1/2成人式の手紙例文を紹介(親から4年生の子供への手紙)

1/2成人式の手紙例文を紹介(親から4年生の子供へ)

1/2成人式の手紙を紹介しますね。
親から10歳になる4年制への手紙の内容や
文例については気になりますよね。

特に親の世代からすれば1/2成人式なんて
ものはよくわからないもの。

兵庫県西宮市で1980年ごろから開始
されたが、今ではかなり多くの小学校で
実施されています。

1/2成人式で親から送る手紙なんて言われても
手紙を書くなんて恥ずかしい気持ちもありますし、
どの程度の文章を書いたらいいかなんてものも
わかりませんよね。

そんな1/2成人式の手紙の内容や文例に
ついて参考にしてほしく文例を載せました。

参考になれば幸いです。


Sponsored Link



1/2成人式とはそもそもどんなお祝い事なの?

子供が小学4年生(10歳)になる時に
行われるのが1/2成人式(2分の1成人式)

全国各地の多くの小学校で「1/2成人式」が
実施されています。

二十歳の成人式の半分の10歳を
祝うという学校が多いようです。

2分の1成人式は、親も参加することが
できるため、多くの保護者も参加
するようです。

親からの手紙も気になりますが、
子供からの手紙を聞いている
内に涙する親も多いようです。

普段は親に抵抗している子供も
いざとなったらちゃんとできるんだな、
ということを実感できて、その
ギャップで泣いてしまうんだと
思います。

10歳まで成長させることができたんですからね。
改めて苦労を思い出して
しまうのでしょう。

では、子供の手紙は楽しみに
待っているとして親が子供に
各手紙の例を載せておきますね。


1/2成人式で親が4年生の子供に書く手紙例文

2分の1成人式 おめでとう! もう10才だね。

◯◯(名前)がお腹にいることがわかった時、
ママはとてもうれしかったよ。

お腹の中にいたときにお腹の中から蹴とばして
きたときでも本当にうれしかったよ。

もちろん、ママだけでなく、パパもおじいちゃんも
おばあちゃんもみんなが楽しみにしていたよ。

◯◯(名前)が無事に生まれてきて、
初めて見て抱っこした時、親になったことを
すごく実感したよ。

初めて立った時やしゃべった時など
短い時間で驚きをたくさんくれたよね。

パパとママのところへ生まれてきてくれてありがとう。

◯◯(名前)と一緒に過ごてきた10年間を
思い出すと、いろんなことがあったよね。

寝返りをしたと思えば、ハイハイをして、
言葉をしゃべって、歩くようになって
ママは◯◯(名前)の成長を、そばで
見ることができたことが本当に幸せだった
と思うよ

パパとママの願いどおり、素直で人の気持ちが
分かる優しい子に育ってくれてありがとう。

パパ、ママの自慢の息子・娘です。

これから楽しいことだけでなく、困難なこと
があってもあきらめずに努力をして最後まで
続けていってほしいです。

成人式までちょうど半分。

これからの10年は成人になるまでの自分を
つくっていく期間ですね。

自分のやりたいことなどを見つけて大人になる
準備をしていってくださいね。

自分だけで出来ないときはパパ、ママがいつでも
力になるよ。

パパとママは、◯◯(名前)の一番の味方だと
いうことは忘れないでね。

これからも◯◯(名前)のそばで成長を楽しみにしてるよ。

最後に、あなたはパパやママ、周りの人にたくさん愛してもらっていることを忘れないで、命を大切にしてね。

◯◯(名前)のことが大好きなママより。

これは一例ですので次に書く手紙のポイントを押さえながら
10年間を振り返り、書いてみてくださいね。

自分の言葉や出来事でつづられていることが
一番子供の心にささりますよ。


Sponsored Link





1/2成人式で手紙を書く際に思い出すとよいこと


10年間で印象だったことを何個か書いてください。
数にこだわらず、思い出したことを箇条書きで
書いてみましょう。

•妊娠中から出産までの日々
•出産時の状況
•名前の由来
•幼稚園までの思い出(運動会、学芸会など)
•心配や不安だったこと(人より成長が遅いなど)
•好きなこと、上手なこと、得意なこと
•病気や怪我があれば心配事項として
•小学校に入学したときに感じた成長
•友達や勉強の環境の変化で成長したこと

プレッシャーにならないように素直に思い出したことを
羅列してみましょう。

振り返ればいろんな出来事があったはずですよ。
些細なことが思い出になっているはずです。

きれいなことを書く必要はありません。
赤ちゃんから10歳までになっているのです。

大きく成長していますよ。

1/2成人式の手紙についてまとめ


1/2成人式というお祝い事
昔はなかったお祝い事

手紙一つでも改めて書こうと思うと
難しいものですよね。

ただ、10年という期間を子供と過ごして
来たわけなので、訳アリの家庭とかは
非常に難しいですが、一般的な親子にとっては
今までの10年間の棚卸みたいなものですね。

これからの10年間はある意味、子供の自我が
芽生えていく一方でかかわりが減っていく期間ですね。

さみしくなっていく方向ですもんね。

自分の意思を持ちだしている年齢なんだな、
ということを知らされる時期でもありますね。

思ったことを書いていくとよいですよ。
今までの10年間は本当に親子共同作業。

これからの10年間はサポート中心と
役割はかわっていくのでしょうね。