• 投稿 2016/10/16
  • 話題
赤ちゃん用液体ミルクの安全性は?使い方や温める方法、通販はどうなってる?

赤ちゃん用液体ミルクの安全性は?

赤ちゃん用の液体ミルクが国内での販売解禁の
方向と報じられました。
使い方や温め方、安全性はどうなんでしょうか?

気になりますね。

赤ちゃん用液体ミルクの解禁のニュースを引用します。

政府は、国内での販売が認められていない乳児用の
液体ミルクを解禁する方向で検討に入った。

液体ミルクは、現在普及している粉ミルクに比べて
乳児に飲ませる手間が少なく、販売解禁で育児の負担軽減が期待される。
政府は2017年度以降、業界団体に安全確認の試験実施を求め、
必要なデータなどがそろえば、食品衛生法に関する厚生労働省令など
関連規定を改正する方針だ。

乳児用のミルクは、成分が牛乳よりも母乳に近く、
乳児に必要な栄養素が加えられている。
欧米で広く普及している液体ミルクは、ペットボトルなどに
乳首型の吸い口を装着する使い切りタイプの製品が多く、
封を開ければすぐに飲ませられるのが特徴だ。

しかし、粉ミルクが主流の日本では、乳児用乳製品の規格を定める
厚労省令や消費者庁通知で「粉末状」など粉ミルクを前提にした文言が
使われ、液体ミルクは想定していない。


液体ミルクが解禁されると育児負担が減りますね。
女性の社会進出を掲げている政府ですので
実際は解禁とみていいでしょう。

解禁となった場合は安全性が気になりますよね。

では液体ミルクの安全性について見ていきましょう。

Sponsored Link




赤ちゃん用液体ミルクの安全性


『液体なので赤ちゃんに飲ませては危険なのでは?』
と心配になりますね。

しかし、そんな心配は不要です。
粉ミルクより危険性が低く
安全だと欧米では常識です。

通常の牛乳なども保管方法が悪ければ
悪くなりますよね。
通常の使い方であれば問題ないということです。

赤ちゃん用液体ミルクのメリット

■常温で利用可能
■5~6か月間の賞味期限
■水が不要

が大きくメリットといえるでしょう。

粉ミルクのデメリット

■(震災時)水が調達できない
■給水車の水の安全性が不安
■お湯を沸かせない

震災時などでは大きく活躍する可能性があったのですね。


赤ちゃん用液体ミルクの使い方・温める

液体ミルクの使い方ですが、手軽で簡単

まずは、ボトルのキャップを外し、飲ませるときに先を乳首に
付け変えて、そのまま飲ませることができる

ボトルと乳首は飲み終えた後は、使い捨て。

そして温める必要はありません。

これはとてつもなく便利なアイテムですね。

Sponsored Link




液体用ミルクまとめ

震災から6年が経ちました。
こういった非常時に使うのも
当然よいですね。

子育てはある意味いつも非常時です。

何が起こるかわからない状況。
赤ちゃんは何をするかわからないし、
ひとりで何もできない状況。

便利さがあり、安全性に問題がないので
あればすぐにでも使いたい品物ですよね。

安全性はやはり気になりますが、
そこさえクリアできれば本当によいものなので
普及してほしいです。