見て自分のスタイルにあった会を選んでくださいね

いずれにしても平日の昼などは回線が混み合うことを覚悟する必要がありそうです




格安スマホ(格安SIM)に申し込む時にどうする?

格安SIM申し込みに必要なもの

・クレジットカード(本人名義)を用意
・MNP予約番号を取得
・本人確認書類を用意

手続き後にスマホからSIMカードを取り出して格安SIMに入れてください

格安SIMに切り替えることでドコモは解約となります

手続きはそれ以上不要です

ドコモから格安スマホに切り替える方法まとめ

ドコモのスマホを持っているけど格安スマホに切り替えることを躊躇しているあなたに伝えたいのは、以外に簡単ということです。

今、ドコモでスマホを持っているなら、ドコモ系の格安スマホの会社に申し込むだけで使うことができます

圧倒的に安く済みそうですね

ただし、安くなる代わりにみんなが使う時間帯は速度が遅くなることはやむを得ないですね。

みんなと異なる時間帯で利用する人ならば間違いなく、格安SIMで決まりと言えそうです。