iPhonese2のapplepayや顔認証などのスペックが衝撃

iPhone se2のapplepayや顔認証などのスペックが衝撃!

iPhone se2のリーク情報が次々に明るみにでてきましたね。背面ガラスを使用するのか?などといわれる情報も出てきました。iPhone seが発売されてから約2年が経とうとしています。

iPhone8やiPhoneXがつい最近発売されたばかりですが、iPhone seユーザーからしてみればそろそろ買い替えをする時期が近づいてきたと感じている頃でしょう。そして、iPhone7から搭載されたapplepayも使用できていない環境のユーザーでもあります。

iPhone se2発売でいよいよpplepayを利用することができるかもとわくわくしているのではないでしょうか?

そんなiPhone se2を心待ちにしているあなたが気になるiPhone se2にapplepayは追加されるのか?またどんなスペックなのか?ベゼルレスなのか?などといった情報をまとめてみました。




iPhonese2の価格はいくらなの?

iPhone se2の正式な価格は発表されていません。

一説には、6万円台後半ではないかと言われています。

新興国向けのiPhoneという製品のため、iPhoneXのような高級路線ではないことがわかるので、6万円台という線は大きく外れていないように感じます。

では、iPhone7から搭載されて、悲しい思いをしたiPhoneseユーザーが期待しているaplepayはいよいよ利用できるのでしょうか?

iPhonese2にapplepayは搭載されるの?

iPhonese2にapplepayが搭載されるのかどうかについては、非常に情報が少ないです。

iPhoneseはapplepayが使用できない端末ですが、それ以降のiPhone7以降ではapplepayを使用できるようになっています。appleとしては、スマホを用いた決済を普及させたいと考えているはずで、iPhoneseだけにapplepayを搭載しないという選択肢を取ることはないのではないかと考えます。

applepayは、クレジットカード情報と紐づけてiDやQickpay、suicaを利用できるようになる便利な機能です。カード会社もCMやキャンペーンを展開しており、とてもお得に使える時期となっています。

一時期に比べて、applepayということを聞かなくなっているかと思いますが、これは支払い時に、applepayでと言わないからです。スマホで電子マネーを何気なく使っている人は増えていると思いますよ。

では、applepay以外のスペックはどうなのか気になりますよね。

iPhonese2のスペックは?

低価格路線のiPhoneのため、iPhoneXに比べてスペックは落としてくることになるでしょう。

項目 内容
発表 2018年1月から3月
発売日 2018年5月
製造元 Withron
チップセット A10 Fusion
背面パネル ガラス製
ディスプレイ 4.2インチ
カメラ 1,200万画素

ワイヤレス充電は対応してくるのではないかと思います。

iPhone Xのように、べゼルレスデザインで全面ディスプレイかつ金属フレーム採用となるのではないでしょうか?




iPhonese2でapplepayは使えるのかまとめ

iPhonese2の発売が2018年5月と言われており、applepayが使えるのかどうかとともにスペックが気になるころですね。

ベゼルレスなのかとか、ワイヤレス受電なのかなど気になる要素は結構ありますね。

決済が簡単にできるようになるという意味ではapplepayの搭載がいわゆる低価格路線のiPhoneseシリーズで搭載されるようになれば普及もだいぶ違ったものとなってくることでしょう!

低価格路線とは言うものの、いろんな機能が搭載されそうですので、iPhoneseユーザーはいよいよ乗り換えるときがやってきたのかもしれませんね。