株主優待の桐谷さんの資産と保有銘柄が衝撃!独身なのはなぜ?

マネー

株主優待の桐谷さんの資産と保有銘柄が衝撃!独身なのはなぜ?

株主優待の桐谷さんが月曜から夜更かしに登場するなどたまにテレビに出てきますね。

株主優待の存在をいっきに広めることとなった存在と言ってもよいでしょう。

株を買うと権利落ち日という一定の日付に対象の株を持っていると得られる株主優待

株主優待を実施している企業の数はどんどん増えてきていますね。

もはや個人株主を増やすための手段となっていますね。

そんな株主優待の桐谷さんってどれくらいの資産を持っているんだろう?またどんな銘柄を買っているんだろう、保有しているんだろう、と気になりました。

うまくまねをして儲けたい、と思いますよね。では、株主優待の桐谷さんについてまとめていきますね。




株主優待の桐谷さんのプロフィール

項目 内容
名前 桐谷広人(きりたに ひろと)
生年月日 1949年10月15日
年齢 68歳
出身地 広島県竹原市

将棋7段、24歳にプロ入り
棋士番号は120

通算成績
327勝483敗

2007年に引退しています。

2006年時点では株式を約400銘柄で(時価3億円)保有。1億円が株主優待銘柄を保有。

株主優待を活用することで生活費はほとんど現金を使わないという生活スタイルが面白いですね。

桐谷さんにとって利用価値が低い期限付き商品券については金券ショップに売却

利用できるものは、自転車で期限ぎりぎりまで使い倒す姿をテレビで見て楽しんでいたのではないでしょうか?

株主優待桐谷さんが独身の理由

株主優待で人気の桐谷さんが株を始めたきっかけと独身でいる理由がリンクしています。

株を始めたきっかけは、プロの棋士であった桐谷さんが失恋したこと

失恋と言っても自分の師匠に婚約者を奪われたという衝撃の内容

ショックは相当のものだったと思います。

これをきっかけに株に集中し、財産を築きました。

このとんでもない失恋が心に深くトラウマとなっているのでしょう。

では、そんなつらい過去のあった桐谷さんがお勧めする銘柄を記載しましょう

株主優待桐谷さんが保有する銘柄やおすすめ銘柄は?

まずは桐谷さんが2016年に買ってよかったというおすすめ銘柄を紹介しますね。

1位 ヒロセ通商
100株で1万円以上の商品 16万で1万円
5%以上の利回り
9月の権利で獲得できます

2位 アクトコール
100株でパンかクオカード 8.8万で
6000円分のパン
4%以上の利回り
11月末の権利で獲得できます

3位 関門海
100株で1000円の優待券
3.4万円で1000円分の優待券
6%以上の利回り
3、9月の年2回権利獲得できます

2017年に買いたいのは、以下の3つですね。

1位 南陽 100株でクオカード1000円
配当利回りが3%近いのでどちらかというと配当を受けてクオカードももらうという感じですね。

2位 日本ビューホテル 優待券500円×4枚
利回りは4%
使い道の予定があればよい優待ですね。東京オリンピックに向けた外国人、中国人銘柄として再人気化する可能性にかけたいですね。

3位 エーアイティー 100株で2000円相当の名産品
利回りは4%超

4位以下は以下のとおりです。

4位 ノエビア   グループ商品

5位 情報企画   図書カード

6位 プラッツ   クオカード

7位 ハークスレイ クオカード

8位 平和     ゴルフ場優待券

一押しは秀英予備校です。
クオカードが年2回もらえて、配当とあわせて5%超え

ではジャンル別に株主優待桐谷さんがおすすめする銘柄を紹介しますね。

株主優待桐谷さんがおすすめする食品・飲料株

オリックスがおすすめです。

3月に権利獲得でき、5000円相当の商品を選ぶことができます。

その他おすすめ銘柄です。

銘柄 優待内容
ダイドーグループ 3,000円相当の飲料を年2回
カゴメ 自社製品
アサヒグループ 株主限定ビール
キリンビール ビール等
ハウス食品 自社製品

株主優待桐谷さんがおすすめする食事券銘柄

おすすめはクリエイトレストランです

年に2回3000円相当の優待券をもらえ、利回りは7%超

きづなすしやしゃぶ菜などで使えます

その他銘柄はこちらです。

・吉野家

・アトム

・コロワイド

・すかいらーく

・マクドナルド

・SFPダイニング(磯丸水産)

などがありますね。




株主優待桐谷さんの銘柄まとめ

テレビで注目された株主優待の桐谷さん今回の登場でもたくさんある株主優待券を使い切ることができるのでしょうか?

つらい過去を忘れるために株主優待に投入してきた桐谷さん

まさか将棋でなく、株主優待でテレビに出るとは夢にも思っていなかったことでしょう。

基本は割安で利回りがよいものというのが桐谷さんの銘柄選定基準のような気がします。

初心者であれば有名な銘柄で投資し、練習するのもよいですね。

ネット証券は手数料も安く、数百円で買えたりしますよ。



ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。