ベビーベッドはレンタルがおすすめ!育てて分かった活用法!

子育て

ベビーベッドはレンタルがおすすめ!育てて分かった活用法!

赤ちゃんが生まれてから毎日があわただしい生活が続いていますよね。

かわいいあなたの赤ちゃんが少しでも笑ってくれたらこんなにうれしくなるんだ、と気づかされる毎日を送っていることでしょう。そんなあなたのかわいい赤ちゃんを育てる際に考えるのが、自分たちと同様にベッドっているんだろうか?

みんなはどうしているんだろう?周りをきにしても仕方がないけど、ベビーベッドって使うんだろうか?そんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

ベビーベッドを使うかどうか悩む中でベビーベッドはレンタルをした方が得なのではないかと思ったあなたは賢いです。

赤ちゃん用品は、かわいいからこそ何でも買ってあげたくなるのですが、すぐに大きくなるので無駄になるものが多いのも事実です。ベビーベッドは赤ちゃんにとっては一日中過ごす場所でもあるので、大切にしたい気持ちはよくわかります。

では、ベビーベッドはレンタルした方がお得なのでしょうか?またそもそもベビーベッドは必要なのでしょうか?

子育てをした経験よりまとめていきたいと思います。




ベビーベッドは購入とレンタルどちらがお得?

ベビーベッドは、購入とレンタルのどちらがお得なのでしょうか?

ベビー用品ですぐに思いつくのがベビーベッドではないでしょうか?ベビーベッドで寝ている赤ちゃんのイメージが頭に刷り込まれているのかどうしても必要なものというイメージがあります。ベビーベッドは、赤ちゃんの安全な場所を確保できるというメリットがあります。特に上に子供がいる場合は、赤ちゃんを床に敷いた布団に寝かせておくと、踏まれてしまったりする可能性があります。大切な赤ちゃんを家族が気づ付けてしまう可能性があるのです。
ベビーベッドには、一方向だけでなく、二方向から柵が開くタイプのものがあったり、横からでも足元からでも柵が開くようなものだとおむつを替える時に便利です。
床に寝かせると危険ということだけでなく、ほこりを気にする必要もありそうですね。

ベビーベッドの購入がおすすめなのは、赤ちゃんがたくさんほしいと思っている家庭で、次の赤ちゃんまで保管して置くスペースがたくさんある家庭です。ベビーベッドの使用期間はそれほど長いわけでもなく、つかまり立ちするようになってからは、使わなくなってしまうことが定めのアイテムです。

使用期間が限られていることや赤ちゃんに与えたベビーベッドが気に入らず、使わなった時のリスクを最大限避けることができます。赤ちゃんによって好みは違うようなので、購入だと自分の所有物になるということはありますが、万が一使わなかった時のリスクが高いことは間違いないです。どうしても購入にこだわらないのであればレンタルがおすすめなアイテムのひとつでしょう。

ベビーベッドが必要な家庭とそうでない家庭の違いは?


ベビーベッドは購入するのであればレンタルの方がリスクが低い点でおすすめできます。では、そもそもベビーベッドって必要なのでしょうか?必要ないのでしょうか?

ここは育てた環境によって大きく異なってくるようです。
では、どんな家庭ではベビーベッドが必要なのでしょうか?

ベビーベッドが必要な家庭

あなた自身がベッドで寝ている家庭であり、上の子供がまだ小さくて赤ちゃんを踏んでしまう可能性がある家庭は必要ではないでしょうか?
また、犬や猫などのペットを飼っている家庭では、上の子供が小さいのと同様に危険があるので、ベビーベッドは必要でしょう。

あなた自身のベッドの横にベビーベッドを横並びにすれば、赤ちゃんの面倒を見るのがとても楽になるのではないでしょうか。赤ちゃんを危険にさらす可能性のあるリスクのあるものがある家庭ではベビーベッドが必要と考えればよいでしょう。

ベビーベッドが不要な家庭

ベビーベッドが必要な家庭の逆と考えればよいのですが、まずあなた自身が布団で寝ており、子供と添い寝をしたいと考えている人はベビーベッドは不要でしょう。

あなたが布団で寝ている場合は、ベビー布団に赤ちゃんw寝かせておいた方が面倒を見るのに便利です。

注意点は、あなた自身が寝返りの多い人であるかどうかです。知らず知らずに添い寝している赤ちゃんをつぶしてしまうことのないようにしたいものですね。

あなたの過程はどちらのタイプでしょうか?

上の子供やペットがいる場合は間違いなく、ベビーベッドを活用した方が良いと思います。

では、ベビーベッドをレンタルした場合に気になるのは、壊してしまった場合にどうなるのか?ということですね。そんな場合どうなるのかをまとめます。

ベビーベッドをレンタルしたが、傷つけてしまった場合などどうなるの?

ベビーベッドを実際に借りてどうなったかといえば、「新品同様の状態で返す必要はない」と言えます。

ただし、誤解を生むといけないので、補足しますね

日常生活の中で、ベッドに傷が付くことについては、レンタル会社もやむを得ないと考えています。傷は生活する中で常識の範囲内で付くものであれば追加料金がかかることはないはずです。

逆に言えば、日常の常識範囲外の傷や汚れは追加料金が発生する可能性が高いです。ベビーベッドのマットレスにカビが生えてしまっているなど管理が悪いことによる過失は借主にあるという見解が多いです。

せっかくレンタルにしたのに、実際に購入したのと変わらなかったという残念な結果になることもありえます。レンタルする場合は、あくまで自分のものと同様に大切に使うということは最低限必要なことといえますね。

また、落書きやわざと傷つけたとみられてもおかしくないような傷を付けてしまった場合などは、修理代金などの請求が来る可能性が高いと考えた方がよいでしょう。

脅かすことばかり書きましたが、使ってみた感想としては、普通に使っていればまず追加料金はないということ。

レンタル品を傷つけてしまいそうで、びくびくしてしまう性格であればストレスが溜まらない購入という選択肢もありかもしれませんね。

念のため書いておくとヤマサキというレンタル会社では、以下のようなケースは修理費用不要と明記しています。

■修理費用不要なケース

・使っている間にベッドにキズ・汚れがついた。
・カビがはえた。
・ぶつけてへこんだ。
・塗装がはげた。
・注意書きシールが取れた。
・赤ちゃんがベッドを噛んでしまった。
・上のお子様がベッドに落書きをしてしまった。
・上のお子様が収納棚に乗って割れてしまった。
・ネットベッドのネットが破れてしまった。
・手を突いたら床板が割れてしまった。
・解体するときに中でネジが折れてしまった。
・ペットがキャスターを噛んで壊れた。
・ネジやキャスター、取り扱い説明書を無くした

これなら安心できましたでしょうか?

ベビーベッドのレンタル費用の目安はどれくらい?

標準タイプを使用する前提で考えてみます。

購入が3万円~4万円程度かかるのに対して、レンタルでは6か月から9か月レンタルで1万円ちょっとから1万4,000円程度で済む計算になります。

半分以下の料金で済ますことができますね。

先程あげた管理ができないといったことや追加料金がどうしても気になるだったり、子供は複数の予定という人以外はレンタルした方がお得ということは理解できそうですね。




ベビーベッドはレンタルがおすすめのまとめ

ベビーベッドが必要か必要ないかの判断を済ませた後にあなたの家庭では必要と判断しました。ベビーベッドが必要という判断であれば間違いなく購入よりはレンタルの方が費用は安く済むはずです。

レンタル商品を壊してしまうなどといったことも常識の範囲内の利用であれば、追加料金もかからないということで悪質なレンタル会社に注意すればお得にベビーベッドを利用することができそうです。

ベビーベッドは購入すれば3万円以上でレンタルなら1万円台。

そう考えればおのずと答えはでてくることでしょうね。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。