デスノートLNW(地上波特別)のネタバレ・感想とキャストは?

デスノートLNW(地上波特別)のネタバレ・感想とキャストは?

デスノートLNW(Light up the NEW world)が
テレビで放送決定

地上波初放送とあって注目ですね。

デスノートLNWは劇場公開時から再編集した
特別版で11月17日に放送される

原作の大場つぐみと作画の小畑健による
人気コミック「デスノート」を基にした
映画「DEATH NOTE デスノート」二部作の
続編です

名前を書かれたら死ぬデスノートというのが
メインストーリーとなってくるこの作品

テレビ放送前にネタバレしますので情報を
知りたくない人は注意してください。



Sponsored Link




デスノートLNWのキャスト



夜神月    : 藤原竜也
L / 竜崎   : 松山ケンイチ
南空ナオミ  : 瀬戸朝香
秋野詩織   : 香椎由宇
レイ・イワマツ: 細川茂樹
夜神幸子    :五大路子
夜神粧裕    :満島ひかり


地上波初登場のデスノートLNWのネタバレ


11月17日に地上波初登場のデスノートLNWの
ネタバレについてこれから書いていきますね。


対策本部の三島、竜崎、サイバーテロリスト紫苑が対峙。
ノートに触れた事によって、記憶を思い出す三島。
サイバーテロリストを導いてたキラは対策本部の三島だった。

すべては、三島の計画通りに進行していたが
国家は、三島を捕まえる。

ばら撒かれた6冊は回収され事態が収束するかと思いきやテロリストによる攻撃をうけ4冊が焼け失われる(→この世に効力を持つことができるデスノートは6冊までというルールにより新たに4冊がばら撒かれ)、再びデスノートによる事件がおきる。
竜崎は三島の元を訪れ「俺と入れ替わり竜崎となれ。新たな事件を解決できるのはお前しかいない」と言って入れ替わる。

(竜崎は既に三島に名前を書かれており間も無く死ぬため)

(三島はデスノートに関してズバ抜けた知識を持っているため任せた)

更生?し、竜崎となった三島。

ここでエンドロールに入るが、エンドロール後に藤原竜也演じる夜神月が「計画通り」という続編を匂わすセリフを残し物語が終わる。。

デスノート Light up the NEW worldのネタバレあらすじ

■ネタバレここから注意

キラこと夜神月の凶悪犯罪者に大量粛清で
凶悪犯罪は減少

キラが倒されたことで、再び凶悪犯罪が増加

死神は人間の寿命を奪うことで自分自身の
寿命が延びます。
だから、人類が絶滅すると自分の滅亡を
意味します

死神大王は、キラの後継者を探すために
6冊のデスノートを使って人口調整を
しようとします

暗黒の死神界から6冊のデスノートが
降ってきます(人間界に持ち込める
デスノートは6冊です)。

雪が降る時、家に入ろうとしたアレクセイは
物音で後ろを振りくとそこには黒いノート
の音だった。

ノートにはロシア語で「このノートに名前を
書かれたものは死ぬ」と書かれていました

医者のアレクセイはそのノートを持ち帰り
ました。

寿命があとわずかとわかっている患者が
「殺してくれ」と訴えたものの、できるはずが
ありません。
冗談と思っていたノートに患者の名前を書くと
本当に40秒後に動かなくなってしまいました。

安楽死にデスノートを使ったのですね

日本では、渋谷でデスノートを使った通り魔
事件が多発しているという通報が寄せられました

キラ対策室のエース、三島は、コートのフード
をかぶったホットパンツの女(通り魔)に近づき
ます。

しかし、デスノート保有者への発砲許可は下りて
いないので三島は何もできません

フードの女は、人々を次々と倒し、車まで爆発

竜崎はフードの女に近づき、躊躇せず発砲
黒いノートを奪い去り、その場を去りました


竜崎が黒いノートに素手で触った時にあらぬ
方向に向かって話しかけます。

周りのものは何をしているかわかりません。

そこにいた全員がノートにさわり、死神の姿を
見て、絶叫。
話していたのは死神と分かった瞬間でした

そこで竜崎は死神にこう質問します

「で、お前さん。名前は?」

「ベボ」

「じゃー、ベボ。今、人間界にデスノートは
何冊あるんだ?」

「6冊だ」

竜崎「つまり、その6冊を全て集めて、
封印してしまえば、デスノート犯罪は起きなく
なるんだな。じゃ、死神、何のためにデス
ノートを持ち込んだ?」


ベボ「キラの後継者を探すため」

そういってベボは消えた

結局、残された1冊のデスノートは三島が
責任もって封印


数日後、突然「キラ」を名乗る男からの電波
ジャックがはじまります。

スマホ・PC、全てのネット通信機器に映し
出されたのは夜神月の映像でした。

キラは言います。「キラの後継者は、名前を
書くと死ぬ世界に6冊あるデスノートを捜せ。
そして、現在、キラを探そうとしているLの
後継者は名乗り出ないと、全世界の人間が
裁きの対象になる」と脅かしました

■デスノートの所有者
4人のデスノート所有者が判明

すべて死亡しており、遺留品にデスノートは
見つかりませんでした

1人目は、青井さくら(渋谷で通り魔となった
女性で)

2人目は、映画冒頭に登場していたロシア人
医師のアレクセイ
彼の周りでは彼の患者が心臓麻痺で亡くなる人
が多く、警察もマーク

3人目はアメリカ人投資家のロジャー・アーヴィングです。

彼の会社は、ライバル会社の重役の事故死により
不自然に売り上げを伸ばしていました

4人目は最高裁判事の御厨賢一

警視庁にある、青井さくらが残した1冊と新生キラが
4冊のデスノートを持っていることになります

残り1冊は竜崎が持っていました

これで合計6冊となります


■紫苑とリュークの会話

「紫苑、デスノートを6冊手に入れた今、
これ以上、誰を殺したいんだ?」
「俺をキラにしたヤツだ」

紫苑自身も真キラの意志で動いていました

リューク「まー、俺は面白いからいいけど、
本当にいいんだな」

紫苑「ああ、頼む」

竜崎いや新井正幸が現れました

デスノートに「新井正幸」と書きこみますが
竜崎は倒れないです

なぜでしょう?

竜崎「俺も知らなかったが、どうやら、俺は
既にデスノートで名前を書かれているらしい。
だから、それまでは死ねない。
さあ、手を上げて、デスノートを手放せ」

紫苑「僕をどうする気だ。」
竜崎「さあね。とりあえず、お前が待っている
ヤツを一緒に待つさ。そいつが、お前を操り、
俺の名前をデスノートに書いた真のキラだ」

そこに三島が現れました

三島「竜崎、生きていたのか」

紫苑「お前がキラだと?」

竜崎「三島創。お前は、夜神月がアメリカで
産ました隠し子が、魅上によって、このホテル
で育てていたことを知っていたはずだ。
だが、たとえ夜神月の血を引いていようが
9歳で、凶悪犯罪者を裁き続ければ狂ってしまう。
結果、2人は自殺し、その時にお前はデス
ノートを手に入れたはず。」 

三島「竜崎、何を言っている?」

竜崎「論より証拠。はじまりのデスノート。
リュークのノートを触ってみろよ。
全てわかるはずだ」

リューク「よう、三島久しぶりだな。
計画通りだろ?」

三島がサイバーテロリストを探して
ほしいと言って、リュークに紫苑を
捜し出させ、その間に三島自身は
デスノートの所有権を放棄し、
記憶をなくしていたのです。

突然、攻撃ヘリが窓の外から銃撃を
はじめたところで全員、窓から離れ
ます。

数人を殺し続けますが、1人の名前を
書く間に数秒かかり、その数秒間に
他の兵士はフリーだったため、
撃たれてしまいました

リューク「6冊は全て、集められて一カ所に
封印される。残念だったな。もう、人間界で
デスノートは使えない」

リューク「三島、お前は人間の欲望を甘く
見ている。まだ、ゲームは終わらない。
それじゃーな。」

三島は「俺は中上亮だ」

竜崎も「俺は新井正幸。」


デスノートLNWの感想は?


デスノートは頭脳戦が見どころですが、今回は
そのような感じがしない点感じがしました

アクションシーンが多い感じですね

いわゆるデスノートとは違うイメージであったために
がっかりしたなどという声もあるようです。

ここはデスノートという確立された映画に
対しての思い入れなどの違いによるものですね

ここばかりは何とも言えませんが、違和感は
隠せないです。

アクション好きならば面白いかもしれません。

全般に言えますが、なんだかややこしい印象も
あります。


Sponsored Link




デスノートLNWネタバレまとめ

デスノートLNWが地上波初登場ということで
興味のある人のために映画のネタバレを
しました。

おそらく映画を見てもらった方がわかりやすいと
思います。

どんなものなのかイメージできたら幸いです。

デスノートという単語は有名ですね。

芸能人でもそのような言われ方をする人も
いますし、ひとつの確立された言葉と
言えそうです。

続編はやっぱり難しいですね