18歳成人はいつから?成人式や飲酒などデメリットはあるの?

イベント

18歳成人はいつから?成人式や飲酒などデメリットはあるの?

民法が改正されることで相続の仕組みが変わるとともに18歳成人が成立する予定となっています。

具体的には、現在の成人年齢を20歳から18歳に引き下げることですが、単純に成人が201歳から18歳に変わったというだけで済むのでしょうか?今まで成人することでできるようになったことなど小さいようで大きなことがあったりするように感じるのはあなただけではないはずです。

そんな18歳成人になることで気になる成人式や飲酒などについて影響はあるのか調べてみました。




18歳成人になるのはいつから

成人年齢が20歳から18歳に引き下げられるのは、2022年4月の予定です。

18歳成人になるのはどんな理由があるの?

18歳成人に変わることになるのは2022年の4月ですが、どんな理由から成人年齢が18歳に引き下げられるのでしょうか?

主な理由は、世界の標準に合わせるためです。

世界の成人年齢の標準が18歳だからというのが大きな理由です。

しかし、現実には、世界標準にあわせるのであればもっと早くから変更してもよかったものです。なんでこの時期に変更が必要になってきたかといえば、国民年金の加入年齢を引き下げることで税収を増やしたいことなど別の理由が考えられますね。

後程整理しますが、単純に成人を18歳にするのであれば、18歳成人で認めるものと認めないものに分かれるのは違和感があります。

では、18歳成人になってできることはどんなことがあるのでしょうか?

18歳成人になってできるようになるもの

18歳成人に引き下げられることでできるようになるものは以下のとおりです。

■10年パスポート
有効期限が10年のパスポートを18歳から取得できるようになります

■国籍選択
重国籍になった時点で20歳未満の場合は22歳になるまでに、20歳以上の場合は2年以内にいずれかの国籍を選択できるようになります。それぞれ2歳引き下げることになります。

■公認会計士の資格
公認会計士の資格は未成年は取得できませんでした。成人年齢が引きさがることで18歳でも取得可能になりました。

■選挙権
2016年から法改正で実現しています

■その他生活に関すること
・クレジットカードを作ることができる(親の同意が不要)
・結婚年齢が女性も18歳で統一

成人年齢が引きさがることで大きく変わることはなさそうに感じますね。

18歳成人となっても現在の20歳と変わらないものは何?

18歳成人となっても変わらないものの代表は飲酒や喫煙です。

また、競馬などのギャンブルも20歳からなので現在の20歳と変更はありません。

18歳成人となって成人式はどうなるの?

18歳成人になることで成人式はどうなるのかについては決まっていません。

成人式は国で行うものでなく、各自治体が行います。

これから判断していくのですが、正直20歳でよいのではないかと個人的には考えます。

18歳の1月といえば、受験のシーズンです。こんな時期に成人式と言われても、参加しても楽しむことのできない人が多いことが予想されます。
それに結局飲酒も解禁されません。

ある意味成人式を境に飲酒を堂々とできるというのが、成人式のイメージとしてあります。飲酒が20歳で維持されているのであれば、成人式も20歳で今まで通り変わらず行ってほしいものです。

成人式の移行期では、3年分の成人が発生するなど混乱することは必至です。

では、18歳成人が実現することでメリットやデメリットはあるの?

18歳成人の実現によるメリット・デメリットは?

18歳成人が実現することでメリットと感じることはあまりないように感じます。

パスポートの有効期間が10年に延びることや公認会計士の資格取得だったり、重国籍の選択など一般人にはあまり関係ないことが多い印象です。世界標準といっても形だけでは意味がありません。

では、デメリットはどうでしょうか?

18歳成人になることで国民年金の負担が2年早くなります。

明確にデメリットと言えそうです。というよりもこれが目的と考えてもよいくらいです。




18歳成人はいつからで飲酒や成人式などはどうなるのかについてまとめ

18歳成人については、2022年4月より実現する予定です。

18歳成人になることでメリットはあまりないように感じますが、デメリットは感じられるという改悪と考えられる取組のように感じます。

成人式は各自治体が決めるとはいえ、18歳の受験シーズンと重なるなどまったくもって配慮がない時期の開催となれば、参加者が激減することは間違いないでしょう。

若者の自立などというきれいな言葉で片づけますが、自立して負担を求めることが主と感じられるのはいかがなものか?と思ってしまいます。