• 投稿 2016/11/04
  • 話題
砂の塔のお兄ちゃんの年の差に違和感!犯人と闇との関係が衝撃!

砂の塔のお兄ちゃんの年の差に違和感

ドラマ砂の塔のお兄ちゃんとそらちゃんの年の差に
違和感を感じますね。
また、時々見せる闇の表情と4話で弓子との関係が
明らかになりました。

犯人を予想するにあたって、弓子とお兄ちゃんが共犯では
ないかと感じているわけですが、そこには年の差などが
違和感を覚えるところがヒントになるのではないかと
感じています。

Sponsored Link





そんなドラマでお兄ちゃんを演じているのは、佐野勇斗。
では、佐野勇斗のプロフィールから確認していきましょう。

砂の塔でお兄ちゃんを演じる佐野勇斗のプロフィール

名前   : 佐野 勇斗
生年月日 : 1998年3月23日
年齢   : 18歳
出生地  : 愛知県
身長   : 179.5 cm
血液型  : A型

事務所  : スターダストプロモーション
5人組ボーカルダンスユニットM!LKのメンバー


お兄ちゃんとして名前はこれから売れていくのでしょうが、
佐野勇斗は早くも女性に人気のようですね。

[blogcard url=”http://trendk.link/1375.html″]


では、ドラマに戻りましょう。

砂の塔の犯人と疑われる要素が少しづつ出てきた佐野勇斗が
演じるお兄ちゃん。

なぜ妹のそらとこんなに年が離れているのでしょう?

妹のそらと年の差が大きい佐野勇斗が演じるお兄ちゃん

ドラマの設定を確認しましょう。

そらは5歳
お兄ちゃんは15歳

年の差は10歳。
いなくはないですが、かなり離れている印象ですね。

菅野美穂の設定は38歳。
お兄ちゃんを23歳で産んだ設定ですね。

早く産んだことになりますね。

では、岩田剛典の子はありうるのでしょうか?
岩田剛展は28歳の設定。
28歳-15歳=13歳。

ちょっとこれはおかしいですね。

年の差は違和感を感じますね。

お兄ちゃんとそらの年の意外に違和感を感じる点

呼び方ですね。

和樹はお兄ちゃんと呼ばれています。
そらは、そら。

下の子だから妹ちゃんはないにしても、
お兄ちゃんは和樹と呼ばれることがない。

お兄ちゃんが時より見せる鋭い目つきや
不良グループとの関係も違和感ありますね。

お兄ちゃんと犯人と闇との関係は?

4話まで話が進んだ段階で、弓子とお兄ちゃんが怪しい
といった雰囲気がでてきました。

4話のお兄ちゃんの会話の中で気になる点がありました。
「苦しんでいるのは母さんだけじゃないんだぞ」



動物園にそらを連れていったお兄ちゃんの言葉でした。

これは亜紀(菅野美穂)以外にも苦しんでいる人は
いるんだぞ、ということ。
すなわち、お兄ちゃんも苦しんでいるんだぞ、ということ
ではないかと思います。

不良グループといっしょにいたのは、遊んでいるのではなく、
いじめられているのではないかと思います。

父、母、お兄ちゃん。それぞれ立場は違いますが、
同じように人間関係に苦しんでいる。

そんなことを伝えているのではないかと思います。

犯人は闇の世界に入っているように見せているだけで
お兄ちゃんではないと予想します。

そもそも、一人目の被害者が出た段階で引っ越してきているので
いろんなシーンは疑わせるためだけのフェイクと見ます。

そうなると弓子と岩田剛典が共犯なのかどうなのかが
焦点になってくると思います。

犯人は、昔、亜紀(菅野美穂)の隣人だったこともあり、
子供への強い感情を持つ岩田剛典だと思います。

弓子は情報提供者として共犯なのでしょうか?

お兄ちゃんの闇の部分は犯人をそらすためのものなんですね。

Sponsored Link




まとめ

お兄ちゃんが闇の世界とかかわっているように見せて、
犯人ではないと予想。

犯人は、岩田剛典。

子供への強い感情と持ち、殺害ではなく、子供を保護
しているのではないかと思います。

弓子は犯人が岩田剛典と気づき、亜紀に対していろんな
警告を発しているのではないかと思います。

変な方向に行こうとすると警告するかのように表れる。
学歴詐称の件も、子供が興ざめしたといっていましたね。

子供に対して勉強を強要して、自慢でもしていたのでしょうか?
戒めのための罠でしたね。

あとは、今後ドラマを見ていくことでなぜ事件を起こしたのか
という理由に迫っていくことになるでしょう。

今後も目が離せません。

[blogcard url=”http://trendk.link/1344.html″]