配偶者控除150万円で社会保険の加入はどうなるの?働き損なの?

マネー

配偶者控除150万円への引き上げで社会保険の加入はどうなる?

配偶者控除廃止から一転、年収150万円まで引き上げが決まりました。

政治の動向により左右されていますね。そんな中、さらに201万円までの負担引き下げの段階案まで出てきましたね。

では、実際に私たちの生活に直決するであろう、配偶者控除150万円って結局どうかのかを簡単に解説しますね。




メリットを受けられる世帯はどれくらい?

配偶者の年収が103万円を超える約300万世帯が減税のメリット

主な稼ぎ手(主に夫)の年収が1120万円を超えた場合は制度の対象外

約100万世帯が増税となる

配偶者控除は、配偶者の年収が103万円以下の場合、主な稼ぎ手の年収から38万円を控除し税負担を軽くする制度

では結局どんな影響があるの?働き損なの?

現在配偶者の年収が103万円までの場合、夫の年収から配偶者控除が38万円引かれます。

簡単に言えば、税金が安くなります。

一方で、103万を超えると配偶者控除が受けられませんでした。

■今回の改正では

配偶者控除が150万円に引き上げられたので配偶者の年収が150万円までは、配偶者控除38万円が受けられるメリットがある。

一見、これだけ聞くと女性の社会進出を促すことになりそうですね。

しかし、ここには注意点があります。

年収が150万円まであがると社会保険の扶養からはずれます。

健康保険に加入する必要があるのですね。

年収150万円で社会保険の加入はどうなるの?

配偶者控除の額が拡大されたことで高額所得者(1230万円)は増税。

103万円以上150万円以下の世帯が恩恵を受けることになりますね。

しかし、忘れているのが社会保険の加入ですね。

一般的に言われるのが、
■130万円の壁
■106万円の壁

の2つです。

社会保険の130万円の壁は?

配偶者の収入が130万円を超えると、配偶者は約18万円の社会保険料を負担する必要があります。

手取りが減って働き損です。

配偶者控除の年収上限が150万円に拡大したとしても「130万円の壁」が女性の就労をじゃましますね。

働き損なことしますか?

社会保険の106万円の壁は?

大企業に勤務する人は、2016年の10月からパート収入106万円を超えると社会保険料を負担しなければならないです。

これが「106万円の壁」ですね。

「103万円の壁」が拡大しても、「106万円の壁」があるのでは、女性は働き方を変えるとは思えないですね。

はい、意味のない議論ですね。

とても新聞などのマスコミで言っているような恩恵はありません。

配偶者控除の金額は150万・201万・1120万を覚えよう

配偶者控除廃止から一転、150万円という数字に踊らされていますね。

201万や1120万、1220万円などという年収もでてきました。

いろんな数字が出てきたうえに、社会保険だとか配偶者特別控除などという言葉もでてきました。

さらには夫・妻の年収に応じて差を設けるという報道がなされました。

では、いったい何なの?という人も増えてきたと思いますので簡単に整理したいと思います。

キーワードとして上げた数字の150、201、1120を覚えておきましょうね。




配偶者控除150万円と201万円の差を知ろう

配偶者控除といえば、今までは103万円という言葉がパートではすぐに用いられる言葉でしたね。今度からはそれが150万円に上限が引き上げら
れるということです。

150万円までは、38万円の所得控除を受けられる

150万円以上は段階的に控除額が減らされ、201万円となると控除額が0になる

配偶者控除の額が150万円から201万円が影響の出る金額と覚えておきましょう。

それに加えて、後程説明する1120万円が控除額に影響するという2段階で考えていきましょう。

では段階的な控除額を図式します。

世帯主年収 1120万円以下 1170万円以下 1220万円以下 1220万円超
201万円超
201万円以下
197万円以下
190万円以下 11
183万円以下 16 11
175万円以下 21 14
167万円以下 26 18
160万円以下 31 21 11
155万円以下 36 24 12
150万円以下 38 26 13

これが早見表になります。

世帯主(夫とする)の年収が1120万円から1220万円の人は横軸で影響を受けます。

それ以下は妻の年収に影響を受けます。

世帯主が1220万円以上であれば配偶者控除なしです

まとめ

配偶者控除廃止を言っていたと思ったら途端に増額。

政治の関係で廃止にできないから見かけ上改善したことをアピールしたい思惑がばればれです。

社会保険を意識していない人もいるかもしれませんが、一般人をそこまで馬鹿にしてはいけません。

パートの人は年収制限に敏感です。

意味がないとわかれば怒るでしょう。

配偶者控除だけを見れば一見得したように見えますが、これは票取りですね。

高額納税者の負担増加により増税できたし、それ以外にも好評だ、万歳という感じがします。

だまされないで冷静に判断くださいね。

2018年1月導入開始ですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。