夏風邪で子供の高熱が下がらない場合はどうしたらよいの?

夏風邪で子供の高熱が下がらない場合はどうしたらよいの?

夏風邪をひいてしまった子供は心配で仕方がないですね。子供が夏風邪で高熱となってしまったら気が気ではないと思います。夏風邪にもヘルパンギーナだったり、手足口病だたり、プール熱だたりといろんなタイプの病気があります。どんな病気か診断する前に子供が夜熱を出していたらなんとかしたいと考えますね。

高熱が続いていて、熱が下がらない場合にどうしたらよいのでしょうか?

ただでさえ長引きやすい夏風邪に加えて高熱がある場合の対処法について書いていきます。




夏風邪で高熱が下がらない場合どうしたらよいのか?

夏風邪でも高熱の場合は、病院に行って医師の診断を受けることが大切です。

高熱となると夏風邪ではない可能性もありますので緊急性のあるものかを確認する必要があるでしょう。

医師の判断により、緊急性を要するものではないということであれば安静にしていれば容体はよいほうに向かっていくことでしょう。

高熱の場合に医師から受け取る薬では解熱剤が考えられます。

本当に高熱で苦しそうな場合のみに解熱剤は使用するように言われるので、極力使用は避けたいですね。

医師の判断あってですが、安静にしていることが一番です。

では、子供を安静にしている際に注意すべき項目はなんでしょうか?

安静にしている子供のために必要なことは何?

夏風邪を治す為に注意すべき点は以下の点です。

■エアコンで部屋を冷やしすぎることで
寝冷えすることを避ける

■発熱が長い場合や頭痛、嘔吐がある
場合は髄膜炎や脳炎にかかる可能性が あるので注意する必要がある

詳しくは病院のHP参照(こちらをクリック

乳児や幼児が夏風邪になった場合はどうすればよいの?

乳児や幼児は免疫力がまだ完成していないのでウィルスや細菌を弱らせることが得意ではありません。

熱が上がったり、下がったりするのは乳幼児では風邪の特徴として上げられますが、初めて子供を持つ親には心配でたまりませんよね。

ぶり返しているわけではないのでその点は安心してくださいね。

ただ、明らかに乳幼児の機嫌がよい場合に限ります。

どんどん高熱になった場合は、医師の判断がやはり必要です。

不安であれば、高熱になる前に医師の判断を仰ぐべきですよね。




夏風邪をひいた子供の高熱が下がらない時のまとめ

通常の夏風邪であれば、安静にしていることが一番大切であることは伝えました。

4日間程度、夏風邪を治すのに必要かもしれませんが、弱った体に解熱剤を与えて一時的に熱を下げるようなことは医師の判断は必要ですが、やめたほうがよさそうです。

医師もアドバイスはしますが、最終的に高熱で子供が苦しそうな時に使用してください、というアドバイスなので使ってよいかどうか迷いますよね。

どうしても高熱が続く場合は、解熱剤を使うだけでなく、再度検査した方がよいでしょう。

大病の可能性は少しでも減らすことが大切です。

いずれにしても夏風邪は長引きやすい傾向がありますので注意すべきところは注意した方がよいです。医師の判断する前の一時的な対処法に近いですが、不安を解消できるために少しでも経験が役に立てば幸いです。