• 投稿 2017/05/06
  • 子育て
子供が野菜が嫌いで食べない3歳の子供に悩んでいませんか?

子供が野菜が嫌いで食べない3歳の子供に悩んでいませんか?

あなたの子供が赤ちゃんから大きくなり、3歳という一区切りできる年齢になりました。子育てで言えば、子供がかなりかわいい時期でもあります。そんなかわいいあなたの自分の子供でも食べ物に関しては手を焼いているはずです。

それは、あなたの子供が野菜を食べないことではないでしょうか?3歳くらいになったら野菜も食べてほしいんだけど、とにかく食べてくれない。このまま子供が偏食になってしまうのではないか?と悩む人も多いようです。

子供が野菜を食べないことで栄養不足になってしまうのではないかという心配があなたの脳裏をかすめます。

たかが野菜を食べるだけと思うでしょうが、子供は頑なに野菜を拒否しますよね。これはある意味、子供の意思をすごく感じるわけですね。

また、初めて見た野菜は食わず嫌いで食べようともしないところも恐らく大半の子供はそうとわかっているのですが、どうしたらよいか悩んでしまうという親心わかります。

自分を振り返ると野菜は子供の時に嫌いだった。でも、今は食べることができている。

そんな野菜嫌いの子供を持つ母親に向けてどうすればよいかをまとめました。

そもそもなんで子供は野菜が嫌いなのでしょうか?理由を知ることで対策を考えることができるかもしれませんね。

子供が野菜嫌いな理由とは?

子供が嫌いな野菜として代表的なものは、独特の苦みがあったり、青臭さのある野菜が嫌いです。

例えば、

野菜名
ゴーヤ
ピーマン
ねぎ
なす

のようなものです。あなたの子供時代を振りかえってみてもいかがですか?嫌いな野菜の代表は今も変わりません。

では、子供が嫌いでない野菜は何かというと以下のような野菜があげられます。

野菜名
じゃがいも
きゅうり
トマト
かぼちゃ

子供には、甘味が多いものや苦味やクセが少ないものが好まれます。結果からも分かりますね。

子供の時に食べたくないものが、なぜ大人になって食べられるようになるの?

味を構成するのは、甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の5つです。この中で子供が本能的に好きな味は、甘味、塩味、うま味の3つです。

酸味と苦味は、腐敗物や毒物などの味なので、子供は自らの命を守るために本能的に避けるという説があり、なるほどな、と思わせます。

大人になるにつれて、酸味や苦味があるものでも食べられると脳が理解することで、子供のころに嫌いだった野菜も、大人になると食べられるようになることもあるということです。

子供が野菜を嫌いで食べないとき親はどうする?

まずあなたに一言言いますと3歳の子供は一般的に野菜は嫌いです。

野菜に限らず、初めてみたものや苦みのあるものを嫌うのは、本能の部分があります。とはいっても子供が野菜を食べないと栄養不足になってしまうと考えるのは母親として当然です。

ではどうしたらよいかといえば、少しでも食べることができたら褒めてあげるなど、あまり無理をしないほうがうまくいくものです。

言うことを聞かない子供を見るとイライラすることでますます食べなくなるという悪循環に向かってしまいますよ。一呼吸しましょう!

みんな経験していますのでイライラしますが、みんな同じと考えると少しイライラが収まるものです。

外にいるときにすましているお母さんも家の中では、子供にイライラしているものです。外ではそう見えないようにしているだけと考えれば気が楽になりますよね。

子供の栄養バランスを考えているあなたはかなりがんばりやさんです。

そんながんばりやさんのあなたに知っておいてほしいのは、子供の栄養不足を解消する方法は子供に野菜を食べさせるだけでなく、栄養を取らせる方法を別に考えればよいということです。

子供の野菜嫌いで不足する栄養を補う方法は?

子供の野菜嫌いで不足する栄養成分は何も野菜でとる必要はありません。

3歳の小さいうちは、補助食品を使うことで栄養を補うことを考えてはいかがですか



「ひとてまい」はスプーン1杯分を料理や米などに混ぜるだけで栄養素を補うことができます。

作っている会社は上場企業で安心ですね。

子供が野菜嫌いで食べない場合のまとめ

子供が野菜を嫌いで食べない場合に心配になる栄養不足は補助食品などで補うことが可能です。

補助食品を使わない場合は、無理をせず、子供のペースで少しづつ褒めるなどして食べさせていきましょう。

無理をするとトラウマになり、大きくなっても食べない子供になってしまう可能性があります。焦らずに行きましょうね。

3歳、4歳くらいまでは昔と違って補助食品を使うことは有効活用したいですね。

働く母親など2人目などいろんなケースがありますよね。

母親は忙しいので、野菜を食べさせるところくらい栄養素の手助けを受けてもよいのではないでしょうか?



あなたのがんばりをサポートしてくれるアイテムのひとつです。