• 投稿 2017/03/05
  • 芸能人
みやぞんは高校で野球部?高校野球時代の成績や結果は?

みやぞんは高校で野球部?高校野球時代の成績や結果は?

みやぞんといえば、2017年にブルゾンちえみとともにブレイクした芸人といえるでしょう。

みやぞんがイッテQのQtubeで出演していたころの知名度とは雲泥の差ですね。キャラが強いみやぞん。心優しい一面もテレビで見ることができました。一部、みやぞんといえば、障害や韓国人などといった検索ワードも出てきますが、そんなことはないでしょうね。

いろんなエピソードが2017年に公開されていきました。

そんな中で有名なのは、みやぞんが高校では野球部だったことです。

どれほどの実力があったのでしょうか?このエピソードについてもだいぶテレビで放送されています。

調査してみたものをまとめました。




高校で野球をしていたみやぞんのプロフィール

項目 内容
名前 みやぞん
生年月日 1985年4月25日
年齢 32歳
出身地 東京都足立区
身長 172㎝
体重 68㎏
趣味 野球

所属は浅井企画で、みやぞんは当然芸名です。

本名は宮園大耕(みやぞの だいこう)本名の一部をとって「みやぞん」としたのですね。

みやぞんの高校は?野球の成績は?

みやぞんの出身高校は荒川商業高等学校です。

4番でピッチャーをしていたようです。

中学ではテニス部に所属しており、テニス部所属時代に遠投をしたところを見た野球部からスカウトされた、というエピソードももっていますね。

高校時代の動画はこちらになります。

そして一番びっくりすることが野球の細かいルールどころか打順もよくわかっていなかったことですね。

1番打者が最も良いと思っていたみやぞんは、4番打者に指名された際に、「いいなぁ、お前は1番で。俺なんか4番だぜ」とコメントするほど野球のルールというか常識を知らなかったようです。

そんなみやぞんは、高校野球時代にはスポーツ新聞紙面を飾ったこともありますよ。

チームは東京では初の女性監督とともに最後の夏の大会に参加

初戦の2回戦は本郷相手に14-1でコールド勝ちし、指揮官にウイニングボールをプレゼントした。

3回戦も7回に逆転して千歳丘に勝利

4回戦は強豪・国士舘に0-20の5回コールド負けとなった。

本当に野球のことを知らなかったんだなあ、と驚かされるのが、国士舘に負けた時の言葉です。

チームメートが最後の夏で敗れ涙を流す中、みやぞんは衝撃的な言葉をナインにかけたようです。

「諦めるなって。頑張って、次は勝とう!」と励ましたようです。

最後の試合であることを知らなかったようです。

意外なエピソードとしては、少年野球で秋吉と同じチームでした。

みやぞんの野球の実力は、130㎞を超える球速とキレのある変化球で大学からのスカウトもあったくらいのすごさです。

しかし、上下関係が嫌ということで全て断ったようです。

とにかく運動能力にはすごいものを持っていたことが明らかになりましたね。




みやぞんの高校野球時代のまとめ

みやぞんはキャラが個性的で、2017年に大ブレイクしましたね。

みやぞんがイッテQにも出演したことがきっかけだと思いますが、ニコニコしたキャラで天然というところがよかったのでしょう

運動神経がよかったことは2017年に知らされることになりました。

そして高校ではエースで4番という実力で、女性監督を勝利に導いたことで新聞に載ったほどの実力でした。

プロに行くレベルではないにせよ、大会常連校と戦える位置まで行く高校で4番であるのであれば相当なものと考えてよいですね。

大学のスカウトなんて簡単にくるものではないですよね。

野球はあきらめましたが、結果として、芸人として生きていく道を選んだことが正解でしたね。

2018年になっても姿を継続的に見せています。

イッテQが続いているうちはイモトと同じように人気が継続していくような気がしますね。