• HOME
  • ブログ
  • 話題
  • 雲形池(日比谷公園)の場所・読み方は?きれいな水の紅葉が楽しみ

雲形池(日比谷公園)の場所・読み方は?きれいな水の紅葉が楽しみ

話題

雲形池(日比谷公園)の場所・読み方は?きれいな水の紅葉を見たい!

テレビ東京で池の水をぜんぶ抜くで雲形池が選ばれることになりました。

池の水をぜんぶ抜いて日本の固有種を外来種から守るというテレビ番組。

ありそうでなかった番組が日比谷公園にやってきます。

芦田愛菜も参加する今回の雲形池の放送は気になりますね。

東京日比谷公園内にある雲形池は設置後114年が経っています。

番組では歴史的なものが発見されるなどなにかと話題な雲形池。

読み方や場所なども気になりますね。




雲形池(日比谷公園)の読み方や場所は?

雲形池の読み方ですが、「くもがたいけ」と読みます。

場所は日比谷公園(東京)ですね。

東京都千代田区日比谷公園1-6
日比谷駅から徒歩3分の立地です。

https://yahoo.jp/C6SzuH

日本初の洋風庭園である日比谷公園の南西寄りにあります。

翼を広げて天を仰ぐ鶴の噴水が有名です。

水が抜かれる前の画像ですが、抜かれてきれいになったあとの桜はとてもきれいなんでしょうね。

来年からは注目度UPですね。

新緑もすばらしいので桜同様に楽しみですね。

都会のど真ん中でみられる光景として貴重なものですね。

冬の風景も風情がありますね。

水の色が変わるとどんな風に見えるのでしょうか?

雲形池の紅葉時の風景

こちらが昨年までの雲形池の紅葉情報です。

2017年以降は水がきれいになった日比谷公園雲形池の紅葉を楽しむことができますね。

■紅葉情報
色付きはじめ  : 11月上旬
例年の紅葉見頃 : 11月下旬~12月上旬

紅葉する木の種類: イチョウ、モミジ、ケヤキ




雲形池(日比谷公園)の場所・読み方・紅葉まとめ

テレビ東京の番組で再注目を浴びることになった日比谷公園の雲形池

114年と歴史のある池の水がきれいになることで今までとはまた違う顔を見せてくれることになるでしょう。

駅から近く、アクセスもよいため、テレビ放送をきっかけに注目されることは間違いないですね。

これから一番楽しみなのは、紅葉のシーズン。

水野色が違うことでまた違った風景を楽しむことができますね。

新緑や桜のシーズンなど楽しめる機会が増えそうです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。