• 投稿 2016/10/25
  • 話題
人食いバクテリアの初期症状と感染経路は?日本での予防方法は?

人食いバクテリアの初期症状と感染経路は?

人食いバクテリアの驚異の致死率30%。
初期症状や感染経路、日本での予防について
考えたいですね。
世界の何だコレ!?ミステリーやアンビリーバボーで
取り上げられたこともある人食いバクテリアについて
調べてみました。

致死率30%のとんでもない人食いバクテリアの衝撃の
事実について説明しますね。

余談ですが、吉田羊、吉岡里帆出演の
医療ドラマ(11月29日放送)で話題に
なっていますね。

Sponsored Link



人食いバクテリアとは?初期症状は?


人食いバクテリアは劇症型溶血性レンサ球菌感染症のことです。

人食いバクテリアになると、数十時間以内に、血管や神経などが
壊死し、腎臓が機能しなくなります。
そして多臓器不全になり、ショック症状をとなり、
死に至るようです。


では初期症状はどんなものでしょうか?

人食いバクテリアの初期症状は
①皮膚が赤くなる
②手足の痛み
③手足が腫れる
④発熱
⑤血圧低下
が主に上げられます。

■皮膚が赤くはれる
■熱
■のどの痛み
■筋肉痛
■血圧が下がる
■血尿
■嘔吐・下痢
■水ぶくれ

普通にどこにでもありそうな症状ですね。
血尿だと深刻さがありますが、その他の
熱や筋肉痛、のどの痛みでは風邪と
区別できないですね。

そんな症状なのでとてもやっかいですね。

では、そんな恐ろしい人食いバクテリアの
感染経路はどこなのでしょうか?

人食いバクテリアの感染経路は?


人食いバクテリアに変化する前のA群溶血性レンサ球菌は、
幼児に感染することが多いようです。

A群溶血性レンサ球菌が人食いバクテリアに変化したものは、
子供から大人まで幅広く感染するようです。
特に30歳以上に多いようです。

傷口からの感染は有力で、手足の傷や水虫になっている箇所が
感染経路として疑わしいのとしています。

飛沫感染、接触感染もあるようです。

完全に風の予防と同じように手洗い、うがいが有効なようです。
傷があるときには川などに入らないなどの基本的な動作が
有効なようです。

日本での感染は風邪同様に手洗いなどによる予防が
一番のようですね。

今年は特に患者が多いので、気を付けたいですね。


Sponsored Link



人食いバクテリアまとめ

人食いバクテリアというと
食べられそうなイメージですが、
結果的に組織が壊死してしまうので
食べられたのと同じですね。

恐ろしいバクテリアから身を守るには
傷口に注意することが必要ですね。