カテゴリー:夏風邪の記事一覧

子育ての悩みは受験まで!慶大卒カープファンのブログ

子育ての悩みを受験までを慶大卒のカープファンが説明します。

カテゴリー:夏風邪
手足口病で大人感染したらかゆみはいつまで続くの(体験談)?
手足口病で大人感染したらかゆみはいつまで続くの(体験談)?

手足口病で大人感染したらかゆみはいつまで続くの(体験談)?

手足口病といえば、子供はかかる代表的な夏風邪です。ヘルパンギーナやプール熱など夏にあなたの子供がかかってしまう可能性のある病気です。そんな子供の夏風邪のひとつである手足口病ですが、大人はかかるものなのでしょうか?

はい、実際に私が大人で手足口病に感染してしまいました。

感染経路は子供が手足口病に感染したことによる2次感染です。

まさか自分が手足口病にかかってしまうとは、と思いました。このサイトを見ているあなたも手足口病に感染してしまったのか、または感染してしまったのかもしれないと考えている人が大半のことでしょう。

手足口病に大人で感染してしまった私が体験した病気の症状をまとめてみます。

あなたの子供が手足口病に感染してしまった場合であなた自身の体にも何かしらの症状が現れたら、手足口病を疑ってみてはいかがでしょうか?

では、手足口病に感染した場合のかゆみについてまとめていきますね。




手足口病に大人が感染した場合の症状は?

手足口病に大人がかかった場合は、どんな症状が現れるのでしょうか?実際に自分がかかった経験を踏まえて書いていきますね。手足口病は大人は重症化しやすいといわれていますし、症状も違うようなので一つの例として参考になれば幸いです。

まず、手足口病に感染した感想として、最初は風邪をひいたと思ったというのが感想です。

実際、大人が手足口病にかかると、寒気やのどの痛みなどの軽い風邪に似た症状がみられるようです。さらに発熱することがあり、大人が発熱すると約3割が40度近い高熱になります。

熱が下がるころに口の中や手足に発疹が出ます。さらに、大人の手足口病では頭痛や倦怠感、高熱が出たときのような関節の痛み、全身の筋肉痛を伴うことも多くあります。

手足口病のかゆみと発疹

手足にできる発疹も、大人の方がひどくなる場合が多いです。皮膚の炎症が子どもに比べて強く起こるためでかゆみと同時に痛みも伴います。

手や足の裏の発疹の痛みから、物を握れなくなったり、歩けなくなったりすることもあります。また、口内炎の痛みがひどく、唾液を飲みこむことすら困難になるケースもあります。

では、手足口病のかゆみはいつまで続くのでしょうか?

手足口病に大人が感染した場合かゆみはいつまで続く?

手足口病に大人が掛かった場合は、人によって異なりますが、一般的に3から4日目がピークで、1週間前後で改善していきます。

発疹によるかゆみや痛みも、出る人と出ない人がいるので、かゆみが出てしまった場合は、数日間我慢が必要となってきます。かゆみの症状は消えても、ウイルスは発症から消滅まで1か月程度かかりますので2次感染に注意してください。

手足口病に大人で感染した体験談

私自身が手足口病に感染したケースを体験談として書いていきます。

手足口病に感染した経緯は、子供が手足口病に感染したことがきっかけです。子供が体調を崩したので、そもそも子供も風邪かと思っていました。

でも、なんかいつもの風邪と違うなあと決定的に感じたのは、子供の手と足にできものができたことですね。

これを見て、風邪ではなく、これが有名な手足口病ではないかと思うほどわかりやすい症状が出てきました。病院に行った結果、やはり手足口病ということがわかりました。

そして意外に元気な子供に反して、自分の体調が急に悪化。なんか寒気がしてきた。

熱を測ると39度前後と結構きつい。

これはやばいと思い、寝ることにしました。

手足口病の大人の症状でのどに口内炎ができるということが多いですが、これも扁桃腺が弱い私は、のどがやられて高熱が出たと思っていました。

2日ほど高熱が出ていた後にのどは相変わらず痛いし、なんかスリッパはいていると「ちくちく」するんだよな、と感じながらなんとか過ごしていました。

スリッパはいて、足の裏が「ちくちく」する、ってひょっとしてと見ると、なんかできものが多数みられました。

そして、これは私も手足口病に感染しているんでは、と初めて思った瞬間でした。

手にもできものが出てきたので、間違いなく手足口病に感染したとわかった瞬間でした。

高熱が引くと普通の風邪がおさまったように問題なく生活することはできます。ただし、子供では爪がはがれるなどの現象があるということでそんな現象があるのかな、と思っていましたが私には見られませんでした。

子供からの2次感染は普通にあります。弱っていたら感染するので注意しましょう!

余談ですが、子供が感染したのは、マンションのキッズルームと思われます。遊んでいた子供が次々に感染していきました。そして周りの親たちも感染。

すごい感染力と思いながら手足口病に感染した貴重な経験を積んだのでした。




手足口病に大人が感染した場合のかゆみはいつまで続くのまとめ

手足口病に大人が感染することは普通にあります。自分自身が実際に感染してしまいました。

かゆみは出る人と出ない人があるのですが、私の場合は、耐えられないほどのかゆみはありませんでした。手足に出てきたできものは痛みを伴いましたが、どちらかというと喉がやられて、高熱が出たパターンでした。

かゆみや痛みは1週間程度でよくなるので、人にはよりますが、我慢できない場合は医師に相談しましょう。

手足口病は私の近くで流行しました。恐ろしい感染力を見ることとなりました。くれぐれも子供の看病で2次感染しないように気を付けてください。

といってもまさかあなた自身もかかるとは思いませんよね。看病や子育てで疲れているあなたは十分にかかってしまう可能性がありますよ。体はお大事に!

ヘルパンギーナの出席停止期間は保育園・小学校で違うの?
ヘルパンギーナの出席停止期間は保育園・小学校で違うの?

ヘルパンギーナの出席停止期間は保育園・小学校で違うの?

ヘルパンギーナといえば代表的な夏風邪のひとつですね。あなたの大事なお子さんが夏風邪のヘルパンギーナにかかってしまい、早く治ってほしいと思うと同時に少し冷静になると、保育園や幼稚園、小学校の休みの期間ってあるんだっけ?という疑問がわいてきませんでしたか?

夏風邪は、手足口病やプール熱に加えてヘルパンギーナの3つが代表的な夏風邪といわれます。ヘルパンギーナに子供がかかってしまった
あなたが気にするのは、保育園や小学校の出席停止期間でしょう。

結論から言えば、ヘルパンギーナにかかった場合の出席停止期間は定められていません。

強制的に休む必要はないということです。ただし、幼稚園などによっては決まりが個別であったりすることもあるのでその際は個別の対応をしてくださいね。

では、強制ではないものの、どれくらい休んだ方がよいかという目安を知っておくことは知っておきたいですね。




ヘルパンギーナの症状は?

ヘルパンギーナは、毎年6月から8月にかけて流行します。

こんな暑い時期に風邪にかかるのと思いますが、小さいお子さんは結構かかります。集団生活で感染するのは怖いですね。
集団だからこそかかってしまうのです。

ヘルパンギーナの特徴は突然の高熱に特徴があります。

40℃前後の高熱があった場合で口の中に水泡などができているようであればヘルパンギーナを疑った方がよいでしょう

画像でいうと下のような症状が代表的です。

正確な判断は医者に任せる必要はありますが、初期対応として知っておいたほうがよいですね。

具体的な特徴は医師監修のHPを参照してくださいね。

では、不幸にしてあなたの子供がヘルパンギーナにかかってしまった場合は、自然治癒できるようにしましょう。

医師の判断は必要ですが、自然治癒に必要な安静にするということが大切になってきますね。

ではヘルパンギーナにかかった場合の休む目安はどうなのでしょうか?

ヘルパンギーナで実際に休む期間はどれくらい?

ヘルパンギーナにかかった場合の出席停止期間はないことは冒頭でお話しました。

休む期間は、あなたの子供の症状が回復したら出席するというのが、一番ですね。

特に弱った状態で保育園や小学校に通うのは、周りの生徒も嫌ですし、あなたの子供の治りも悪くなることでしょう。

発熱が終わってから2日間程度休んだという声が多いですね。




ヘルパンギーナの出席停止期間まとめ

毎年流行するヘルパンギーナ。一度かかって名前を知らなければよくわからない名前の病気ですね。

なんで夏にこんな症状になってしまうのか、と思いますよね。ヘルパンギーナの出席停止期間はないですが、熱がおさまってから学校に行くと考えると1週間程度は休むことになるかもしれませんね。

夏にかかる風邪は治りにくいですので特に注意したいですね。

夏風邪で子供の高熱が下がらない場合はどうしたらよいの?
夏風邪で子供の高熱が下がらない場合はどうしたらよいの?

夏風邪で子供の高熱が下がらない場合はどうしたらよいの?

夏風邪をひいてしまった子供は心配で仕方がないですね。子供が夏風邪で高熱となってしまったら気が気ではないと思います。夏風邪にもヘルパンギーナだったり、手足口病だたり、プール熱だたりといろんなタイプの病気があります。どんな病気か診断する前に子供が夜熱を出していたらなんとかしたいと考えますね。

高熱が続いていて、熱が下がらない場合にどうしたらよいのでしょうか?

ただでさえ長引きやすい夏風邪に加えて高熱がある場合の対処法について書いていきます。




夏風邪で高熱が下がらない場合どうしたらよいのか?

夏風邪でも高熱の場合は、病院に行って医師の診断を受けることが大切です。

高熱となると夏風邪ではない可能性もありますので緊急性のあるものかを確認する必要があるでしょう。

医師の判断により、緊急性を要するものではないということであれば安静にしていれば容体はよいほうに向かっていくことでしょう。

高熱の場合に医師から受け取る薬では解熱剤が考えられます。

本当に高熱で苦しそうな場合のみに解熱剤は使用するように言われるので、極力使用は避けたいですね。

医師の判断あってですが、安静にしていることが一番です。

では、子供を安静にしている際に注意すべき項目はなんでしょうか?

安静にしている子供のために必要なことは何?

夏風邪を治す為に注意すべき点は以下の点です。

■エアコンで部屋を冷やしすぎることで
寝冷えすることを避ける

■発熱が長い場合や頭痛、嘔吐がある
場合は髄膜炎や脳炎にかかる可能性が あるので注意する必要がある

詳しくは病院のHP参照(こちらをクリック

乳児や幼児が夏風邪になった場合はどうすればよいの?

乳児や幼児は免疫力がまだ完成していないのでウィルスや細菌を弱らせることが得意ではありません。

熱が上がったり、下がったりするのは乳幼児では風邪の特徴として上げられますが、初めて子供を持つ親には心配でたまりませんよね。

ぶり返しているわけではないのでその点は安心してくださいね。

ただ、明らかに乳幼児の機嫌がよい場合に限ります。

どんどん高熱になった場合は、医師の判断がやはり必要です。

不安であれば、高熱になる前に医師の判断を仰ぐべきですよね。




夏風邪をひいた子供の高熱が下がらない時のまとめ

通常の夏風邪であれば、安静にしていることが一番大切であることは伝えました。

4日間程度、夏風邪を治すのに必要かもしれませんが、弱った体に解熱剤を与えて一時的に熱を下げるようなことは医師の判断は必要ですが、やめたほうがよさそうです。

医師もアドバイスはしますが、最終的に高熱で子供が苦しそうな時に使用してください、というアドバイスなので使ってよいかどうか迷いますよね。

どうしても高熱が続く場合は、解熱剤を使うだけでなく、再度検査した方がよいでしょう。

大病の可能性は少しでも減らすことが大切です。

いずれにしても夏風邪は長引きやすい傾向がありますので注意すべきところは注意した方がよいです。医師の判断する前の一時的な対処法に近いですが、不安を解消できるために少しでも経験が役に立てば幸いです。

夏風邪の効果的な治し方は?お子様の咳や痰の症状が気になる時
夏風邪の効果的な治し方は?お子様の咳や痰の症状が気になる時

夏風邪の効果的な治し方は?お子様の咳や痰の症状が気になる時

6月の梅雨のシーズンから夏にかけて流行することから夏風邪と呼ばれる風邪は長引くこと
が多いですね。

冬の時期の風邪に比べて治りにくいと言われる夏風邪を効果的に治したいですね。

夏風邪が治りにくいのは、原因となるウィルスがお腹の中で増えるため、体の外に排出されるまで時間がかかることが原因です。

また、夏風邪のウイルスに対する有効な治療薬がないことであったり、暑さや食欲不振から体
力や免疫力が落ちることも影響していることでしょう。

では、そんな治しにくい夏風邪を少しでも早く治すためにはどうすればよいのでしょうか?




夏風邪の原因ウィルスは何?

夏風邪は、エンテロウイルス属のエコーウイルスコクサッキーウイルスやアデノウイルスが主な原因です。

これらによりヘルパンギーナや手足口病咽頭結膜熱(プール熱)などを発症します。

ヘルパンギーナとは
ヘルパンギーナは高熱とのどにできる水ぶくれが特徴

しばらくすると水疱は破けて潰瘍になります。

のどの痛みが強く、水分を取ることができなくなってしまい脱水をきたしてしまうお子さんもいます。

年長児では発熱は軽度のこともありますが、低年齢では高熱になることが多いです。

手足口病
手足口病は、手のひら、足の裏や口の中に2~3mmぐらいの赤い発疹や水疱ができます

手足の発疹に痛みやかゆみはありませんが、口の中の水疱は痛がることがあります。

高熱は少なく、微熱程度で全身状態は良いことがほとんどです。

咽頭結膜熱
咽頭結膜熱は発熱、のどの痛み、結膜充血などが特徴

夏季にプールを介して伝染したことから日本では「プール熱」と呼ばれています。

夏風邪の治し方は?

夏かぜのウイルスを退治する有効な薬はないのが現状です。

ウイルスを退治するには、自分の免疫力を高めることが必要です。

安静にし、栄養と水分を補給。これ以上体調を崩さないように無理をしないことが大切です。一番早く治すには安静にすることがよいですね。

しかし、一般療法を実施したにも関わらず咳がひどかったり、痰がひどかったりするケースもありますよね。

そんな時は、医師の判断が必要ですが、せきを止める薬や吐き気やおう吐を止める薬整腸薬、解熱薬などを飲む必要も出てくるでしょう

ひどいケースでは、髄膜炎や心筋炎などを合併することもあるようですので、一般療法ではむずかしいと判断した場合は、医師の診察をすることをお勧めします

(参考)冬風邪と夏風邪の違い

冬にかかる風邪は「ライノウイルス」や「コロナウイルス」、「インフルエンザウイルス」などです。

寒くて乾燥した空気を好むウイルスが原因となることが大きな違いですね。

代表的な症状には、咳、鼻づまり、発熱のどの痛みなどがです。

一方、夏風邪のウイルスは、暑くて湿度の高い環境で活性化し、呼吸器だけでなく腸内でも増殖してしまうという特徴があります。




夏風邪の治し方まとめ

夏風邪の治し方については、特効薬がないことから安静にするのが一番ということですね。

夏風邪が長引く原因はウィルスの違いによるものですね。

お腹にウィルスが入ることから長引く傾向のある夏風邪ですが、小さなお子様がかかった場合は、安静にするだけでなく、早めに医師の判断を
仰ぐことが治すための一番の近道になります。

医者のHPを参考にして最終判断を行ってください。

夏風邪についてかかれている医者のHPはこちら

ちなみに大人が手足口病にかかてしまった場合どうなるかを経験を踏まえてまとめたのがこちらです。