出国税はいつから?海外旅行にかかる金額はいくらなの?

出国税はいつから?海外旅行にかかる金額はいくらなの?

日本でも出国税なるものを検討している
ようですね。

出国税とは何?と思いますよね。
また、税金か。

どれだけお金をとるんだよ、と怒りを
覚えますね。

そんな出国税について簡単にまとめました。
対象が海外旅行なのか、金額はいくらかかる
のか、いつから開始するのか?
どうやって行うのか?

などいろんな疑問が発生しますよね。

わたし
わたし
出国税という増税


友人
友人
ばらまいたらどこかで増税

では、次からまとめていきますね。


Sponsored Link




出国税とは何?


出国税とは、正式には国外転出時課税制度
といいます。

1億円以上の株式等を有する富裕層が海外
転出をする際に含み益に所得税を課税する
という制度のことです。

平成27年7月1日から導入開始

■税率
株式の譲渡益に対して、所得税および復興特別所得税を
合わせた15.315%
国内にいる人が株式で譲渡益を得た場合の課税は、
15.315%に住民税5%が加わります

これが富裕層向けの出国税になります。

こちらの出国税であれば、ほとんどの日本国民には
関係ない話と考えますよね。

今回議論になってるのは、富裕層向けではありません。

そうではなくて一般人が出国する際の税金を指している
のでまったく別物と考えてよいでしょう。

日本の今後の出国税を考える前に他国ではどのような
出国税をかけているのでしょうか?



日本以外での出国税の内容は?

出国税のような税金を外国でも課しています。

どんな税金なのでしょうか?

■アメリカ
「電子渡航認証制度に基づく申請手数料」
ビザ免除国からの渡航者に対し、「電子
渡航認証システム(ESTA)」の申請手数料
として14ドル(1540円)を徴収

■韓国
「出国納付金」
航空・船舶による出国旅客に対し徴収
航空利用の場合は1万ウォン(975円)

■オーストラリア
「出国旅客税」
航空・船舶による出国旅客に対し、
60オーストラリアドル(5280円)を徴収

一方、廃止した国もあります

■インドネシア
「出国税」を廃止

以前は、Fiskal(フィスカル)という
「出国税」をインドネシア人と外国人
旅行者から徴収

2011年に全面的に廃止

出国税を導入している国もあれば廃止する
国もあります。

日本ではどのような出国税になるのでしょうか?


日本での出国税はいつから?内容は?

日本での出国税の導入の目的は、外国人
観光客に対応するための財源確保と
見られています。

例えば、訪日外国人の数は2400万人から
1人あたり1000円を徴収すると240億円

もし、訪日外国人に対して税金をかけると
なるとせっかく毎年増加している観光客
増加の流れに反した動きともいえますね。


現在検討中の財源確保策は、他に2つあり
ます。

・航空機利用者(航空旅客税など)
・宿泊施設の利用者(宿泊税など)

国内線を含む航空機利用者や、ホテル
利用者の約7~8割は日本人です。

訪日客誘致に徴収した資金が充てられる
と、負担した日本人はメリットを感じに
くいという課題があります

■10月31日のニュースでは、
政府内では日本人、外国人ともに
1人当たり1000円の「出国税」を徴収する
案が出ており、観光庁はこれを軸に検討を
進める

と報じており、日本人も外国人も取るの?
と思った次第です



開始時期は現在未定ですが、2018年度
税制改正大綱に盛り込むことを目指すこと
からおそらく2018年には開始されるのでは
ないでしょうか?

特にこの問題は2020年に向けて訪日外国人を
増やし、環境整備の財源確保であることを
考えればいち早く導入したいことは明らか
ですね。


出国税についてのネットの声は?








批判的な声が多そうですね。



Sponsored Link




出国税はいつから開始で金額はいくらのまとめ

2020年の訪日外国人目標達成と
環境整備に向けて財源を確保
する必要があることから検討
された出国税

なんでも税金でとればよいと
いう発想がとんでもなく嫌に
なりますね。

訪日外国人も年々増加しており、
負担する費用はどこからとるのか
明確にいないところがとても
怪しく感じます。

訪日外国に対しても一定の額を
出国税としてかけてくるので
しょうが、日本人にもわかり
にくい形で負担を求めてきそう
ですね。

使ったら国民から回収するという
発想は昔から変わっていないです
からね。

海外に行く人でなければ関係の
ない話かもしれませんが、何か
しら負担を求めてきそうで警戒
したいものですね。