プログラミングをおもちゃで学ぶにはボール教材が子供にはおすすめ!

プログラミングをおもちゃで学ぶにはボール教材が子供にはおすすめ!

2020年度から小学校でプログラミングが必修化されますね。IT化が進み、人工知能だとか私も含め、あなたの子供時代になかったことが教育の対象となっていきています。時代は相当変わっていることに改めて気づかされますね。

プログラミングといえば、興味はあるものの、あなた自身が学んできたことではないので、その他の科目と違い教えることができる人はかなり限られてくることでしょう。当然、現場の教師もそうなのかもしれません。

今後必修化となるプログラミングは数学と同じように初めからつまづくと取り返しがつかなくなるようなイメージが強いですね。

小学生から必修化といってもそんなに難しいことを教えるわけではないでしょうが、興味を持たないととてもつまらないものとなってしまいそうです。まだあなたの子供が小さいのであれば、おもちゃを使ってプログラミングへの抵抗感をなくすというのが、一番合理的といえるでしょう。

おもちゃの延長上にプログラミングの考え方が学べるということであればいっきにプログラミングへの抵抗感はなくなっていくこと間違いないなしです。

そんな中、プログラミングのおもちゃの中でもボールという身近な存在を使ってプログラミングをあなたの子供に身近なものと感じてもらうことはよい方向へ向かいそうです。




プログラミングの小学校必修化について

2020年度に小学校でプログラミングが必修化されることで親としては何らかの対策をしなくては、と思っているに違いありません。ただ、勘違いしてはいけないのが、プログラミングという教科ができるわけではないということです。

プログラミングは、教科でもないですし、試験を行うわけではないです。

プログラミングは、算数や理科の時間などで行うので、各学校によりどのくらいの時間を使うのかは変わってきます。

また、プログラミングときくとどうしてもプログラムを打つ難しい言語を使うようなイメージがありますが、小学校で教えるプログラミングはプログラマーを養成する授業ではないので、プログラミング言語を覚えるものではありません。

プログラムを覚えることで、物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといった、論理的に考えていく力をつけることを目的としています。

プログラミング教育は今後の社会において必要なスキルではありますが、子供が小さいうちは、学校の試験対策というよりは、今後あなたの子供が生きていくうえで必要な能力をつけていくために少しでも抵抗感をなくすということの方がよいのかもしれませんね。

プログラミングのおもちゃとして面白いボールはどんなものなの?

上の画像がプログラミングのおもちゃとして最適なボールです。

見た目もかわいいですよね。子供にも喜ばれるデザインだと思います。このプログラミングのおもちゃのボールが専用アプリとリンクすることで自由自在に走らせたり、学習したりと様々な遊び方ができます。

プログラミング学習はボールの色、スピード、進む方向のコードを入力することで学ぶことができます。プログラミング方法は3種類あり初心者から上級者まで幅広いユーザー層に対応しているので、子供が対象の初心者コースから発展していけば大人でも遊べますよ。

ただし、こういうゲーム要素のあるものであなた自身が触れたことのないプログラミングであればすぐに子供の方が覚えていくものです。

プログラミングおもちゃのボール(スフィロ ミニ)は、42mm、重さ46gのロボティックボールですごく小さいです。でも1時間のフル充電で、40分から約1時間続けて楽しむことができるというからすごいですよね。

このPR動画をみるとなんだかイメージが付いてくると思います。




子供にプログラミングをおもちゃ(ボール)で学ばせる方法まとめ

小学校で必修化されるプログラミングですが、プログラミング言語を学ぶわけではないことがわかりました。

それでも、論理的思考を学ぶことはとても大切なことです。おもちゃといえども自分で設計したことをおもちゃのボールが表現してくれることを考えれば子供は自然と興味を持つはずです。プログラミングという言語で考えるととても難しく考えてしまいそうですが、こんな簡単なことから小学校でのプログラミング対策につながるのであれば試してみたいものですね。

大人もはまってしまいそうなおもちゃですね。