• 投稿 2017/05/07
  • 話題
敵は味方のふりをするが決めセリフの小さな巨人が面白い!

敵は味方のふりをするが決め台詞の小さな巨人が面白い!

敵は味方のふりをする、という決め台詞

小さな巨人を見ているとかっこいいですね。

今週は第4話でしたが、だいぶセリフを意識
した作りになっているように感じます。

毎回、敵は誰なのか?と思いながらドラマを
見ていますが、まさに今回の第4話はまさか
という感じでした。

まさに敵は味方のふりをする、というところ
です。

第5回も最後に決めセリフとして使っていました。
まさにドラマのテーマとなっています。

Sponsored Link




ドラマ小さな巨人のセリフ敵は味方のふりをするが流行?

警察版の半沢直樹というドラマになっていて
半沢直樹を楽しんでみていた私にとっては
今回の小さな巨人もとても楽しく見ています。

第4話では、敵は誰だったのでしょうか?

まさかの香坂の恩師である署長だったとは。

しかも、署長が黒である理由は「勘」。

完全に所轄の考え方で動く香坂にのめり
こんでいます。

4話までにも、小野田第一課長が疑われて
いたり、山田が疑われていたり、と敵が
現れては、違う敵が出てくるといった
スピーディーな展開で楽しいですね

署長が黒ということで、次回予告にも
芝署編が完結とあったので、署長が
黒ということで完結するのでしょうが、
来週が楽しみです。

クライマックスで流れる平井堅の主題歌も
よいですね。

ツイッターも結構反応していますね。



小野田は誰に会いに行ったんでしょうか?
気になりますね。

そして警察組織を敵に回すということの
意味がしりたいですね。

そう思って第5話をみましたが、結局署長は
罪を問われることがなかったですね。

まさに腐った組織

これを爽快につぶしていく姿がありながらも
結局振りだしになる感じが半沢直樹と
ちがっていますね。

Sponsored Link



敵は味方のふりをするまとめ

ドラマ小さな巨人の決め台詞かっこいい。

半沢直樹の「倍返し」ほどのインパクトはない
もののドラマの決め台詞であることはわかります。

ちょっと長いのが言いにくいのでしょうか?

でも、ドラマの内容からするとこの表現なので
しょうね。

毎週スリリングな展開が楽しめて面白い。
今回のドラマはこれしか見ていません。

敵は味方のふりをする、これは実社会では
出てこないですが、腹黒い人は多いので
余計に共感しますね。

月曜日を迎えるサラリーマンは共感するのでは
ないでしょうか!

日曜日が楽しみですね
話題のニュースまとめ2017最新版

話題のニュースまとめ2017最新版

話題のニュースまとめ2017最新版話題になった2017年の出来事を書いた記事のまとめサイトとしてこの記事を書きます。2017年の前半にあたる2017年5月までの

投稿 2017/01/19