カテゴリー:カープ選手の記事一覧

子育ての悩みは受験まで!慶大卒カープファンのブログ

子育ての悩みを受験までを慶大卒のカープファンが説明します。

カテゴリー:カープ選手
カープ黒田の座右の銘「耐雪梅花麗」の意味は?支えた嫁・家族の力
カープ黒田の座右の銘「耐雪梅花麗」の意味は?支えた嫁・家族の力

元カープ黒田の座右の銘「耐雪梅花麗」の意味は?支えた嫁・家族の力

カープを引退した黒田博樹が現役時に掲げた座右の銘は「耐雪梅花麗」です。男気復帰した黒田のおかげでかなり有名になりました。日米200勝を達成し、メジャーの21億円オファーを蹴った男が引退時にカープで優勝を飾るというなんともできすぎた話となった感動のストーリーは今でも鮮明な記憶として残っています。

200勝達成時には、新井さんが2000本安打を達成した時と同じように選手全員がTシャツを着ていました。そのTシャツに書いてあった文字が
耐雪梅花麗で黒田の座湯の銘でしたね。

では、そんな黒田の座右の銘の意味について調べてみました。




元カープ黒田の座右の銘「耐雪梅花麗」の意味

意味は、苦労なくして栄光なし

これが一番手っ取り早く説明する言葉かな、と思います。これは、まさに黒田投手の人生そのものですね。

上宮高校の2番手投手から始まり、順風満帆な野球人生ではなかったですもんね。苦労に苦労をかさねてやっと達成できた記録です。

西郷隆盛が甥の市来政直に詠んで送った漢詩の一節で、詳しい意味は以下の通りです。

梅の花は、冬の雪や厳しい寒さを耐え忍ぶからこそ、初春に美しい花を咲かせ、かぐわしい香りを発する。

苦難や試練を耐えて乗り越えれば、大きく見事な成長が待っているというたとえ。

大成するには忍耐が不可欠だということ。

また、この事実を知れば楽なやり方・生き方などできない。

こういう意味です。西郷さんの言葉だったんですね。

まさかあの黒田さんが10失点@由宇

確実に新井さんの仕返しですね。悪い意味ではなく、愛情がこもっています。

そして、200勝を達成した黒田もついに引退ということになりました。

カープ黒田博樹の引退

カープ黒田博樹がついに引退してしまいますね。カープ優勝実現のためにカープ復帰をした黒田博樹。その家族が優勝を支えてくれたんですね。

カープ黒田博樹の最終登板は日本シリーズでした。


そんなカープ黒田博樹のプロフィールを振りかえっていきましょう。

耐雪梅花麗を座右の銘とする黒田博樹のプロフィール

項目 内容
名前 黒田博樹
出身地 大阪市住之江区
生年月日 1975年2月10日
年齢 43歳
身長 185㎝

1996年 ドラフト2位(逆指名)

初出場
NPB / 1997年4月25日
MLB / 2008年4月4日

年俸
6億円+出来高

父・黒田一博は元プロ野球選手

上宮高から東都の専修大学へ進学し、チームは4年生春から東都大学1部リーグに昇格。1996年、ドラフト逆指名2位で広島東洋カープに入団

背番号は15。

上宮高校時代も3番手の補欠ピッチャー、専修大学時代も大きな話題を呼ぶピッチャーでなかったです。

カープのスカウトの素材を見抜く力はすごいですね。まさかここまで大きくなるとは思っていなかったでしょうが。

座右の銘:耐雪梅花麗

まさに黒田博樹の人生ですね。
耐えて苦しんだ先に栄光がある。
最後はカープ優勝。

そして日本一へ!

カープ黒田博樹を支えた家族

黒田博樹投手の嫁さんの名前: 黒田雅代さん

黒田博樹選手よりも一歳年上です。

黒田博樹の子供は2人。いずれも女の子です。合計4人家族ですね。

家族はロサンゼルスに住んでいるので直接広島で黒田博樹を支えたわけではないですが、ロサンゼルスから送り出し、精神的な支えになったことは間違いないでしょう。

カープ黒田座右の銘と人生まとめ

黒田博樹のヤンキース時代のツーシームはすごいです。ついにカープ黒田博樹が引退し、連覇を達成しました。黒田の引退後も投手には黒田の考え方が根付いた証拠でしょう。

黒田の座右の銘。カープファンには永久欠番の15と同様に心に刻み込まれるものとなるでしょう。

カープの高橋昴也の現状と成績!未来のエース好投に期待!
カープの高橋昴也の現状と成績!未来のエース好投に期待!

カープの高橋昴也の現状と成績!未来のエース好投に期待

カープの高橋昴也が開幕ローテ入りを確実にし、4月4日のヤクルト戦でデビューするです。先発投手で貴重な左腕として期待される高橋昴也ですが、過去には怪我や故障に苦しめられた経緯があります。

そんな故障に苦しんだ未来のカープエース候補の高橋昴也の成績と現状をまとめていきますね。

カープドラフト2位で獲得できた高校BIG4の一人である高橋昴也に期待してしまいます。




カープ高橋昴也のプロフィール

項目 内容
名前 高橋 昴也(たかはし こうや)
生年月日 1989年9月27日
年齢 19歳
出身地 埼玉県久喜市
身長 181㎝
体重 87㎏

左投左打の投手 として2016年にカープのドラフト2位として入団しました。

年棒は600万円(2017年)です。

小学校3年から野球を始め、久喜市立栗橋東中学校時代に所属した久喜シニアで3年春に関東大会に出場したこともあります。特に有名となったのは、花咲徳栄高校で、2年、3年と甲子園に出場したことですね。

当時の寺島成輝・藤平尚真とあわせ「高校ビッグ3」と言われていました。そこに今井達也が加わって高校BIG4となりました。

そんな高校BIG4の中でカープ高橋昴也以外はドラフト1位で入団していきました。元々は高校BIG3だったはずの高橋昴也がドラフト2位まで残っていたのが不思議ですね。

そんな高橋昴也がドラフト2位まで残っていたのは怪我や故障といったものに悩まされた実態があったからです。では、カープ高橋昴也はどんな状態だったのでしょうか?

カープ高橋昴也の故障と原因不明の不調からの復活

カープ高橋昴也は期待の左腕として開幕ローテ入りを果たしました。

しかし、高校時代のBIG3といわれた高橋昴也は、2016年のセンバツ大会では、花咲徳栄高校の本格派左腕として注目される投手でした。内容は、140キロ台の速球とキレのあるスライダーとフォークを駆使するドラフト候補として扱われていました。

しかし、その後高橋昴也は苦しみます。

ストレートの球速は120キロから130キロ台前半で、動きにキレがなく、ストレートだけでなく、変化球も苦しい状態に陥りました。

さらに高橋昴也は背筋痛を発症したことから春の県大会の登板を回避するなどもはやドラフトどころかではない状態になっていました。

そんな絶望的な状態から復活した高橋昴也は、ストレートは自己最速の152キロまで出せるようになり、甲子園ではやや調子を落としたものの、侍ジャパンU-18代表にも選出されるなど不調時からは想像もできないような状態まで持ってくることができました。

その後ドラフト2位でカープに指名され、昨年は2軍で実績を残しました。

カープ高橋昴也の成績と現状は?

2軍での登板数は7試合で、2勝。28イニングを投げ、防御率1.29と抜群の成績を上げました。

特に期待の表れからか、2軍の優勝決定戦で登板し、見事勝ちにつなげる投球をしました。その時の捕手は、坂倉将吾です。こちらもカープの将来が期待される逸材ですね。

1軍での成績はありませんが、オープン戦での好投が光り、見事九里との開幕ローテ争いを制し、ローテ入りを果たしました。

1軍での戦いは始まったばかりですが、カープ1軍の左腕はジョンソンくらいですので、とても貴重な戦力として期待します。特に19歳と若いので、伸びしろも大きいですし、長い期間カープを支えてくれる投手となることでしょう。




カープ高橋昴也への現状と成績まとめ

カープ高橋昴也はカープの未来のエースを予感させる貴重な左腕です。背番号34の未来のエース高橋昴也は、昔のカープ投手王国を支えた川口のような存在になるのでしょうか?

カープの背番号34といえば、左腕というイメージのある番号です。

高校時代に故障があり、復活を果たした高橋昴也は、カープスカウトが鍛えられた太ももを見て、成長を確信した逸材です。高校BIG4の中で他球団が獲得に消極的になっている状態でドラフト2位で獲得できたのはとても幸運でした。

未来のカープのエースの1軍での開幕が楽しみで仕方ありませんね。

カープの丸佳浩のFA流出の可能性は?黄金期崩壊の分岐点に!
カープの丸佳浩のFA流出の可能性は?黄金期崩壊の分岐点に!

カープの丸佳浩のFA流出の可能性は?黄金期崩壊の分岐点に!

カープの連覇に大きく貢献した丸佳浩といえば、カープファンだけでなくとも知るほどの知名度を誇ります。そして走行守の能力がバランスよく高いカープの丸はどこの球団もほしがる選手です。

2018年の3連覇をかけたカープのペナントレースの中でもとても重要な役割を果たすのが、丸佳浩選手と思います。そんな中カープファンが気になっているのが、FAでの移籍という問題です。

過去、FAという制度に苦しめられてきたカープという球団なので、一流選手がFA権利を取得する時は流出も覚悟する癖がついています。最近ではFAで流出と言っても大竹が巨人に移籍し、代わりに一岡が加入というどちらかというと結果オーライな状態でした。

カープのセンターラインの重要な役割を果たす丸佳浩選手は、FAをいつ獲得し、他球団に流出する可能性はあるのかどうかを個人的に分析してみたいと思います。




カープの丸佳浩がFA権を獲得するのはいつ?

カープの丸佳浩選手がFA権利を獲得するのは、2018年中の予定です。

同時にカープでは松山竜平選手もFA権を獲得します。

通常通りに活躍すれば、来期は丸がFA権を獲得することは間違いないでしょうから、気は早いですが、来期の丸のFA権行使の時期はかなり気になります。

では、カープの丸佳浩選手がFAする可能性をコメントする前に現在の丸佳浩選手の状況を確認していきましょう。

カープの丸佳浩選手のプロフィール

項目 内容
名前 丸佳浩(まる よしひろ)
生年月日 1989年4月11日
年齢 28歳
出身地 千葉県勝浦市
身長 177㎝
体重 90㎏

右投左打の外野手(センター)としてカープになくてはならない存在です。

2007年の高校生ドラフト3巡目で指名し、2018年の年俸は2億1,000万円となりました。打順は主に3番を務めており、守備だけでなく、打撃の要でもあります。

そんな丸佳浩選手は、小学3年からソフトボールを始めたことが野球への入口となりました。勝浦市立勝浦中学校時代は軟式野球で投手と遊撃手を兼任するなどこの時期でも二刀流として器用な選手として活躍していました。

高校は千葉経済大学附属高等学校に進学し、2006年の夏の甲子園では、2年生ながら「3番・ライト」として出場し、1回戦で沖縄県立八重山商工高等学校と対戦しました。結果は、延長戦で敗れてしまい残念な結果となりました。

高校3年の時には、肩と精神面の強さを買われて投手に転向し、エースとなりました。一方で、打撃力も高く、高校通算49本塁打とホームランも放つ力を見せていました。

そんな丸佳浩選手の能力を投手でなく、打者としての能力を認め、カープが3巡目指名。契約金4,000万円、年俸500万円(推定)で契約し、背番号は「63」となりました。

背番号63はカープファンなら知っている出世番号ですね。丸の次は田中広輔です。いずれも一桁の背番号とレギュラーへと進んでいますね。

では、カープの丸佳浩選手がFA宣言をするかどうかについて考えていきましょう。

カープの丸佳浩選手がFA宣言するかどうかについて考える

カープの丸佳浩選手がFA宣言するかどうかについて考える際にまず需要なのは、現在の心境ですね。2017年シーズン終了時点での心境は以下の通りです。

一番近い目標はもちろん日本一。しかし最大の目標は黄金時代を築くこと。その中心に自分がいられたら最高だと思う。

このように丸佳浩選手は心境を語っています。

この心境が続く限り、FA宣言をするようには思えませんね。ひとまず安心したいです。

では、心境は別としてFA宣言するかもしれない要素について考えていきたいと思います。

FA宣言の理由1:年棒

カープ丸佳浩選手の年棒は2億1,000万円とチーム内日本人では菊池選手を抜いて1位となりました。

カープの中では大切な位置づけとしての待遇となっています。7,000万円増での更新となり、球団としてはFA権を意識しての年棒提示となりました。

カープ内での金銭面では、全く問題ないのですが、他球団での年棒と比べられてしまうと強気でいることはできませんね。

ソフトバンクや巨人が手を上げようものなら4年14億などといった提示をしてきそうなレベルの選手です。

カープが来季提示するとして3年9億を提示できるのであれば、大きな差はないでしょうが、現状と比較すると黄金期を形成したい意識はあっても不安になります。

でも、丸を引き留めるための金額を今のカープなら提示できると信じているのでFAの理由としては弱そうです。

FA宣言の理由2:優勝争いができるチームでのプレイ

優勝争いができるチームでのプレイといえば、連覇しているカープが最も近い球団となります。ここについては問題なさそうです。仮に2018年シーズンにおおきくこけるようなことがあれば話は違ってくるでしょう。

心配する材料ではないですね。

この理由は、過去の暗黒期のカープ流出理由であげられたものですね。

FA宣言の理由3:家族のため

カープの丸佳浩選手は、2012年に結婚しており、子供もいます。丸選手の嫁は幼なじみで本当にご近所さんです。

丸佳浩選手が嫁の意見を重視し、地元千葉に戻りたいという考えが出てくれば話はかなり変わってきます。最近では、河田、石井コーチが家族のために戻るという決断をしました。こればかりは、選手の人生にかかってくる問題です。

家族を理由にFA宣言となると金額の問題ではないので厳しいですね。

二人とも千葉県出身。となると関東の球団が候補になりますね。

巨人やヤクルト、DeNA、西武、ロッテとなりますが、資金面では巨人ですし、地元であればロッテという選択肢になりますね。

丸選手個人の問題では、昔は巨人ファンであったこと。

巨人もロッテも優勝が狙えるチームであることには変わりありません。地元に近いことで、金銭面がかわらないのであれば、まさかの移籍もありうるのではないとかいう心配がありますね。




カープの丸佳浩のFA流出の可能性まとめ

カープの丸佳浩選手のFA権利取得は2018年です。3連覇を目指すシーズン終了とともに他球団への移籍という問題が発生します。

2017年のシーズン終了後の心境では、黄金期を作れるチームでプレイしたいということですが、普通に考えてシーズン終了後に他球団を考えていますというコメントをする選手は少ないと思います。

年棒も2億1000万円とうことで会見では笑顔がなかったということからも他球団の年棒と地元愛を比較した時に心が揺れ動く可能性もありそうです。

優勝争いをできるチームに在籍するということであれば2018年シーズンをしっかりこなすことができれば複数年契約を避けることで1年間様子見ということもあるかもしれません。

黄金期到来かと思われたカープですが、FAという問題に直面し、それを乗り越えることができるかという伝統的な問題にまた戻ってきましたね。

黒田のような男気発動が行われるかどうかですが、地元との戦いはやや厳しいものがありそうです。

もし、FAすることとなったら、カープとペナントでは戦うことのないロッテでお願いします。

でも、できれば残留してカープの黄金期を形成してください。丸が出ていったら菊池など次々に流出していきそうで怖いです。

広島カープ菊池涼介の守備はメジャー級!破天荒な守備が衝撃
広島カープ菊池涼介の守備はメジャー級!破天荒な守備が衝撃

広島カープ菊池涼介の守備はメジャー級!高校時代の守備

みなさんカープ好きのかたのんです。

カープ好きのみなさんはもちろん知っている菊池涼介選手ですが、そうでない人も知っているであろうというくらいWBCの守備では話題になりました。その破天荒な守備の動画も紹介するのでお見逃しなく

WBCでの華麗な守備を見て、メジャー選手も驚愕

グラブさばきがうまく、忍者の表現がふさわしいカープが誇る2番打者が菊池涼介選手です。そんな菊池涼介選手の守備が気になったあなたは、侍ジャパンを見て、菊池涼介選手の守備ってすごいな、と思った人もいるのではないでしょうか?

また、ペナントレースが始まり、菊池涼介のスーパープレーに魅了されたことで調べたくなった人もいることでしょうね。

そんな守備の達人である広島東洋カープの菊池涼介選手の守備についてまとめていきます。




メジャー絶賛の守備力・守備範囲を誇る菊池涼介選手のプロフィール

項目 内容
名前 菊池涼介
出身 東京都東大和市
生年月日 1990年3月11日
年齢 27歳
身長 171㎝
体重 72㎏
年棒 1億9000万円(2018年)
大学 中京学院大学

2011年ドラフト2位で広島カープに入団。

背番号は33

元カープの4番の江藤が付けていた番号へのこだわりがあり、成績は残しているものの、一桁の背番号でなく「33」を背負っています。

主なタイトルは2016年に最多安打を誇り、守備のスペシャリストに与えられるゴールデングラブ賞を2013年から当然ごとく4年連続受賞しています。もはや菊池が受賞するためにあるような賞と感じてしまいます。

2年連続トリプルスリーをとったヤクルトの山田哲人もセカンドだが、菊池の守備能力の高さにはかなわない。

菊池涼介選手の守備能力の高さは説明するよりも見てもらった方がわかると思いますよ!

見てください

これがWBCで見せた守備のスペシャリスト菊池涼介が繰り広げた忍者のようなプレーです

どうぞ!!

見てもらえましたか?

すごいですね。もはや守備範囲が通常では説明しきれないレベルです。野球をよく知らない人が見ても、すごいとわかる芸術レベルの守備ですね。カープファンの自分だからこそ、よく見えるというのもありますが、やはり守備の評価は抜群です。

実際は守備だけでなく、意外なところでホームランを打ったり、先程さらっと説明した最多安打をうつなど、バッティングレベルも高いですよ。でも守備能力があまりに高いので隠れてしまいますね。

では、メジャーではどんな評価なのでしょうか?

菊池涼介「エリア33」と評されるメジャー絶賛の守備範囲

エリア33という表現を聞くといかにもアメリカという感じがする表現ですね。

「エリア51」という表現は耳にしたことがありますよね。アメリカ軍の基地の名称のことですね。

「エリア51」というのは、野球の世界では、イチロー選手の守備範囲に敬意を表して、セーフコフィールド(本拠地)のライト付近が「エリア51」と呼ばれていました。イチロー選手の背番号「51」と「エリア51」を掛けることで、セーフコフィールドのライト=「エリア51」と呼ばれるようになったようです。

イチロー選手と同様に広島カープの菊池涼介の守備範囲が広すぎることからセカンド付近を「エリア33」と呼ぶ人が増えてきました。

■「エリア33」の範囲

範囲:センター、ライトの前方から一、二塁間

ずいぶんと広い範囲ですね。通常だとヒットになるあたりもアウトにしてしまうことから何度もカープは菊池の守備に助けられてきました。侍ジャパンのような代表選でも日本の勝利のためにきっと素晴らしい守備を見せてくれることでしょうね。

メジャー絶賛の菊池涼介の守備能力は記録でも独占

気になる菊池涼介の守備でも記録とは、「補殺トップ3」を独占です。

2013年に菊池涼介選手はプロ野球史上4人目となる年間500補殺を達成

補殺は、アウトを取るために送球を行うことを指します。

過去には、年間500捕殺を達成したのは、杉浦清選手(1948年)、鈴木武選手(1954年)、坂本文次郎選手(1955年)とずいぶん昔の選手までさかのぼらないといないような記録です。

そんな記録を2013年から3度達成しています。

もう不動の領域にまで達していて、しばらくは記録を破る選手は現れないだろうとそう信じています。

このまま衰えることなければ過去の選手を全部塗り替えてしまいそうな勢いがありますね。

メジャー公式サイトでも紹介される絶賛の菊池涼介の守備

菊池涼介選手の守備は日本だけでなく、メジャーリーグの公式サイト(MLB.com)でもとりあげられました。具体的には、2014年11月に行われた日米野球において菊池の守備が紹介されています。

広い守備範囲やグラブトスなど忍者そのものの守備内容などが対象になっており菊池涼介選手が注目されていることがよくわかるないようです。

メジャーでも評価の高い菊池涼介選手なので、やがてはメジャー挑戦するのかが気になるところですね。

メジャーお墨付きの守備力を誇る菊池涼介のメジャー挑戦はあるの?

WBCでの守備力の高さを目の当たりにしたメジャー関係者は菊池の能力の高さを当然評価することでしょう。

海外FA権を取得するのは、最短でも2019年

あと2年しかありません。

これはカープファン目線の発言ですが、2019年には年棒も上がっていることでしょうし、メジャー挑戦することになるんだろうなあ、と思うとさみしくなります。

当然FA権を行使すれば、必ずどこかの球団が獲得することとなるでしょう。それだけWBCでの守備はインパクトを残すことができたのではないでしょうか?

ファンとしてはさみしいですが、もしFAでメジャーに行ったら、黒田みたいに帰ってきてね。

33番を空けておくよ!

勝手にそう思います。

セリーグの他球団には行かないでください。メジャーでの活躍を期待しますよ。




メジャー絶賛の守備力を誇る菊池涼介選手のまとめ

広島東洋カープの2番バッターというだけでなく、日本代表のセカンドという顔も持つ菊池涼介選手はプロ野球界の宝です。

メジャー絶賛の守備力の高さは、普段観戦するカープ戦で見るプレーを見ればよくわかります。スポーツニュース内の熱盛でも紹介されますよね。

カープ戦はあまり見ることのできないというプロ野球ファンもぜひ侍ジャパンなど菊池涼介選手の守備を見る機会があったら、その動きに「注目してもらいたいです。

ちなみに小柄ですが、しつこいですが、パンチ力もありますよ。

狙ったときは結構アッパースイングしています。

打撃も見てくださいね。