夏風邪の効果的な治し方は?お子様の咳や痰の症状が気になる時

夏風邪の効果的な治し方は?お子様の咳や痰の症状が気になる時

6月の梅雨のシーズンから夏にかけて流行することから夏風邪と呼ばれる風邪は長引くこと
が多いですね。

冬の時期の風邪に比べて治りにくいと言われる夏風邪を効果的に治したいですね。

夏風邪が治りにくいのは、原因となるウィルスがお腹の中で増えるため、体の外に排出されるまで時間がかかることが原因です。

また、夏風邪のウイルスに対する有効な治療薬がないことであったり、暑さや食欲不振から体
力や免疫力が落ちることも影響していることでしょう。

では、そんな治しにくい夏風邪を少しでも早く治すためにはどうすればよいのでしょうか?




夏風邪の原因ウィルスは何?

夏風邪は、エンテロウイルス属のエコーウイルスコクサッキーウイルスやアデノウイルスが主な原因です。

これらによりヘルパンギーナや手足口病咽頭結膜熱(プール熱)などを発症します。

ヘルパンギーナとは
ヘルパンギーナは高熱とのどにできる水ぶくれが特徴

しばらくすると水疱は破けて潰瘍になります。

のどの痛みが強く、水分を取ることができなくなってしまい脱水をきたしてしまうお子さんもいます。

年長児では発熱は軽度のこともありますが、低年齢では高熱になることが多いです。

手足口病
手足口病は、手のひら、足の裏や口の中に2~3mmぐらいの赤い発疹や水疱ができます

手足の発疹に痛みやかゆみはありませんが、口の中の水疱は痛がることがあります。

高熱は少なく、微熱程度で全身状態は良いことがほとんどです。

咽頭結膜熱
咽頭結膜熱は発熱、のどの痛み、結膜充血などが特徴

夏季にプールを介して伝染したことから日本では「プール熱」と呼ばれています。

夏風邪の治し方は?

夏かぜのウイルスを退治する有効な薬はないのが現状です。

ウイルスを退治するには、自分の免疫力を高めることが必要です。

安静にし、栄養と水分を補給。これ以上体調を崩さないように無理をしないことが大切です。一番早く治すには安静にすることがよいですね。

しかし、一般療法を実施したにも関わらず咳がひどかったり、痰がひどかったりするケースもありますよね。

そんな時は、医師の判断が必要ですが、せきを止める薬や吐き気やおう吐を止める薬整腸薬、解熱薬などを飲む必要も出てくるでしょう

ひどいケースでは、髄膜炎や心筋炎などを合併することもあるようですので、一般療法ではむずかしいと判断した場合は、医師の診察をすることをお勧めします

(参考)冬風邪と夏風邪の違い

冬にかかる風邪は「ライノウイルス」や「コロナウイルス」、「インフルエンザウイルス」などです。

寒くて乾燥した空気を好むウイルスが原因となることが大きな違いですね。

代表的な症状には、咳、鼻づまり、発熱のどの痛みなどがです。

一方、夏風邪のウイルスは、暑くて湿度の高い環境で活性化し、呼吸器だけでなく腸内でも増殖してしまうという特徴があります。




夏風邪の治し方まとめ

夏風邪の治し方については、特効薬がないことから安静にするのが一番ということですね。

夏風邪が長引く原因はウィルスの違いによるものですね。

お腹にウィルスが入ることから長引く傾向のある夏風邪ですが、小さなお子様がかかった場合は、安静にするだけでなく、早めに医師の判断を
仰ぐことが治すための一番の近道になります。

医者のHPを参考にして最終判断を行ってください。

夏風邪についてかかれている医者のHPはこちら

ちなみに大人が手足口病にかかてしまった場合どうなるかを経験を踏まえてまとめたのがこちらです。